先日の『思考の罠』についてのツイートをまとめてみた。

自分のブログで『思考の罠』について書く書くと言いつつ、更新があまりに進まないので、代わりにツイートしたのでまとめた。いまこそ少し考えるのを止めて『思考の罠』から自由であれ!「私の言う『思考の罠』というのはズバリ「内向きの回路である『思考』は、外向きの『感覚』のジャマをしている」ということです。言い換えれば、人間の『思考』には『感覚』が内外から必要な情報を受け取るのを阻害する作用が・・・」
想像 思考の嘘 思考 芸術 感覚 常識 教育 マインド・コントロール 科学 論理の罠 洗脳 思考の罠 考えるということ
2
マホ♂比例は山本太郎@れいわ新選組 @MahoArt
えー、ブログの更新があまりに進まないので、ここに少し書こうと思う。私の言う『思考の罠』というのはズバリ「内向きの回路である『思考』は、外向きの『感覚』のジャマをしている」ということです。言い換えれば、人間の『思考』には『感覚』が内外から必要な情報を受け取るのを阻害する作用がある。
マホ♂比例は山本太郎@れいわ新選組 @MahoArt
くりかえし;私の言う『思考の罠』というのはズバリ「内向きの回路である『思考』は、外向きの『感覚』のジャマをしている」ということです。言い換えれば、人間の『思考』には『感覚』が内外から必要な情報を受け取るのを阻害する作用がある。そう、からだの「外部」からも「内部」からの情報も。
マホ♂比例は山本太郎@れいわ新選組 @MahoArt
続き;現代の「教育」とか「科学」といったものはこの「思考」に偏重している。現代人は「考えること」に重きを置きすぎて『感覚』が非常に「鈍感」に。結果、肝心なことが見えなくなってる。いわゆる「頭でっかち」で、『自分の感覚』を使っておらず、信じてもいない。もっと『感じ取ること』が必要。
マホ♂比例は山本太郎@れいわ新選組 @MahoArt
続き;近現代の「教育」は理論優先で「自分の感覚」を信じることよりむしろ「よく考えよう」と感覚を疑うことを奨励。本来の感覚ではなく思考に基づく誤った自信を持った『鈍感』な人間が奨励され、当然の帰結として、全く「自分(の感覚)に自信のない人間」を多く生み出した。勝組負組格差も生んだ。
マホ♂比例は山本太郎@れいわ新選組 @MahoArt
続き;この「思考重視」の価値観が今や社会認知されている。しかし最も重要な点は、この「教育」で生み出された、誤った自信を持つ鈍感な『勝ち組』も「自分(の感覚)に自信のない『負け組』も、どちらも「『感覚』が正常に機能していない点だ。これは「最も洗脳し易い状態」、まさに洗脳にピッタリ!
マホ♂比例は山本太郎@れいわ新選組 @MahoArt
続き;つまり、この感じることを疎かにして考えてばかりの「思考」偏重の状態では、勝ち負けに関係なく 心は完全に「ノーガード」まさに「どうぞ洗脳して下さい」という『危険な状態』なのだ。どうぞお気付き戴きたい!これを防ぐには、思考を少し止めて、今からでも自分本来の感覚に目を向けること!
マホ♂比例は山本太郎@れいわ新選組 @MahoArt
そう!音楽、芸術、そして、自然に向き合う旅、どんな切り口からでも良い。自分の感覚に向き合うこと。そして信じること。RT @miyu_0921: @MahoArt この感覚、呼び戻すのに「音楽」ってもってこいだと日々感じています♪QT @MahoArtもっと『感じ取ること』が必要。
マホ♂比例は山本太郎@れいわ新選組 @MahoArt
続き;どんな切り口からでも良い、五感を使って、意識し、確かめ、自分の感覚を 信じ、そして、最も大切なのは『想像』を巡らせること!『想像』とは感覚の一部であって、『想像』と『思考』は全く違うものだ! そして、もう一つ付け加えたいことは、感覚を自分の内側にも向けること。体にも心にも!
マホ♂比例は山本太郎@れいわ新選組 @MahoArt
続き;Twitterを使っている人たちなら、わかると思う。そう。なぜなら、Twitterは『直感』がの機能するツールだからだ。逆に言えば、これだけTwitterが注目されるのも、多くの人が『感覚』の重要性を感じて来ているからだと思う。
マホ♂比例は山本太郎@れいわ新選組 @MahoArt
続き;なぜこんなことを言うかというと僕が絵描きだからだ。絵描きは「無から考えて創造する」ものと思われがちだが違う。基本は常に「自然」(自分も宇宙も含め全て)。自然から感じ、学び取ったもの無くして「想像」はあり得無い。『創造』も。自然に謙虚であれと日々『感覚』の重要性を認識するのだ
マホ♂比例は山本太郎@れいわ新選組 @MahoArt
続き;『思考の罠』から、少しでも多くの人に逃れて欲しい。もし、どうしたら良いかわからない人がいたら、目の前にあるもの…花でもコップでも何でも良い、ペンと紙があったら好きに描いてみるのがよい。しばし無心になれるはず。もし紙の前で考え込んでしまったら、それだけ思考に毒されているのだ。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする