芝村裕吏さんによる新型pomera(DM100)のレビュー

芝村裕吏さんによる新型pomera(DM100)のレビューです。 デジタルメモ「ポメラ」 DM100 http://www.kingjim.co.jp/pomera/dm100/index.html
ガジェット 芝村裕吏 pomera
11
芝村裕吏 @siva_yuri
芝村さん、新型ポメラが発表になりましたがこのガジェットをいかがごらんになりますか? 個人的にはキーボードがストレートタイプになったこと、縦組み表示ができるようになったことでポイントアップですが、芝村さんの評価をお聞きしたいです。 ですか。
芝村裕吏 @siva_yuri
他、多数の人が新pomeraについて芝村に尋ねておられます。(笑) みんなpomera好きねえ。
芝村裕吏 @siva_yuri
さて。今度のpomera、DM100は昔風に言うとモバイルギアです・・・ かつて小説家の友、創作系文章同人誌のバックボーンをささえ、今でも芝村家ではたまに使うアレが、まさか現代で蘇るととはと思うと、日本のあらゆるものをため込んでいく恐るべき国民性を思い知った気がします。
芝村裕吏 @siva_yuri
当然、他国では同様のアイテムは顧みられません。というか、商業ベースになるくらい文章を読む人も書く人もいるというのは、日本くらいしかなかったりします。 出版大国、国民皆知識層と言う国情を良く出したアイテムと言えます。 ということで、新型pomera DM100の紹介をば・・・
芝村裕吏 @siva_yuri
まず。DM100は執筆作業を行う人々の生産性を上げるためのアイテムとして開発されたテキスト入力機です。 文章を書く人の生産性を向上させるために生まれてきました。そう言う意味で、動画再生などは生産性を下げるのでありません。
芝村裕吏 @siva_yuri
今回のpomera DM100は、客の言葉から生まれたハードウェア&ソフトウェアから成るpomeraです。 そう言う意味では開発者のこだわりと割り切りから生まれたDM10とは全然違いますね。 まこと日本的な…言い方を変えると日本的なダメな部分を満載した、それゆえ優れたアイテムです
芝村裕吏 @siva_yuri
日本の商品開発で良くあるのですが、客の意見を聞きすぎた結果、イノベーションにこけるケースが良くあります。 このDM100はまさにそんな感じです。 割り切りがハードコンセプトなのに、今回あれこれくっつけてしまってます。
芝村裕吏 @siva_yuri
DM100は機能の追加を行った結果、2万円の七インチアンドロイドタブレットの二倍近い価格でそれ以下の汎用性という、いかにも日本然とした日本的商品になっています。良くも悪くもです。
芝村裕吏 @siva_yuri
ただし・・・DM100は客の声を細かく聞いて作られていまして、そう言う意味ではみんなの望んだ理想で実用的なpomeraでもあります。 ここがよい点。一言で言えば円熟したプロダクトです
芝村裕吏 @siva_yuri
まあ、行き着く先が理想のpomera=超高いiPadの外付けキーボードというのは、ある意味感動的な倒錯のしかたというか、末期的兵器開発の末路を思わせる、デザインですね。
芝村裕吏 @siva_yuri
これだったら買うのにと、客の言う事を聞いてNICOCA配列にしたのはいいものの、そのコストはNICOCAに縁のない人にもかかってくるわけで、そう言う意味では今回のDM100は、少なからぬ人にとって割高なプロダクトであり、使いこなせない機能はいらないからスタートしたのを捨ててます。
芝村裕吏 @siva_yuri
と。ここまでネガティブな事を書きましたが、ここからが本番よ。 一応きちんと論評しないとレビューとは言えないので。 ということで。ここからはpomeraファンであり、pomeraで年間500万円以上稼いでいる私からみた、DM100の褒め言葉です。
芝村裕吏 @siva_yuri
まず。今回のpomeraDM100は、モビルスーツでいけばドムです。 モビルスーツというジャンルを切り開いたが試作品的DM10(ザク1)、それを改良したDM20(グフ、もしくはザク2)、廉価版DM5に続く、ある意味決定版です。
芝村裕吏 @siva_yuri
戦火の洗礼を受けて多数の戦場の声を聞いて開発された、初の実用型実戦量産モデル。それがDM100です。 これまでの運用データを元に、問題点の数々を改修してあり、 無駄につっぱりすぎた=とんがった部分を落としつつ、実用性をあげてあります。
芝村裕吏 @siva_yuri
DM100,改良のポイントは蛮用下での生残性の向上と、チャンスロスの縮小。そしてエースパイロットたちが絶賛する操作系の投入。です。分かりにくいので順番に説明します。
芝村裕吏 @siva_yuri
生残性の向上:旧DM10では折りたたみ変形機構のために機体がやわであり、電車で使うなどの蛮用をまったく想定していませんでした。 これが変形機能なしの剛性の高いモデルになり、暗いところでも使えるようバックライトも装備、さらに電池も単三に強化され長時間運用可能になりました
芝村裕吏 @siva_yuri
というか。立って使うなよとか,電車でキーボードマシン使うなやとか、暗いところで作業すんなよとか、いろんなツッコミがありますが、そう言う蛮用を行うユーザーにとって、これらの改良は大変な意味があります。 これでもう、どこでもpomeraだ!
芝村裕吏 @siva_yuri
代わりに、現実的な形式にしたせいで、DM100は多少かさばるようになりましたが、実用性や故障から考えると、意味のあるバーターであると思います。
芝村裕吏 @siva_yuri
次にチャンスロスの削減です。 pomeraは単機能であるがゆえに、辞書を引いたり、暗くなったときに灯をつけにいったりで、興が削がれることがままありました。 で。今回DM100ではこれらを最低限ながら本体に入れ、やる気が削がれる頻度の削減を行っています。
芝村裕吏 @siva_yuri
多機能化しすぎると、他の機能で遊んでしまうのが人間なので、DM100の最小限の機能追加は、ある意味有用だと思います。 同様な経緯で追加された二画面編集機能は添削や推敲をする人には大変便利です。画面も大型化もポイント高いですね。
芝村裕吏 @siva_yuri
そして最後のpomeraDM100の改良点。 エースパイロットの帰還です。親指シフトというかNICOCA配列を今回入れ、これに伴い数字キーなども押しやすく拡大されています。 メーカーとしてみると、これと画面の大型化で、往年のエース達が大勢戻ってくるのを期待してます。
芝村裕吏 @siva_yuri
七月さん、や 鈴木銀一郎さん など、作家では親指シフト愛用者が多いので、彼らと再び同じマシンを使うっていうのは、機械のイメージ、あるいはおまじない的な意味で、とてもいいと思いますね。
芝村裕吏 @siva_yuri
池波さんにあこがれて高い万年筆を買った人が過去たくさんいたように、これから文字で勝負しようと言う人にとって、あの人達が使っていたpomeraというブランドは、それはそれで企業的にもユーザー的にも意味があると思います。
芝村裕吏 @siva_yuri
そう言う意味で今回のpomera DM100は、変形機構がない面白くない、だが非常に優秀なpomeraです。 縦書きも含めて実用性で言えばこれまでで最強の機材ですね。
芝村裕吏 @siva_yuri
文章を生み出さぬ、(ただ消費するだけの)消費者として見るとpomeraDM100は高いだけのアレなマシンですが、 消費を上回る文章を生み出すと言うライター/クリエイターとしてこのマシンを見ると、実用品として円熟し、目の負担少なく年間幾ばくかを確実に稼げるマシンです。
残りを読む(13)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする