Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2011年10月29日

エア御用問題 「偏った科学者」像と偏った「科学者像」 科学の不確実性

科学も科学者も、そんなにシンプルじゃありません。
61
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

しかし、あのまとめのコメントでも誰かが言ってたけど、「科学者が予想を悉く外した」と謂う話が既定事実のように語られることは多いよな。

2011-10-29 13:12:33
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

それは本当なのかねぇ。オレの観測範囲ではそんなに完全に間違った意見を言っていた科学者はいなかったと思うが。

2011-10-29 13:13:18
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

現実的な危険レベルの同定に関しては、誰もそんなに間違ったことは言ってなかったと思ったが。飯舘やあの辺では線量が不自然に高いから避難すべきだと謂う話はずっとしていたし、原子炉内部で何が起こっているのかは何しろ直接見られないんだからわからないと言っていた記憶だが。

2011-10-29 13:23:29
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

一番危険寄りに考えた科学者の予想のほうが外し方の幅はひどかったんじゃないのかね。ただ、リスクの評価について危険にウェイトを置いて考えると謂うのは予防原則的な考え方もあるから一理あるところはある。

2011-10-29 13:29:40
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

一番危険寄りに考えると謂うのは、基本的に「現状がどうであるか」とはまったく関係ない。考え得る限り最悪の想定ではこうなると謂うだけで、それは現状なんか見なくても言えることだろう。

2011-10-29 13:32:03
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

つまり、それは予想じゃなくて単なる理論上のシミュレーションだ。本来必要なのは「現状がどうなっているのか」と謂う情報評価だと思うのだが、それに理論上のワーストケースを答えると謂うのは、実は話が噛み合っていない。

2011-10-29 13:33:18
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

要するに、ワーストケースを言った科学者が予想を当てたのではなく、現状を推定した科学者の予想より少しひどいことが起こっていたと謂うことで、これは「予想」である以上はそのくらいの振れ幅はあるでしょう、と謂う話だろう。

2011-10-29 13:35:01
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

そもそもワーストケースを言った科学者は「現状」も見てないし「予想」もしていないわけで、最初からその土俵上にはいないわけだ。

2011-10-29 13:35:35
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

それなのに、少なからぬ人々がワーストケースを言った科学者が予想を当てたと謂う評価になっているのは、まあ認知バイアスの一種なんだろうね、と謂うことかな。

2011-10-29 13:37:00
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

どっちかと謂うと、多分それはマジックのコールドリーディングに近いんじゃないかな。

2011-10-29 13:37:50
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

つまり、予防原則で考えるなら、現状の予想は危険寄りでなければならないから、少しでも危険寄りに予想が外れたら「予想が間違っていた」と謂う印象になるわけで、予想である以上ドンぴしゃはあり得ないから、予想より安全寄りに外れた場合のみ評価されると謂うことになる。

2011-10-29 13:40:34
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

そうすると、理論上のワーストケースを言うと謂うことは、現状から考えて妥当に見積もると謂う考え方の人々の予想が危険寄りに外れることに一点張りした選択肢だと謂うことになるね。で、外した場合も「万が一のことを考えて」と謂う名分が立つ。ローリスクな賭けだね。

2011-10-29 13:43:43
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

ワーストケースと現状との振れ幅が如何に大きくても、「危険であると謂うことは当てた」と謂う印象になる。まあ、普通に考えて認知バイアスだろうと考えていいんじゃないかね。

2011-10-29 13:44:47
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

しかし、誰もがそちらに賭けたら、誰も現状から妥当に予測すると謂う手間の掛かる作業をしなくなる。理論上のワーストケースを言っておけば後から叩かれないのなら、そっちのほうが楽だからね。

2011-10-29 13:46:44
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

その場合、現状がどうあれ最悪を想定して行動するわけだから、妥当なリスク評価もへったくれもなくなる。引き合わないほどコストが掛かろうが別のリスクに晒されようが、その最悪に備えるべきだと謂う話になる。多分それが「今ココ」と謂うことなんだろうね。

2011-10-29 13:48:08
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

さらに、現状がどうなっているのかを考える人は誰もいなくなるわけだから、現状がどうなっているのか誰も識らないと謂うことになる。

2011-10-29 13:48:35
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

それでいいんですか、と謂うことなんだが、少なくともオレは困る。

2011-10-29 13:48:55
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

困るから、そう謂うことを言う人々を批判する。で、本来ワーストケースを言う人もいていいのだし、現状から妥当に予測する人がいてもいい。それが情報の多元性と謂うことで、危険寄りに考える人は現状なんか考えずにワーストケースを想定すればいい。

2011-10-29 13:50:32
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

おかしいのは、ワーストケースを言うことだけが正しくて、現状を妥当に予測しようとする人の予測が少しでも危険寄りに外れたら、その発言を封殺しようとする人々ね。

2011-10-29 13:51:56
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

情報としてはどっちも必要なんだよ。だから「これは理論上のワーストケースです」と言ってそれを言う分には誰も困らない。「こう謂うことが起こってます」と断言したら間違ったことを言ってることになる。それだけの違い。

2011-10-29 13:53:28
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

前々から言ってるんだけど、「安全厨」とか「危険厨」とか対置してどっちが正しいなんて話をしていること自体がおかしいわけで、科学者には可能な限り妥当な情報を出してもらって、非専門家はその情報を取捨選択して自分の価値観で判断すればいいだけのこと。

2011-10-29 13:55:21
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

情報を一元化しようとするのは、自分とは異なる価値観の他者の選択肢を狭めることになるし、それは他者の自由の侵害だと謂うことなのだよね。

2011-10-29 13:56:02
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

「もうダマ」の平川さんの寄稿に違和感を覚えたのもその辺りかな。英国のBSE問題に関して、ざっくり「科学の不確実性」のほうを強調していて、「科学は未知のリスクを予測出来ない」と謂う市民の不安を採り上げていながらそれには何もコメンタリーしていなかった。

2011-10-29 14:11:56
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

あの記事を読む限り、平川さんは「科学の不確実性」や「科学は未知のリスクを予測出来ない」と謂う意見に黙認を与えているように読める。でも、BSE問題の報告書なんかを読むと、実態はそうじゃなかったはず。

2011-10-29 14:12:47
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

調査グループは、BSEが人に感染するリスクを報告すると謂う選択肢もあり得たのに、政権との関係性からその選択肢は放棄されて危険性の報告を弱めると謂う方向に傾斜したと謂う話だったようにオレは見たし、平川さんの他著ではそこにフォーカスした説明だったとも聞いた。

2011-10-29 14:14:41
残りを読む(112)

コメント

mah @infobloga 2011年11月7日
読んでるとこっちが恥ずかしくなってくる。まず、科学者は予言者ではない。危険を正確に予測することが求められているのではなく、どのような危険があるかを正確に指摘することが求められている。だから、危険側に間違えるのと安全側に間違えるのとで、評価が異なるのは当然。もちろん、だからと言って、安全側の極論を言っていれば良いというものではないという指摘はもっともだけれど、両者を対等のものかのように扱うのは、ミスリーディングだよね。
0
mah @infobloga 2011年11月7日
震災直後に「絶対に爆発しません」って言っていた人は、職を辞して当然だけれど、「東京も住めなくなる(可能性がある)」というのは可能性という意味で間違っていなかったし、十分有益な情報だったと思う。これは対等ではない。
0
mah @infobloga 2011年11月7日
だいたい、科学者は、「科学的リスク評価(数値的評価)はできないものの、低い確率で起きると見積もられる不確実性」に対しては、無視した方が利益になる。何も考えずに「原発は絶対に爆発しません」と言っておけば、かなり高い確率で評価されるわけだけれど、「爆発する可能性があります」って言ったら、オオカミ少年になる可能性が高い。そういう中で、理論的根拠に基づいて危険を指摘する人は高く評価されて当然。予言としてなら、低いリスクは無視したほうが合理的だけど、科学に期待されるのは予言ではない。
0
mah @infobloga 2011年11月7日
あと、科学の不確実性の評価は、科学的にはできない。これは最終的には個人の判断の問題だし、個人の権利の問題。だから、逃げろというのも逃げるなというのも、食べろというのも食べるなというのも間違っている。逃げる選択、逃げない選択、食べない選択、食べる選択を社会的にサポートしていかないといけない。どこまでサポートするべきかは科学の問題ではなく社会の問題。
0
mah @infobloga 2011年11月7日
こういう問題を無視して、ナイーブに「差別だ」「誰かに迷惑をかける」というのは東電の回し者かと皮肉を言われて当然だわな。まぁ、まともな科学者でそんなことを言っている人はいないと思うけど、科学から遠い人に限ってこういう役回りを買っているのは滑稽。
0
mah @infobloga 2011年11月7日
実際、事故に関連してある種の地域の食品を避けることが引き起こす結果の一つは、放射能の検査を充実させること。誰もが今まで通り食品を買ったら、放射能の検査を行う経済的メリットがなくなる。安全性を確保するためには買わないという選択をする人も必要。要するにバランスの問題。買うのと買わないのとどちらが社会的かは難しい問題であるわけで、こういう状況で「消費者の判断を尊重するべき」というのが自由主義的倫理。「差別だ」「迷惑をかける」というのは、こういう倫理に反している。
0
mah @infobloga 2011年11月7日
前にも書いたけど、ナントカクラスタの人たちは「科学の問題」と「社会の問題」の区別ができていないんだろうな。科学的知見に基づいて社会の問題も考えているつもりでも、そこに科学以外の要素が入っているということに気付けない。自分に都合の悪い主張は全て「メタ論」として耳を貸さない。そのことが良く分かるという意味で、これは良まとめかもしれない。
0
ChanceMaker @Singulith 2011年11月8日
全く。「少なからぬ人々がワーストケースを言った科学者が予想を当てたと謂う評価になっているのは、まあ認知バイアスの一種」
0
NiKe @fnord_jp 2011年11月9日
情報学ブログさんは、なんで首を突っ込んでくるんでしょうか。この「まとめ」もきちんと読んでないでしょ?
0
Saizwong @junji_trans 2011年11月13日
そもそも「定義」自体が絶対的なものではなく、ある事象の理解を助けるために特定の観点から見た勝手な括りに過ぎないんですけどね。それを指示する人が多いか少ないか、迷惑を受けている人がいるかいないか、は定義の正誤とは直接関係ないし。やたら長い割にはちゃんとその定義のおかしさ、について具体的言及がないのがなんとも、という感じ。
0