2011年11月5日

一国民が考える選挙法改正一案と憲法改正一案

他の人との議論を経て私なりに考えた一案です。 キーワードは三権分立、国民主権、被選挙権の平等、平和主義、文民統制です。 もっと議論して良い案にしたいので、ご意見お待ちしてます。
0
広夢 @scidreamer

選挙方法改正一案(1)選挙の際の費用は政党では無く、個人単位で支給します。各候補者が献金や個人資産を選挙活動に充てる事は認めません。明細書の提出を義務付けられ、違反があれば被選挙権を失います。

2011-11-05 16:09:12
広夢 @scidreamer

選挙方法改正一案(2)国会議員に立候補しようという者は、推薦人を募らなければなりません。たとえば100人の推薦人を立候補の要件とします。これで候補者の乱立を防ぎます。推薦文の公開も義務付け、マニフェストと共に有権者の判断材料とさせます。稚拙な推薦文では候補者は当選出来ません。

2011-11-05 16:10:20
広夢 @scidreamer

選挙方法改正一案(3)ネット、新聞、テレビなど「国営のマスメディア」を設けた上で、候補者は他の候補者とも議論しながら選挙活動します。「一票の格差」は、地方と都市の人口格差を是正する策で解決すべき問題です。東京都というあんなに狭い地域に1300万人も住んでいる事が異常なのです。

2011-11-05 16:16:09
広夢 @scidreamer

憲法改正一案(1)この選挙で内閣総理大臣と国会議員の選抜します。各々の選挙は独立して行われます。そうして選ばれた総理大臣は各大臣を任命、罷免する権限を持ちます。民間、元官僚など成人であれば誰でも大臣として登用出来るようにします。各大臣は同様に幹部を任免する権限を持ちます。

2011-11-05 16:16:45
広夢 @scidreamer

憲法改正一案(2)このように首相と国会議員を分けて選挙する事で、行政と立法を独立させます。これによって責任の所在が明確となります。そして行政主体の官僚が自分達だけに都合の良い法案を通す事を事実上不可能とします。

2011-11-05 16:17:29
広夢 @scidreamer

憲法改正一案(3)国会と内閣にお互いを監視させるため、国会側では衆参両議院で3分の2以上の可決を以て首相を罷免する事が出来ます。首相は衆議院を解散する権限を持ちますが、その際は首相自らも辞任し、選挙で民意を問わなければなりません。

2011-11-05 16:17:44
広夢 @scidreamer

憲法改正一案(4)任期の終了時期が来たり、解散となったりした場合には、それぞれ再び選挙が行われます。選挙で国会議員となった後に国会で政党を作る事は認めますが、次の選挙の際にはその政党を解散しなければなりません。国会の新陳代謝を良くして、時代に合わせた政治を行えるようにします。

2011-11-05 16:18:34
広夢 @scidreamer

憲法改正一案(5)@osakataro22 さんの仰るように、アメリカのように、下級裁判所の裁判官と検察官は有権者が選挙で選びます。又陪審員は有権者から無作為に選びます。これで「司法」の国民主権を実現します。

2011-11-05 16:25:38
広夢 @scidreamer

憲法改正一案(6)最高裁の判決の内容について国民の間で反対の意見が多く見られた場合、その意思を組んだ国会、または首相が国民投票を実施します。その結果如何で国会、または首相は最高裁に再審を請求することができるようにします。

2011-11-05 16:37:17
広夢 @scidreamer

憲法改正一案(7)9条について、「国際平和の希求に向けて、中心となって動く『文民』機関の創設」を明文化します。具体的には「平和省」の創設です。詳しくは動画をご覧ください。http://t.co/OugsD345 この文民機関は常に軍事機関よりも強い権限を有すことにします。

2011-11-05 16:46:36
広夢 @scidreamer

以上、「一国民が考える選挙法改正一案と憲法改正一案」の連続ツイートでした。ご意見お待ちしてます。

2011-11-05 16:49:26

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?