郷原信郎弁護士(第三者委員会・委員長)、「ワイド!スクランブル」で九州電力“やらせメール”問題を語る

10月20日のテレ朝「ワイド!スクランブル」に弁護士で九電・やらせメール問題検証の第三者委員会・委員長だった郷原信郎氏が生出演し、経緯等を語られました。その部分を文字おこししています。 司会:寺崎貴司  大下容子 コメンテーター:古賀茂明(元・経産省官僚) 川村晃司 リポーター:荒木茂彦
3
とし @toshihiro36_sub

大下:続いては九州電力の「やらせメール」問題に関する最終報告書についてです。自ら設置した第三者委員会の指摘を無視したかたちの最終報告書を提出した九電。第三者委員会の郷原委員長、怒りの生出演です。

2011-10-20 14:10:57

  VTRが流れます 

とし @toshihiro36_sub

<ナレーション> 先週、経済産業省に“やらせメール問題”の最終報告書を提出した九州電力。しかし、そこにはある重要な点が抜け落ちていた。 今年6月、玄海原発の再稼働をめぐり放送された県民への説明番組。それに先立ち、古川知事は当時の九州電力幹部と会談。 (続く)

2011-10-20 14:30:37
とし @toshihiro36_sub

<ナレーション> その時に「反対意見だけではなく、幅広い意見を寄せてもらう必要がある」と話していた。それを受け、九州電力は社員や関連会社に対し再稼働を指示するメールを投稿するよう指示していたとされる。この“メール問題”の真相究明へ向け、九州電力は外部の有識者からなる (続く)

2011-10-20 14:35:42
とし @toshihiro36_sub

<ナレーション> 第三者委員会を設立。先月30日に佐賀県の古川知事が賛成意見を出すように求めたことが、「やらせの実行に決定的な影響を与えた」とする調査結果をまとめていた。 ところがその2週間後、九州電力が提出した最終報告書には知事の関与については、全く触れられていなかった。

2011-10-20 14:39:54
とし @toshihiro36_sub

真部社長:私どもは私どもの見解があった。 記者:「結果を受けいれられない第三者委員会に調査を依頼した意味は?」 真部社長:結果はほとんど受け入れてますよ。我々にとって大事な問題の本質とか提言については100%近く受け入れているわけですね。

2011-10-20 14:44:44
とし @toshihiro36_sub

<ナレーション> 「必要な部分は報告書に取り入れた」とする真部社長。さらに・・・

2011-10-20 14:46:10
とし @toshihiro36_sub

真部社長:現段階においては、そのことはあまり...郷原委員長にもそんなにこだわって欲しくないなという気がしますけどね。 記者:「こだわって欲しくないというのは?」 真部社長:もう第三者委員会も終わったわけですし...調査が。もう(郷原氏は)委員長でもないわけですから。

2011-10-20 14:51:12
とし @toshihiro36_sub

<ナレーション> これを受け、委員長を務めた郷原氏は会見で怒りをあらわにした。

2011-10-20 14:52:42
とし @toshihiro36_sub

郷原:(九州電力の最終報告書は)都合のいいところだけひろい集めて、そしていかにも第三者委員会の報告書の提言を受け入れたような外形を作った。まさしく“仏つくって魂入れず”ということだと思います。何の意味もありません。

2011-10-20 14:56:05
とし @toshihiro36_sub

<ナレーション> 枝野大臣も強い口調で不満を口にした。

2011-10-20 14:56:55
とし @toshihiro36_sub

枝野経産大臣:第三者委員会に委託した趣旨をどう考えているのか。どういう神経をなさっているのか、私には理解不能です。

2011-10-20 14:58:48
とし @toshihiro36_sub

<ナレーション> そんな中、九州電力関係者によると真部社長はおととい枝野大臣の考えを電話で伝えられ、報告書の再提出に向けた協議を始めたという。 一方、関与を指摘された佐賀県の古川知事は昨日、自らの進退について・・・

2011-10-20 15:02:33
とし @toshihiro36_sub

古川知事:基本的には九州電力が国に対してなされる報告書の内容によって、私の進退が左右されることはないと考えています。

2011-10-20 15:04:24
とし @toshihiro36_sub

<ナレーション> 自ら設立した第三者委員会が問題の本質を指摘した点を、事実上無視した九州電力。再提出される最終報告書で“やらせメール問題”の真相は明らかにされるのだろうか。

2011-10-20 15:07:01

  ここからスタジオです

とし @toshihiro36_sub

寺崎:いままであまり聞いたことがない異例のケースだと思うんですけれども、自ら設置した第三者委員会の指摘を無視して報告書を出したという話で....今日はこの方、怒りの生出演です。

2011-10-20 15:09:42
とし @toshihiro36_sub

大下:スタジオには九州電力の第三者委員会・委員長を務めた、郷原信郎弁護士にお越しいただきました。よろしくお願いします。

2011-10-20 15:11:50
とし @toshihiro36_sub

郷原:よろしくお願いします。

2011-10-20 15:12:34
とし @toshihiro36_sub

寺崎:まずは経緯なんですが、荒木さん。

2011-10-20 15:13:30
とし @toshihiro36_sub

荒木:はい。これが九州電力が経済産業省の枝野大臣あてに出した最終報告書なんです。50ページほどの分厚いモノなんですけれども、1枚めくりますと、第三者委員会提言を踏まえた最終報告書となっているんですけれども、大事なところを外しているんです。 (続く)

2011-10-20 15:18:41
とし @toshihiro36_sub

荒木:その大事なところはこちら、「賛成投稿要請(やらせメール)は古川康佐賀県知事の発言を発端に、九電において実行された。知事発言は決定的な影響を与えた」というこれを外しているんですね、報告書から。 そもそもの経緯なんですけれども、6月21日古川佐賀県知事は (続く)

2011-10-20 15:23:55
とし @toshihiro36_sub

荒木:九州電力の幹部、副社長・常務・佐賀支店長と官邸で会いました。翌日、話したことを九州電力の社員が3事業所と子会社4社計7人にメールを送信しているんです。その内容は「原発再開を容認する立場で意見や質問を番組に発信するよう求めた」というものなんです。 (続く)

2011-10-20 15:30:01
とし @toshihiro36_sub

荒木:そして26日に番組があったんですけれども.....第三者委員会はこれを認定したわけなんですよね。

2011-10-20 15:31:40
残りを読む(46)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?