Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

【TPP】「TPPが日本を壊す」監修・青木文鷹さん(@FumiHawk)の解説

「TPPが日本を壊す」の著者・廣宮さんYNHiromiyaのツイートとブログと本の内容がずれているとの指摘があり、監修でいらっしゃる青木さんの解説をまとめました。 廣宮氏のブログ http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-410.html 続きを読む
41
パカ @pk_5

@FumiHawk お疲れ様です。 TPPに関連して、本日の廣宮さんYNHiromiyaのツイートとブログを本の内容がずれているようなんですが・・・・

2011-10-12 21:40:41
青木文鷹 @FumiHawk

.@pk_5 廣宮さんのツイート及びBlog読みました。本の内容との整合性取れてない点がありますので監修者としての解説を。

2011-10-12 22:43:35
青木文鷹 @FumiHawk

.@pk_5 「日米関係のあるべき姿」について。ご指摘の「TPPが日本を壊す」第3章にあるとおり、アメリカは自国のために日本を利用するスタンスですので、アメリカと日本の国益が衝突するのは当たり前です。国益は他国の事情に優先します。

2011-10-12 22:44:54
青木文鷹 @FumiHawk

.@pk_5 先進国である日本とアメリカは利害が衝突する分野が多くありますがアメリカは引きません。アメリカと日本の国益を一致させるためには日本が妥協する以外にないのです。よって、国益を一致させるのではなく、自国の国益を主張して妥協点を見いだす事が重要です。

2011-10-12 22:45:15
青木文鷹 @FumiHawk

.@pk_5 「シンガポールに関する点」について。シンガポールがTPP加盟後成長した要因は、「他の加盟国と産業構造が被らない」「所得が高いのに人口が少なく市場が小さい」事です。他の加盟国に喰われるものが最初から無かったので、メリットだけを享受出来たのが要因です。

2011-10-12 22:45:33
青木文鷹 @FumiHawk

.@pk_5 本にある通り米国抜きのTPPでは弱者が強者を食い物にするのです。仮に弱肉強食が増強されてシンガポールが成長したのであれば、経済規模の大きい日本はTPP加盟で勝者になれるはずです。が、そうでないからこそ米国の思惑の如何に関わらずTPP加盟が日本を壊す事になります。

2011-10-12 22:45:54
青木文鷹 @FumiHawk

.@pk_5 なお、日米が加盟した状態のTPPと加盟しないTPPでは日本が搾取される構造が異なります。この辺りの詳細については「TPPが日本を壊す」をお読み頂くのがよいかとm(_ _)m

2011-10-12 22:45:59
パカ @pk_5

おお、お忙しい中、ありがとうございます! RT @FumiHawk: .@pk_5 廣宮さんのツイート及びBlog読みました。本の内容との整合性取れてない点がありますので監修者としての解説を。

2011-10-12 22:48:11
青木文鷹 @FumiHawk

.@pk_5 補足:ウチのBlogのTPP関連エントリーがこのURLでご覧になれますので、こちらも合わせてご参照頂ければ幸いですm(_ _)m 【日本情報分析局】(タグ:TPP) http://t.co/mlKS4e6K

2011-10-12 22:56:04

コメント

パカ @pk_5 2011年10月13日
【 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)関連情報のまとめ 】http://t.co/sZRhcggB
0