編集可能
2011年10月30日

戦後、国産木材が使われなかった価格以外の理由

66
ななリス @nana_lis

"「国産材は外材より高いから売れなかった」と思われがちですが、 現在は国産材の方が安いにも関わらず、外材に依存している状況です。 本書は国産材や製…" http://t.co/Qml1JJFV 国産材はなぜ売れなかったのか 荻 大陸 http://t.co/BDwCheEb

2011-10-29 14:22:24
manasui @manasui

外材に依存しているのは戦後からずっとなので現在になってようやく内材も使われるようになりました。“@br117: "「国産材は外材より高いから売れなかった」と思われがちですが、 現在は国産材の方が安いにも関わらず、外材に依存している状況です。

2011-10-29 14:39:16
ななリス @nana_lis

あれ、そんなもんなんです? RT @manasui: 外材に依存しているのは戦後からずっとなので現在になってようやく内材も使われるようになりました。“br117: "「国産材は外材より高いから売れなかった」と思われがちですが、 現在は国産材の方が安いにも関わらず、外材に依存してい

2011-10-29 14:40:05
manasui @manasui

地元では内材も使われていたのでしょうが、内材は細すぎるので柱一本しか取れないのです。しかし外材は樹齢三桁の材を使うので曲がらない柱が取れるんです。僕の前職は材木の輸入をしていましたが、戦後は外材主体ですよ。“@br117: あれ、そんなもんなんです? RT

2011-10-29 14:44:40
ななリス @nana_lis

なるほど、そういう太い木は戦国時代辺りにあらかた伐採し尽されたんでしょうかね。 RT @manasui: 地元では内材も使われていたのでしょうが、内材は細すぎるので柱一本しか取れないのです。しかし外材は樹齢三桁の材を使うので曲がらない柱が取れるんです。僕の前職は材木の輸入をしてい

2011-10-29 14:47:41
もするさ§( •̀ᴗ•́) @mosurusa_0806

@br117 戦後の植林は樹種の偏りとか良く言われてるけど、明治維新までの乱伐で禿げ山が多かったと言う事を結構スルーしている人は後を耐えない気がします

2011-10-29 14:49:58
ななリス @nana_lis

そんな話も有ったのか・・・ RT @CLONE_P0806: br117 戦後の植林は樹種の偏りとか良く言われてるけど、明治維新までの乱伐で禿げ山が多かったと言う事を結構スルーしている人は後を耐えない気がします

2011-10-29 14:51:09
まようさ @mayousa_desuga

大抵どこの国も、軍艦建造と木炭獲得のために国土全てハゲ山にしちょるイメージ RT @br117: RT @CLONE_P0806: br117 戦後の植林は樹種の偏りとか良く言われてるけど、明治維新までの乱伐で禿げ山が多かったと言う事を結構スルーしている人は後を耐えない気がします

2011-10-29 14:55:17
manasui @manasui

明治時代位までは内材も主体になっていたようですが、台湾を併合した位から寺社材などの高級材として台湾のヒバが使われています。戦後の新興住宅はほとんど外材ですね。“@br117: なるほど、そういう太い木は戦国時代辺りにあらかた伐採し尽されたんでしょうかね。

2011-10-29 14:56:58
もするさ§( •̀ᴗ•́) @mosurusa_0806

@mayousa_desuga 日本の場合は陶磁器製造で伐採が起きてます

2011-10-29 14:57:14
ななリス @nana_lis

戦国時代、大名たちが苦心したのは有事の際の軍需物資の確保だった。なかでも木材、竹は重要で、築城はもとより、武器、武具、柵、旗指物、篝火、戦場での炊事用の薪といったように、戦略・戦術上必要不可欠なものだった。 軍需物資から見た戦国合戦http://t.co/4KWP0zW2

2011-10-29 14:57:26
拡大
ななリス @nana_lis

木材乱獲イメージはこの本かのう・・・

2011-10-29 14:58:29
ななリス @nana_lis

意外と朝鮮半島や満州の木は少なかったんですかねぇ… RT @manasui: 明治時代位までは内材も主体になっていたようですが、台湾を併合した位から寺社材などの高級材として台湾のヒバが使われています。戦後の新興住宅はほとんど外材ですね。“br117: なるほど、そういう太い木は戦

2011-10-29 15:00:33
ななリス @nana_lis

『軍需物資から見た戦国合戦』盛本昌広 いつの時代、どこの戦場でも帳面と算盤が必要なことに変わりなし | http://t.co/I2rpXsd9 http://t.co/KNFaPJ5J

2011-10-29 15:01:03
もするさ§( •̀ᴗ•́) @mosurusa_0806

@br117 日帝36年の暴政の中に「植林」も大罪の内に上げられるほどですから其処からご推察願うしか有りません

2011-10-29 15:04:44
ななリス @nana_lis

日帝ひどい RT @CLONE_P0806: br117 日帝36年の暴政の中に「植林」も大罪の内に上げられるほどですから其処からご推察願うしか有りません

2011-10-29 15:05:35
もするさ§( •̀ᴗ•́) @mosurusa_0806

それを考えると、多くの国を木炭確保のための森林伐採から解放した石油が如何に偉大だったか解ります @mayousa_desuga @br117 大抵どこの国も、軍艦建造と木炭獲得のために国土全てハゲ山にしちょるイメージ

2011-10-29 15:07:02
まようさ @mayousa_desuga

木炭に代わる高温熱源として、コークスの発明&実用化に成功したのはイギリス(キリッ RT @CLONE_P0806:それを考えると、多くの国を木炭確保のための森林伐採から解放した石油が如何に偉大だったか解ります @mayousa_desuga @br117

2011-10-29 15:09:14
もするさ§( •̀ᴗ•́) @mosurusa_0806

@br117 それだけ禿げ山が多かったと言う事でしょう

2011-10-29 15:09:49
manasui @manasui

あまり昔は詳しくないのですが、聞いたことはなかったです。寒い地方は太い木が育たないからだと思います。今は間柱はほとんどシベリアや東欧北欧材が多いですよ。“@br117: 意外と朝鮮半島や満州の木は少なかったんですかねぇ… RT

2011-10-29 15:13:06

コメント

フォン・すー(地頭職) @stk029 2011年10月30日
なるほどねσ(^_^) 元から林業があまり振るわなかった訳かぁ
0
LcK @LcK0812 2011年10月31日
一応弁護すると、細い木は大黒柱用として高値で売れるので、細い木を作ろうとしていた向きもあったのですよ。
0
子ぬこ @konukopet 2011年10月31日
へぇ、知らなかったなぁ そういう経緯があったのかぁ…
0
与太郎(ほぼ本当です。米軍情報。) @Yota_Low 2011年10月31日
ようやく間伐材を使える用途やチーク材に使う動きもある。しかし境界線問題や所有者が放置・間伐のための人手や運搬ルートの問題も多い
0
@kouzanshi 2011年11月2日
値段以外に問題があったのか
0
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2011年11月2日
しかし細いからといって枝打ちや間引きをしないでいると国内産も太くできないので、間引きは必要。しかし間引き材は建材にすらしにくいので利用価値が低く安い。それを割り箸などに加工して商品価値を作っていた。そこに「割り箸やはエコじゃない」騒動。
0
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2011年11月2日
植林されたものに杉が多い理由は「早く育つから」だったと思うけど、乱伐からの回復を急ぐために杉が植えられ、その結果花粉症ががが。杉は放置ででかくなる樹種でもないので人工的な手入れが必要になってくるが、そのコストが間伐材では賄えないなど。
0
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2011年11月2日
緯度が高くなると神籬信仰が、緯度が低くなると岩座信仰が出てきたりするので、緯度が高い=寒いから大木が育たない、ということは一応ないんじゃないかという気はします。屋久島が南にあるから北に大木が育たないイメージがあるだけで。
0
FeynmanLeighton @Feynman_L 2011年11月6日
割り箸は中国問題のほうが大きい気がする。以前は日本産割り箸も一定のシェアを持っていたが、中国が割り箸価格を1/10に下げたので国産や他国輸入物は全滅。中国がシェア100%近くになった途端に中国が値上げした。割り箸がエコじゃない運動が起きたのはその後。これ、最近騒動になったレアメタルと同じパターン。
0
FeynmanLeighton @Feynman_L 2011年11月6日
江戸時代、大きな家には必ず木が植えられていたが、これは景観だけでなく、子孫への財産としての役目が大きかった。数十年~100年経ったら伐採して売ると良い金になったのだ。明治以降はこの習慣は廃れたようで、敷地内に伐採されずに大木が残っている家が多い。
0