Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2011年10月22日

ライスのアニメ感想:#124 輪るピングドラム(15)

輪るピングドラム15話感想です。 ゆりさんの過去回。 と、同時に話の核心がいよいよ明らかとなった回だったかと。 OPも変更になり、あの人物も登場。 この先は一体どうなる? 続きを読む
3
テリー・ライス @terry_rice88

輪るピングドラム#15「世界を救う者」ようやくOP変更。前期OPの素材を流用しつつ、必要最低限の仕事で新しく見せる仕様だったかな。ここまでBD/DVD5巻収録内容。話はいよいよ核心に迫ってきた印象を受けた、非常に濃密な回だったといえるでしょう。見てて終始頭の中が「!?」でした。

2011-10-22 11:57:34
テリー・ライス @terry_rice88

話は引き続きゆりさん。今回は彼女の過去が語られています。言ってしまえば、彼女のポジションって、「魔法少女まどか☆マギカ」のほむらの位置に似ているんですが、全体の話のメインを担わず、ピングドラムの世界観を説明するナビゲーターになっていました。あくまでメインは高倉家なのでしょう。

2011-10-22 12:03:09
テリー・ライス @terry_rice88

結局、ゆりは元々「ついていた人」でそれを醜いとする彫刻家の父親に、「形を整えられていた」という事かな。彫刻道具のノミが何回も映像で出て来てて、ただただ痛々しさが感じられたなあ。結局彼女も「何者にもなれない者」だったということかな。親には自分の存在を否定されいるわけだし。

2011-10-22 12:09:23
テリー・ライス @terry_rice88

けれどそんな中、彼女の存在を認めてくれる人物が現れた。荻野目桃果。なんだか物凄くあっさりと登場したのにもびっくりしたけど、今回を見てる限り、やはり彼女が話の最重要人物である事は間違いがない感じだなあ……。ゆりもまた桃果に救われた人間だったと。

2011-10-22 12:14:11
テリー・ライス @terry_rice88

今回の話は桃果がゆりの逃れる事の出来ない運命を改変したという話だった。翻って桃果がそのような力を持つことの許された存在であるという事が明らかになったわけで、その力は運命ノートに起因するものだという事かな。そこら辺の内容を地下鉄の路線に置き換えているというのがまた重要かな。

2011-10-22 12:17:58
テリー・ライス @terry_rice88

放送開始当初、なぜ陽毬たちはわざわざ丸の内線を使って荻窪から池袋まで行かないといけないのかって議論があったけど、やはりあの迂回したルートが彼らのたどり着く運命ならば、それをもっと短縮したルートで行ける運命もあるという事を、指し示しているんじゃないんだろうか。

2011-10-22 12:21:25
テリー・ライス @terry_rice88

この先、高倉家の三人は全員、運命を乗り換えるのかどうかという事にも焦点が当たってきそうだなあ。新OPの終盤でそれぞれ別方向に走る三人の後姿が会ったわけだけど、そこら辺も意図的なんだろうなあ。

2011-10-22 12:24:02
テリー・ライス @terry_rice88

個々までの話を見てきた感じだと、それぞれ高倉家の面々は「縛られているもの」が別々のような気がしますね。冠葉は「家族」で晶馬は「親の罪」で陽毬は「死」という風な印象。冠葉と晶馬は「運命が嫌いだ」と言っているから、乗り換える可能性は十分にあるけれど、その際、何を「捨てる」のか注目だな

2011-10-22 12:28:55
テリー・ライス @terry_rice88

さて一方で、ちょっと疑問に思ったこと。ゆりは別の世界線から来た人間である事はわかったのですが、そうなると多蕗は今、登場人物たちのいる世界で桃果に「出会った」人物という事で間違いない、ということか。「あの事件」で桃果がまた「行ってしまった」ことを考えれば、ゆりと多蕗の関係も分かる。

2011-10-22 12:33:08
テリー・ライス @terry_rice88

ゆりも多蕗も目的は「桃果を取り戻す」という事で一致しているから、共同戦線を張ったということかなあ。となると前回の仮面夫婦発言も納得がいくんだけど。しかし、これが正しいとなると苹果のやってた事って、かなり茶番だったんじゃないかなあ。同じ目的を持つ二人に踊らされていたって事で。

2011-10-22 12:38:22
テリー・ライス @terry_rice88

さらによく考えれば、「あの事件」が「乗り換えの代償」だと考えると桃果が運命を乗り換えようとしたものは一体なんだったんだろうか。そこら辺も気になると言えば気になるかなあ。桃果、現時点では生死不明なわけなのでゆり&多蕗夫妻の願いが叶うかどうかすらまだ不確定なわけか。

2011-10-22 12:41:09
テリー・ライス @terry_rice88

そういう問題もひとまず置くと、晶馬がなんでか温泉旅行の当たった山下と一緒に連れてこられた旅館で苹果たちと鉢合わせしたのもまた「運命」なのかもしれない。けど、それ以上にゆりvs夏芽のバトルもまたお互い譲れない思いを背負っての対決だったと言えるか。

2011-10-22 12:46:00
テリー・ライス @terry_rice88

しかし夏芽はなぜにマリオを取り戻したいのだろうと言う思いに囚われるのかな。一方では冠葉にはゾッコンな面倒くさい、もとい一途な女性なのに。彼女もまた「過去」に捕らわれている人間なのか、それとも。

2011-10-22 12:48:32
テリー・ライス @terry_rice88

そんなタイミングで次回、夏芽回のようだから、それはそれで注目かなあ。OPでもエスメラルダが1号に寄り添ってる感じでしたしねえ。あとは陽毬サイドの話がどうなるかだなあ眞悧が陽毬の気持ちを汲んでやったことが果たして何の企みを持ってやっているのかが怪しい。

2011-10-22 13:09:11
テリー・ライス @terry_rice88

新OPで分かるとおり、プリクリ様vs眞悧の模様だし、ラスボス然として来てますが果たしてこの物語の終着点には一体なにがあるのか。

2011-10-22 13:11:32
テリー・ライス @terry_rice88

しかし、今回の肝は「タワー」だなあ。ほんとに演出が際立っていて、見慣れた「タワー」=「状況の変化」を見せてくれたのには思わず、声が出てしまった。なんというかスタドラでも榎戸さんが四方の巫女の呪文が東京の地名の逆さ読みだったのと同じ様に、幾原監督もまた「東京」に思うものがあるのかな

2011-10-22 13:16:35
テリー・ライス @terry_rice88

なんとなくどちらも「東京コンプレックス」めいたものをなにか感じるわけですが、どうなんだろう。何かしら符合してるはずだけどそれがなんなのかと言うのは少し考える余地はありそうだな。

2011-10-22 13:19:05
テリー・ライス @terry_rice88

ますます話が神話めいて来ました。果たしてこの先、どうなるのか全く読めないまま次回へ。と言った所で今回の感想は以上です。どうもありがとうございました。まもなくBD/DVDシリーズの開始ですし、小説中巻の発売もまもなくです。話の先を追いつつ、楽しみにしたいですね。それでは。

2011-10-22 13:22:06

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?