原発事故直後の「専門家」が判り得た事と本当の事が言えなかった理由

これほどの状態でありながら「(特に現役の)原子力工学の専門家」というジャンルの人の意見が殆ど見受けられない様に感じます。私は物理出身ですので見当違いもあるかとは思いますが、事故直後にどの様な判断までが可能だったか?「保身バイアス」はあったか?などBB45_Coloradoさんと少し話しましたので書き留めておきたいと思います。
専門家 原発事故 安全?保身?バイアス
study2007 19886view 52コメント
142
ログインして広告を非表示にする
  • study2007 @study2007 2011-10-19 12:03:33
    安全バイアスは研究者には(私も含め)ほぼ全員にあったと思います。例えば早野さんにもありましたが、確か三号機の水素爆発の時「僕にはもう理解不能」とコメントしその後はクイズ大会を始めました。あれは一般の人よりは遅いですが専門家の中で早かったのかもしれません“@tak_konn:
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-10-19 12:06:47
    @study2007 ボクにはなかった。ボクにはむしろ危険バイアスがかかっていた(もっとひどいことになると思った)。自然災害と違って原発事故は危険バイアスがかかるのがふつう(心理学の知見)。しかし多くのひとが安全バイアスにかかった。これは研究課題である。
  • study2007 @study2007 2011-10-19 15:00:42
    この辺りの気持ちの動きは1クッションあり「危険バイアスが大きい人ほど、それを打ち消し日常を維持する為に充分な量の安全要因(バイアス)を探して歩いた」とは考えられないでしょうか?“@HayakawaYukio: 原発事故は危険バイアスが普通だか多くのひとが安全バイアス
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2011-10-19 15:12:03
    @study2007 1号炉、3号炉ともに、あの爆発をみて、安全バイアスがかかるということが理解できないです。原子炉の爆発は、水素爆発と水蒸気爆発が可能性の過半で、確実に炉心溶融をし、放射能密閉が大規模に破れたことと、3号炉の場合、炉心の外部への放出と東日本の破滅を覚悟しました。
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2011-10-19 15:15:16
    @study2007 私は、安全バイアスといわれているものは、無意識下のものは、その人の理解を遥かに超える事態が生じたとき、思考が停止して、情報を遮断してしまう心理的安全機能が発動したものと考えています。意識的に、保身のために行った人や組織もいっぱいいますので、混同しやすいです。
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2011-10-19 15:16:26
    @study2007 要は、夜中の山道で轢き殺される狸です。
  • study2007 @study2007 2011-10-19 15:27:22
    はい。安全バイアスの定義はコロラドさんの言う「無意識過程」が適切だと思いましたので以後そう使用します。で、恐らく名言さん関連に反応した(主にネット上の)「煽り度が−のグループ」は「保身」というキーワードの中にかなりの部分が入る様な気がします、 “@BB45_Colorado:
  • study2007 @study2007 2011-10-19 15:32:04
    保身」の中身は多様に見えますが、よく見るとそれ程複雑ではないかもしれません。すなわち「実利がある群」「科学、技術の信頼性を維持したい群」「国や公的機関への信頼性を維持したい群」「自分のささやかな学歴への自尊心を護りたい群」などでしょうか。@BB45_Colorado:
  • (「日常を継続したい」という願望もある意味「保身」かもしれませんが、、)

  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2011-10-19 15:52:20
    @study2007 例えば、知識として"冷却機能喪失は、崩壊熱(残留熱)により、速やかな炉心の溶融と、同時進行で生じる大量の水素により原子炉を爆発へとつながる"という事をしらなければ、例え優れた理・工学者であっても、1号炉3号炉の爆発を予見することも認識することも困難です。(続
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2011-10-19 15:55:31
    @study2007 続)そうなると、あの映像をみて、何が起きているのかもう分からないという反応に引き続き、場合によっては退行してしまうのは人間としては仕方のないことで、これを以て御用学者呼ばわりは無茶と思っています。一方で、原子力工学の人は当然、予見、認識できることです。(続
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2011-10-19 15:58:42
    @study2007 続2)一方で、反原発をやっていた人たちは、LOCAから炉心溶融、爆発に至るシナリオは当然とこととして認識していましたので、ある意味最も冷静にあの爆発に反応していたと思います。僕はこのことにとても驚きました。(ヒステリー起こしていた人も沢山いましたが。)
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2011-10-19 16:03:25
    @study2007 あの当時、閣僚の殆ど(全員?)が明らかに精神的防衛反応による退行を起こし、それが行政と東電の露骨な保身行動を許してしまい、今に続く混乱と混沌を齎していますが、政治家、特に政務官を含む全閣僚について、政治家としての不適任を見せつけられました。
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2011-10-19 16:06:19
    @study2007 私には、ネットなどで暴れつづけている酷使達については、その行動原理、精神性全てが理解できません。原子炉が爆発したときに、(自己批判して)逃げて消えてしまった人たちには、人間性と良心を伺い知ることができますが。
  • study2007 @study2007 2011-10-19 18:45:14
    それが、原子力工学やってる人の顔で何人か知ってるのを思い浮かべるんですが、例えば中性子利用だとか何かのシミュレーションとかで炉全体それも事故時の挙動を全体的に判断できるのがいったい何人居たかな?と思うわけです@BB45_Colorado 一方で原子力工学の人は予見、認識できる
  • study2007 @study2007 2011-10-19 18:49:41
    更に事故後の政治家、官僚等の無為無策ぶりも仰る通りで、仮に「技術vsコスト」的な課題をクリアできたとしても人間の持つ「(ヒューマンエラーなどより更に低レベルな)政治・行政的なリスク」は将来も解決できないのでは?と思うわけです、@BB45_Colorado 政治家としての不適任
  • study2007 @study2007 2011-10-19 18:52:47
    で、そういった「政治・行政リスク」を下支え・補強するのがリアル空間では「利権」であったり、ネット空間では「理解しがたい保身」だったりするのではないか?と懸念するわけです。@BB45_Colorado ネットなどで暴れつづけている酷使
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2011-10-19 23:42:27
    @study2007 原子力をやっていて、今回の事態を予測できなければ、それはモグリです。WASH-1400とTMI事故により、福島で起きた核事故は、原子力事故の基本中の基本として知られるようになっています。あの事故は、極めて教科書的な典型的な事故です。
  • study2007 @study2007 2011-10-20 07:15:25
    それはそうなのですが「皆の本棚の片隅にあったはずのその教科書」がTHI事故から30年経った今どれほど真剣に読まれていたか?とか、燃料棒一本溶かしただけ(それも大変な試験ですが)の国内検証では不充分だったのでは?とか思う訳です。@BB45_Colorado 教科書的な典型的事故
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2011-10-20 10:31:00
    @study2007 いえ、高等専門教育を受けている限り、炉心溶融を考えることができない原子力の専門家は居ません。私の弟が阪大原子力ですが、間違いなく、講義で重点的に教えています。(まぁ、教科書は私が貸したのだが・・・・・)
  • study2007 @study2007 2011-10-20 11:01:26
    http://t.co/qnraiqNL ←24時間後頃の私です。炉心溶融や隔離時冷却系について(多分どっかで)聞いた事ぐらいはあっても何がどのペースで起こっているのか?殆ど推定できませんでした。原子力の人達はどの程度判っていたか?という意味です@BB45_Colorado
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2011-10-20 11:06:59
    @study2007 冷却が止まっていて、ベントもうまくいっていない以上、炉心溶融して当然なのですが、当時は情報が過少で、外部からはそれがが何時かは判りませんでした。(ICやRCICが動いていれば、十時間単位で時間稼ぎできる。)保安院の官邸向け資料が12日未明には一般からも (続
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2011-10-20 11:11:26
    @study2007 続)閲覧でき、私もみましたが、11日中の炉心溶融を推定していましたので、保安院、東電、官邸は実情を把握し、きちんと炉心溶融を推測できていたと考えるのが妥当です。情報をえられない外部者でも、12日の水素爆発で炉心溶融を確信するのが当然です。
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2011-10-20 11:13:16
    @study2007 経済産業省原子力安全・保安院の中村幸一郎・審議官が、「(1号機の)炉心の中の燃料が溶けているとみてよい」と12日夜に記者会見で明らかにした直後、菅直人と枝野の手で更迭されましたので、その後は完全にミッドウェイ敗北後の大本営発表と化しています。
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2011-10-20 11:16:40
    @study2007 1号炉の隔離時冷却系(1号炉の場合は正確にはIC)が直後から手動で止められていたなど、流石に外の人には判りませんので、あんなに早く炉心溶融に至るとは流石に判りませんでしたが、水素爆発=炉心溶融で、12日の爆発規模ですと全炉心溶融であったことは自明でした。

コメント

  • 御用聞き @GoyoGakusha 2011-10-23 22:29:25
    ゆずおさんという読み方が新鮮だった。
  • study2007 @study2007 2011-10-23 23:19:31
    途中にコロラドさんの別ツイートを差し挟んでいましたが、この会話の流れとは関係無いとの事でしたので外しました。申し訳ありませんでした。
  • 化雲岳-1954m @Kaun1954 2011-10-24 00:10:30
    私もゆずおさんだと思ってました・・・。
  • Megatherium @Dairanju 2011-10-24 00:12:15
    何らかのプラントを扱う限り、事故を起こしてしまった場合、これと同じ問題になる可能性があるので、実際の外部影響の大きさは全然違うとしても、決して他人事には見えない。
  • Arnold_S_Lee @Arnold_S_Lee 2011-10-24 00:12:22
    とても興味深い話ですが、ゆずおさんのインパクトが強すぎて一番印象に残ってしまいましたw
  • 富 ユタカ @lkj777 2011-10-24 01:52:54
    最初原発がやばいって聞いたときはでも制御棒が地震の時落ちて大丈夫だと思った。でも制御棒が落ちても冷やさないと無理と聞いてこれはダメだと思った。情報が少ないのではなく安全デマを垂れ流し過ぎ。全電源喪失なんて常識的に言われていた。それをお花畑の妄想だと馬鹿にしてたからこういうことになる。
  • 富 ユタカ @lkj777 2011-10-24 01:59:50
    しかもまだミスリードは続いている。燃料の位置の不明な冷温停止は原発の危険性をほとんど低くすることができない。そして世界が一番ビビッているのは4号機。全機共通なのは事故の収束方法は全くわかっておらず事故は続いている状態。このシンプルな情報すら未だ共有できていない。
  • kumonopanya @kumonopanya 2011-10-24 05:00:44
    自分は爆発当初、広島、長崎原爆と同じものだと思った。拙い知識だったが放射能の怖さはわかってたつもりだった、けれども広島原爆とかは県内での被害のみだと思い込んでいたし、東京に住んでいるが、福島で爆発したのだから遠く離れた東京まで影響が出るとは思っていなかった。
  • kumonopanya @kumonopanya 2011-10-24 05:08:01
    台風とか、風は西から東に基本的に流れると思っていたので、福島から東にほとんど流れていくと思っていた。 安全だと思い込んでいたのはこの2つ、爆発の被害は福島県内でのみの影響がでる、圏外に出るとしても東に流れる。 /そのあとで政府が2,20,30kmと小さく発表していたけどそれは同時にアメリカが発表していた50マイルを見て嘘だと確信していたし、危険なのは50マイルまでと思ってた。 またこの50マイル(=80km)で東京にはそれほど影響はないと楽観視していた。
  • 防人因果@DLW,超電脳のユニバック @IngaSakimori 2011-10-24 07:33:08
    とても面白い。先の戦争でも日本の上層部は負けが込むにつれて、都合のよい解釈しかしなくなっていったものですが、人間のやることはあまり変わらないのかなあ、と思う。
  • ワス C92 3日目(日)東ク-14b @wsplus 2011-10-24 10:35:24
    基礎研究やらずにGMが作った炉心そのまま使ってりゃ、非常時の対策なんざ未知の世界すぎて解らないでしょ常考という日本の学界が酷い。
  • najima @y_najima 2011-10-24 11:07:20
    原子力関係の専門家っていっても工学者も科学者もいるわけで、十分に情報を知ったとしても全員が全員正しく予想できる訳じゃないよね。
  • hmasako @hmasako 2011-10-24 17:30:19
    危ないといい続けた人もいた中、最悪の予測を想像できない専門家はおかしい。そして首都圏まで避難の必要が出てきた場合に要する時間を考えれば、もっと危機感を促すコメントをするべきだったのでは。やはり保身でしょうか。福島の畜産家の自殺などを考えれば、原発推進派の知識人にそういう事件がないのは意外。一有権者の私も子供達への罪悪感に苛まされているというのに。
  • study2007 @study2007 2011-10-24 18:00:06
    仮に「保身」が思考や行動の原理であるとすれば、本人にとっては「エア」ではないでしょうし、藁をも掴む思いなわけで、そういった必死さがあちこちで見られたのと整合性もありますよね。勿論、損得が規範でしょうから、自分の責任を振り返るかたちの分析も出てはこないのでしょう。
  • hmasako @hmasako 2011-10-25 09:48:53
    なるほど。保身は道徳に勝つ、ということですね。そういう人の割合が常識的に考えると多過ぎる気がしますが。間違いを素直に認め、新たに自分の意見を言う。そいう勇気を持って欲しいです。人間間違いはあるものだから(今回は取り返しがつかないほど大きいが)。私はそれを許容します。枝野さんも許容します。単なる素人の意見なので、学者としての将来を考えない意見ではあります。まだ、これから先解決せねばならない問題は多いです。
  • 巡礼者 @Hagiasophia765 2011-10-25 13:44:05
    保身から脱却して、道徳に従うという行為は、個人の信念に基づいて行われる限り、保身に勝つのは困難ですよ。そもそも、保身というのは生存本能。道徳というのは、反社会行為に対する社会保存反応でしかない。社会の仕組みが、生存本能と社会保存反応を対立なく存在させる仕組みでない限り、この問題は学者にかぎらず、何処でも起きます。事故当初の東電や各政府機関でも、見られたと思いますよ。
  • 鞘次郎(sayajirao) @sayajir 2011-10-25 14:40:34
    改めて http://togetter.com/li/135041http://togetter.com/li/122800 を読み返した上で、"分布"を示唆する @study2007 さんの見解に同意する。内面化されたはずの高等専門教育が、ほとんどのケースで正常性バイアスに勝てなかった事。バイアスを乗り越えた少数のケースでも、十分な影響力を持たなかった事。それと逆に、確信犯的なポジショントークを敢行したケースが安全/危険両側の主張にあった事。3つとも深刻な問題だが、一緒くたにはできない。
  • study2007 @study2007 2011-10-25 14:57:27
    で、これら色々な分布が原子炉以外の専門家にもあり、かつ、例えば地価だったり食べものだったりを通じて全くの一般公衆にも波及した、そういうモデルで何%ぐらい説明できるか?などもう少し理解を進めたいところです。
  • 鞘次郎(sayajirao) @sayajir 2011-10-25 15:43:22
    これにも同意。重大な不作為、非道な保身であるとはいえ、平凡さ・陳腐さから行われたものは、ただ批判し断罪するだけでは再発を防げない。ミルグラム実験 http://goo.gl/zfBbp の恐るべき知見。RT @gasyuu01: 生存本能と社会保存反応を対立なく存在させる仕組みでない限り、この問題は学者にかぎらず、何処でも起きます。
  • 子鬼 @tak_konn 2011-10-25 15:46:08
    自分の専門分野のコメントは慎重になります。自分としては確信しているけど、同じ専門の人から見て大胆に見えるだろう見解は言い難いものです。平常時であれば、そういう見解は論文や発表のアカデミックな場で討議にかけることになる。今回の場合は、冷静に考えれば危険側の予測が出てくるのが妥当な見解だったのかもしれませんが(これは素人には推し量れないところ)。
  • study2007 @study2007 2011-10-25 16:17:29
    そうですね、、。危ないと言い過ぎる懸念と、安全と言い過ぎる2方向の懸念があって、そこで躊躇する場合の慎重さも(主に)2方向があると思うんですが、その動機と目的は正反対に近い様な気がするんですよね。
  • yhakase Hiro @yhakase 2011-10-26 13:43:58
    あの時にある程度分かっている情報を正しく発表してしまったら、東北全域で救援活動が停止してしまっていただろうという事実は考えなくてもいいのでしょうか?原発単体の事故ではないので、その影響を考慮する必要があると思っています。
  • study2007 @study2007 2011-10-26 14:42:40
    国や行政はより大きな利益の為に放射性物質の拡散や作付けや原発作業の危険性などの矮小化をはかり黙認しましたが、その施作の結果としてそれらを切り捨ててでも守ろうとしたより広い安全や信頼そのものすら、既に失われたのだろうと思います。
  • study2007 @study2007 2011-10-26 14:47:16
    またその施策には指示され加わった人だけでなく、自発的に参加した人も色々な階層で散見されましたが、その動機は決して「エア」ではなく、それぞれのカタチで対価が有ったのではないか?という推定です。
  • yhakase Hiro @yhakase 2011-10-26 15:46:49
    東北全体で救援活動が停止されていたら、相当数の凍死者餓死者が出る状況でした。原発での作業ですら中断寸前で、中断していれば1~6号機全滅だったと記憶しています。その対価としての信頼失墜ならば止むをえないのかなと感じています。もう一度同じ事故が起きたとしても、政府は救援復旧活動を選ぶと思います。
  • yhakase Hiro @yhakase 2011-10-26 15:55:27
    例えば、20%の確率で原発事故が悪化し悪化した場合関東壊滅という時に、それを発表すると100%確実に数万人単位の人が死亡し日本が壊滅的な影響をを受けるという情報をを発表するか?というと、絶対に発表しない。というのが趣旨です。
  • study2007 @study2007 2011-10-26 16:06:40
    原発作業については作業内容により日当5~30万払ってでも正直に作業員を集めるしか無いと思います。住民についても正直に100万人を一ヶ月かけて退去させ、東北への支援と物流に限り通行を許可すれば良いことと考えます。
  • yhakase Hiro @yhakase 2011-10-26 16:17:22
    爆発する恐れの高い原発で働くというのは、日本人には不可能です。出来るのは軍隊だけですが、日本にはいません。地震直後は、交通網寸断ガソリン不足、避難はできませんでした。また、原発が爆発する恐れのある方面に支援行く団体や 物流業者はいません。避難、復旧、支援は、うそでも本当でも、原発が爆発しないというのが大前提でした。
  • yhakase Hiro @yhakase 2011-10-26 16:23:27
    20%、数万人という数字は過程ですが、「爆発をした場合関東壊滅」という情報が12日時点で首相官邸に報告されています。そのような情報を持った上での、条件付きの情報隠蔽であったとすると、合理的だったかどうか?が本当に議論が必要な点だと思っています。
  • 巡礼者 @Hagiasophia765 2011-10-26 16:26:26
    現行法でできないなら、出来ないと報道発表して、新たな立法によって対処する。それが、民主主義に基づく法治国家の大前提とご存知の上で、「うそも方便」とか「移動の自由を制限してでも混乱を抑えるべき」と主張されるなら、いっそ官僚主義&独裁主義万歳と仰ったほうが潔いですよ。
  • 巡礼者 @Hagiasophia765 2011-10-26 16:29:27
    そもそも、あれほどの非常事態が起きたのだから、警官を県境に大動員して、交通規制と誘導をおこなったり、他県に仮説難民キャンプを用意するなりの方策も、選択肢としてはあったと思いますよ。ああいう事態にあって、なお自衛隊や警察のフル動員を躊躇う理由はなかったと思いますけどねぇ。
  • 巡礼者 @Hagiasophia765 2011-10-26 16:31:56
    ま、前例のない非常識な事は、現実味がないと仰って切り捨てるのは簡単ですよね。また、それを現段階で、非人道的だとまでは、批難するつもりもありません。
  • 巡礼者 @Hagiasophia765 2011-10-26 16:35:33
    ただ、「専門家」の「学問的ステートメント」が出来たのか、できなかったのか?で、その理由は?という、このまとめの趣旨において、「復旧救援活動継続の是非」をその理由に挙げると、逆説的に政府や学者は「混乱防止」や「救援復興」の為に、福島の被爆者を切り捨てたと断言する事になりますが、それで良いのですか?
  • 巡礼者 @Hagiasophia765 2011-10-26 16:39:57
    「助けようとしたが、助けられなかった」と「国民の命以外の何かを守る為に、助けられなかった」では、まったく別の意味になりますが、そこも理解していますか?ちなみに、福島を迂回して被災地に入る手段があった以上、福島以外の東北被災地を助ける為に、情報隠蔽したという理屈は成り立ちません。冷静に対話するつもりがあるなら、東北と書かずに、福島に限定すべきでしょう。
  • yhakase Hiro @yhakase 2011-10-26 16:40:57
    当然立法というのも選択肢の一つでした。時間や情報不足、悪化する原発という状況の中で、数ある選択肢情の中で情報隠蔽という政府の判断が合理的だったか?が議論の本筋ではないのか?という趣旨です。訂正:軍隊が日本にはいないと書きましたが、米軍のような原子力事故専門チームがいないという意味です。原発事故時、自衛隊の方が本来の任務を越えて原発の作業に当たって頂きました。
  • yhakase Hiro @yhakase 2011-10-26 16:47:30
    東北とかいたのには、それなりの理由があります。事故があの程度の発表でも、例えば、ガソリンのタンクローリーの運転手の皆さんは東北地方行きへの不安を語っておられました。
  • yhakase Hiro @yhakase 2011-10-26 16:52:24
    政府がもし、爆発の可能性があると言っていた場合、福島を通って東北に抜けるルートが機能したとは思えません。運転手が集まらないからです。何だかこの趣旨のまとめとずれてしまいました。申し訳ありません。
  • yhakase Hiro @yhakase 2011-10-26 16:59:39
    このまとめの趣旨で言えば、原子力工学者は危険を99%認識。ただ情報公開については、基本は政府の発表に歩調を合わせる以外選択肢なし、小出先生などのように自由な方は正しく発言。原子力工学者は、事故が起きれば自分達の運命がどうなるか理解していますので。
  • 巡礼者 @Hagiasophia765 2011-10-26 17:32:08
    一応、海路や空路、羽越本線ルートもあるわけですが……。非常時に、通常時の輸送手段しか想定しないとか、そもそも危機管理としてどうなんですかね?まあ、どちらにせよ、福島を失えば、東北とそれ以南西の日本が致命的に分断されるというのは、良く分かりました。
  • yhakase Hiro @yhakase 2011-10-26 18:21:41
    心配性の戯言かつ微妙にまとめ違いにお付き合い頂きありがとうございました。感謝 m(__)m。あとstudy2007 にも、コメント汚し申し訳ありません。
  • TEI @OKOSAMA_STAR 2011-10-29 13:09:20
    RT @HayakawaYukio: @study2007 ボクにはなかった。ボクにはむしろ危険バイアスがかかっていた(もっとひどいことになると思った)。自然災害と違って原発事故は危険バイアスがかかるのがふつう(心理学の知見)。しかし多くのひとが安全バイアスにかかった。これは研究課題である。
  • k_tetsuya @thor_tetsuya 2011-10-30 00:20:10
    仕事で原子力やってる人はあの状態だと対策に追われてtwitterどころじゃないだろうな。
  • 巡礼者 @Hagiasophia765 2011-11-01 20:19:18
    実務中にツィッターしろとは誰も言ってない。メインで問題視しているのは、解説者や政府への助言者の立場にいた、通俗的に有識者と呼ばれていた立場の人たちだよ。
  • 中路正恒(時代よりも強く) @mnnakajist 2011-11-04 01:47:21
    以前TVに登場する専門家たちに「最悪の事態をどう予想するか」という質問を出すことをツイートで提言した。それをしなかったメディア自体に強い安全バイアスが働いていたと思う。
  • NiKe @fnord_jp 2012-01-29 13:08:58
    1つ目のツイートで早野さんが言及されていますが、twilogを見る限りでは事実関係の誤認があると思われます。
  • はなげです。ときどき出てます。 @hanage3_fu 2012-02-01 14:29:53
    ここもコメント欄大粛清のあったまとめ。やっぱり消えてた。もともとtogetterのまとめは、まとめ人の結論ありきで作られると思っているからこそ、コメント欄での議論が役に立つことも多いのですけどね。公平さを欠くのは、なにも御用ばかりじゃないと思うのです。
  • はなげです。ときどき出てます。 @hanage3_fu 2012-02-01 14:33:05
    このまとめについては大変興味深く拝見させて頂きました。ゆえに残念。
  • どどど @darkboysandmen 2012-05-14 21:57:35
    えっ!ゆずおさんじゃないの!?
  • 湖北好きだ @soratobinekogal 2012-05-14 23:04:13
    石川柚夫さん、これですね。当時見てなかった。http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65725845.html最初の爆発で「ダメだ!チャイナシンドロームだあ」って思ったけどその後のいろんな報道や専門家の解説など見ているうちに、そうでもないのかなあなんて思ったりした。最初の直観の方が確かだったんだなあ。
  • 群馬のクマ @kumasannda 2012-05-15 12:51:01
    今の日本において、情報を隠すことの方が事態を悪化させると思う。事故があった時はリスク評価を高目に取るべきなのだと思う。中村幸一郎審議官の発言「被覆管が一部溶け始めていることも考えられる」を政府の方針で安全側に倒したのは却って避難を遅らせた可能性がある。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2012022202100005.html
  • 平井孝典 @takanori_hirai 2012-05-15 21:56:26
    確かに、こんな動画( http://goo.gl/Kj0I0 )を作っておきながら原子力の専門家が事態を予測できなかった筈はないですね。← 独立行政法人・原子力安全基盤機構が緊急事態応急対策拠点施設(オフサイトセンター)の原子力防災専門官向けに作成した防災用事故シナリオ理解のための教材

カテゴリーからまとめを探す

「ニンジャスレイヤー」に関連するカテゴリー