ストーリー第11回 ヒッチコックのマクガフィンって何だろ?

マクガフィンは内容は明らかにする必要はないけれど、重要そうに見えることが大事だよ。極端にいうとブツでなくてもいい。ある人の記憶とかでも構わないんだ。
映画 ストーリー&シナリオ
79
榎本憲男★『ワルキューレ 巡査長 真行寺弘道』シリーズ第三弾(中公文庫)出るよ! @chimumu
0.はーい、chimumuだよ、今日も映画のストーリーについてつぶやいていくよ。
榎本憲男★『ワルキューレ 巡査長 真行寺弘道』シリーズ第三弾(中公文庫)出るよ! @chimumu
1.マクガフィンという言葉を聞いたことがあるかな。映画のストーリーを勉強している人なら一度は出会ったことがあるだろう。また、ない人も今後もこの方面に感心を持っていれば、いつか出会うはずだ。
榎本憲男★『ワルキューレ 巡査長 真行寺弘道』シリーズ第三弾(中公文庫)出るよ! @chimumu
2.このマクガフィンはなかなか魅力的なシロモノで、サスペンスを書く人は一度は使ってみたい手口である。では、マクガフィンとは何か? これがなかなか説明が難しい。大きく言うと、ストーリーを転がしていくとっかかりのブツ(もしくは記号)のことをいう。
榎本憲男★『ワルキューレ 巡査長 真行寺弘道』シリーズ第三弾(中公文庫)出るよ! @chimumu
3.なーんて説明してもわかりにくいのがマクガフィンのやっかいなところだ。因みにみんなが頼りにしているウィキペディアには「何かしらの物語を構成する上で、登場人物への動機付けや話を進めるために用いられる、仕掛けのひとつである」って書いてある。なんだこりゃ。
榎本憲男★『ワルキューレ 巡査長 真行寺弘道』シリーズ第三弾(中公文庫)出るよ! @chimumu
4.このマクガフィンって言葉を映画で使い出したのは、サスペンスの神様、アルフレッド・ヒッチコックだ。じゃあ、張本人に説明してもらえばいいじゃないかということで、ヒッチコック先生にご登場いただこう。
榎本憲男★『ワルキューレ 巡査長 真行寺弘道』シリーズ第三弾(中公文庫)出るよ! @chimumu
5.ヒッチコック「えー、マクガフィンとは冒険小説や活劇の用語で、密書とか重要書類を盗み出すこと、それ以上の意味はない。たとえば、汽車の中での男二人の次のような会話を想像してみてくれ」
榎本憲男★『ワルキューレ 巡査長 真行寺弘道』シリーズ第三弾(中公文庫)出るよ! @chimumu
6.ヒッチコック「『棚の上の荷物は何だね』『あれはマクガフィンさ』『マクガフィン?』『それはなんだね』『高知地方でライオンを捕まえる道具だよ』『ライオンだって? 高知地方にはライオンなんていないぞ』『そうか、じゃああれはマクガフィンじゃないな』……つまり何でもないものだ」
榎本憲男★『ワルキューレ 巡査長 真行寺弘道』シリーズ第三弾(中公文庫)出るよ! @chimumu
7.はい、以上はロングインタビュー「ヒッチコック映画術」からの引用でした。インタビュアーはフランソワ・トリュフォー君。おつかれさまー。ん、どうした、みんな? マクガフィンの発案者・ヒッチコック先生が言ってんだからわかりやすいだろう。がはは。
榎本憲男★『ワルキューレ 巡査長 真行寺弘道』シリーズ第三弾(中公文庫)出るよ! @chimumu
8.では、わからない人の為にchimumu が解説しよう。マクガフィンはそれがなんであっても構わない。ストーリーを転がしていく役割さえ果たせば、ダイヤモンドだろうが、ウラニウムだろうが、西友の特売のチラシだろうが、犬のうんちだってオーケー。まず、ここが大事。
榎本憲男★『ワルキューレ 巡査長 真行寺弘道』シリーズ第三弾(中公文庫)出るよ! @chimumu
9.次がchimumu 独自の説明になる。マクガフィンというのは中身はなんでもいいのだが、主人公と敵の間にあり、例えば次のような状況で作用しなくちゃいけない。
榎本憲男★『ワルキューレ 巡査長 真行寺弘道』シリーズ第三弾(中公文庫)出るよ! @chimumu
10.①主人公が持っているが、敵は持っていないブツがある。②主人公はそのブツの正体を知らない。場合によっては自分がそのブツを持っていることさえ知らない。③そのブツは敵にとっては大変に重要で、本来は敵が絶対に持っていなければならないものだ。
榎本憲男★『ワルキューレ 巡査長 真行寺弘道』シリーズ第三弾(中公文庫)出るよ! @chimumu
11.④よって、敵は主人公を追う。追われる側の主人公は、ブツの正体を知らないから、追われる理由も敵の正体もわからない。この主人公と敵との間におかれて、追われる/追う の関係を作り出すブツ(場合によっては記号)がマクガフィンだ!
榎本憲男★『ワルキューレ 巡査長 真行寺弘道』シリーズ第三弾(中公文庫)出るよ! @chimumu
12.⑤追撃をかわしながら、主人公は敵の正体をおぼろげながら掴み、自分がなぜ追われているのかを知る。⑥そうすると、そのブツの背後にギョエーとする程恐ろしい国家機密が……。てな具合にストーリーはどんどん転がっていく。
榎本憲男★『ワルキューレ 巡査長 真行寺弘道』シリーズ第三弾(中公文庫)出るよ! @chimumu
13.このマクガフィンは、その正体が不明瞭なことによって、なにやらミステリアスでシュールな雰囲気や不安感を作品に与えることができる。ヒッチコックでは『海外特派員』が有名で、ヒッチコック以降も様々な映画作家がこのマクガフィンに挑戦している。
榎本憲男★『ワルキューレ 巡査長 真行寺弘道』シリーズ第三弾(中公文庫)出るよ! @chimumu
14.『キッスで殺せ』(ロバート・オルドリッチ)、『レポマン』(アレックス・コックス)、『フランティック』(ロマン・ポランスキー)等は完全にこのマクガフィンでストーリーを転がしている。
榎本憲男★『ワルキューレ 巡査長 真行寺弘道』シリーズ第三弾(中公文庫)出るよ! @chimumu
15.マクガフィン系のストーリーの難しいところは、正体が不明瞭でもかまわないという性格上、ストーリーの後半が曖昧で尻つぼみになりがちなことだ。そこをうまく回避しつつ、ひねり技でバシッと着地できたら、良質なサスペンスになること間違いない。高級技だけども、いつか挑戦してみようね。
榎本憲男★『ワルキューレ 巡査長 真行寺弘道』シリーズ第三弾(中公文庫)出るよ! @chimumu
16.はーい、今日はここまでだよー、明日また会いましょう。(たぶん……)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする