カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

DPCがもたらす緩和ケアへの悪影響。患者も病院も被害者。 

DPC拠点病院の癌の緩和ケアの現状を患者と病院の立場から議論しています。日本にTPPが導入されるとこういうことが、日本中のあらゆる病院で起きてくるでしょう。日本から良心的病院のなくなる日も近い?
医療 健康 末期癌 TPP 病院の赤字 拠点病院 緩和ケア 急性期拠点病院 DPC
38
井上うさぎ @usaraba
心臓、肝臓、肺の様々な症状のすべてを「手遅れの転移した癌」のせいにし、別の病気が原因で現れている症状に対し原因解明も正しい治療もしようとしない「自他ともに認める”優秀”な化学療法医」が私の主治医です。病院に赤字を出さないことにかけてはピカイチの腕なんだと思います。#DPC拠点病院
@doctoriken
@usaraba まずいじゃないですか…。
井上うさぎ @usaraba
@doctoriken そんなことつぶやくとまずいですか?
@doctoriken
@usaraba じゃなくて、そんな状態で信頼できない主治医との時間を過ごされているのが、『まずいじゃないですか』
井上うさぎ @usaraba
@doctoriken もうどうせ他の病院に移されます。長くてあと2日でしょう。
@doctoriken
@usaraba そうですか…。気のきいたことが言えなくて、ごめんなさい。せめて、次の病院では、ゆっくり話を聞いてもらえるスタッフがいることを願っています。
井上うさぎ @usaraba
@doctoriken ありがとうございます。今の病院は末期癌で治療法がなくなった患者をそこに送るだけで、フィードバックはしてないようなので、スタッフに聞いても誰もどんなところか知らなくて、不安ではあります。よい病院、よいお医者様に当たるよう私も祈るばかりです。
@doctoriken
@usaraba お話を聞かせていただいてありがとうございます。うちの病院も近いことをしているので、肝に命じたいと思います。退院支援のナースや在宅の先生、はたまたご遺族がよく、どういう時間を過ごされたかを知らせてはいただけますが…患者さんに詳細をお伝えできるレベルかどうか…。反省
井上うさぎ @usaraba
@doctoriken 了解です。私の経験が少しでも多くの患者さんの最後の時間を充実したものにしてさしあげるのに役に立つなら喜んで情報提供いたします。よいことも悪いことも隠さずお伝えするようにします。お目に停めていただいてありがとうございました。嬉しかったです。
井上うさぎ @usaraba
@doctoriken ちょっと誤解してたかも知れません。先生の病院は送り出す側なのですね?そして送り出す側が情報として何を提供すれば患者さんや家族が不安にならずに済むかをお知りになりたいのですね?
@doctoriken
@usaraba そうなんです…すみません。
井上うさぎ @usaraba
@doctoriken わかりました。熱があがってきたので、今からちょっと休みますので、明日(ってもう今日ですが)ツイートします。お休みなさい。
@doctoriken
@usaraba おやすみなさい…。
井上うさぎ @usaraba
@doctoriken ありがとうございます。さて、お約束通り「患者・家族から見た医療連携への希望」ツイートまいります。
井上うさぎ @usaraba
「患者・家族から見た医療連携への希望」(思いつくまま連続ツイート)1)まず今かかっている病院からもう打つ手がありません、と言われた時、患者・家族は「見放された」と感じる場合も多いと思います。主治医やスタッフとの関係にもよりますし一概にすべてそうだとは言えませんが…。
井上うさぎ @usaraba
やべぇ。眠くなってきちまった…。
井上うさぎ @usaraba
「患者・家族から見た医療連携への希望」(思いつくまま連続ツイート)2)治療できない患者を1日でも置きたくない病院の事情は分かりますが、患者、家族、友人が死を受容するのはある程度時間が必要。受容できないうちに転院の手続きを進めてしまうのは「見捨てられ」感を強くすると思います。
井上うさぎ @usaraba
@doctoriken すいません、連続ツイート始めたんですが眠くなってきてしまって…。発言は私のタイムラインで拾ってください。この続きは夜中にでも書きます。ごめんなさい。
@doctoriken
@usaraba おやすみなさい…。慌てなくていいですよ…。
井上うさぎ @usaraba
「患者・家族から見た医療連携への希望」(思いつくまま連続ツイート)3)移転先の緩和ケアの病院情報ですが、SWさんが持ってくるのは、患者でもネットで簡単に調べられるような貧弱な情報とどういう部屋がいくらという料金表だけ。これではまったく転院先の病院がどんなところか想像がつかない。
井上うさぎ @usaraba
「患者・家族から見た医療連携への希望」(思いつくまま連続ツイート)3)(続き)「提携病院」を謳うのであればせめて病院全体の写真や個別の部屋の写真を写してアルバムにして患者や家族に見せるべきではないか?葬儀場だって今はもっとまともな情報がある。
井上うさぎ @usaraba
「患者・家族から見た医療連携への希望」(思いつくまま連続ツイート)3)(続き)そんなこともしないということは、やはり人前に写真を出すことができないほど、オンボロ病院なのか?ということは緩和ケアなどと耳障りの良い言い方をしているが、実は姥捨て山なのではないか?
井上うさぎ @usaraba
患者・家族から見た医療連携への希望」(思いつくまま連続ツイート)3)(続き)これではナチスのアウシュビッツとやり方が同じではないか?と、思ってしまう。
井上うさぎ @usaraba
@doctoriken 続きをつぶやきましたのでお知らせしておきます。かなり勝手なことを書いております。
@doctoriken
@usaraba 緩和ケア病棟という概念や加算は、まだ導入されたばかりで、同時に急性期病院などいう枠組みも作られました。もともと、標準的な医療を安全に行うには、かなりの費用がかかり、採算をとんとんにするのにも四苦八苦しています。厚労省からの保険点数改正は、つねに政策的誘導が(続)
残りを読む(53)

コメント

nicoca @nicyoka 2011年11月11日
これは注目すべきまとめ。マスコミが注目しない「もう一つの癌難民」の姿がここにある。
源氏星 @genjibosi 2011年11月11日
「癌難民」というと、ドラックラグなど積極的な最先端治療を受けられないことを言うのだと思いますが、積極的な治療の段階を過ぎた終末期の患者が、受け入れてくれる施設もなく、癌以外の病気の治療も受けることができないというこのまとめのような状況こそ「難民」の言葉が相応しいのではないかとおもいます
源氏星 @genjibosi 2011年11月11日
ドラックラグの問題も、たしかに重要だし、急がれるべきです。しかし、こういう「もうひとつの癌難民」の現状もまた、もっと注目されるべきです。しかし、この問題にきがついた本人には、訴える力も時間もない。この現状を知っている誰かがつなげていかなければ、いつまでも変わらないでしょう。出来るだけ多くの人の目に、このまとめがとまりますように
井上うさぎ @usaraba 2011年11月11日
ありがとうございます。浪人ジャーナリストとしての最後の仕事と思って、力の残っている限りつぶやき続ける所存です。同じような思いをしている患者さんや家族は、大勢いるはずですし、原発による放射能汚染の程度によっては、これからますます増えてくるはずだからです。黙っていては何も変わりません。私はもう死んでしまうので、名誉毀損で訴えられる心配もなく、思ったことをつぶやけるのが、私の唯一最強の武器です。
源氏星 @genjibosi 2011年11月11日
はじめまして、私は関西でメディ・カフェ@関西という医療について色んな立場の人がざっくばらんに語り合う場を企画しているものです。ちょうど、この「もう一つの癌難民」の問題にと取り組むと決めたところでした。是非、お疲れのでない範囲でここで思いをお聞かせください
nicoca @nicyoka 2011年11月11日
常々まとめ主と同じ問題意識を持っていたが、患者側と同じ想いだったと知り、嬉しく思う反面、問題の根の深さに、暗澹たる想いもありますね。これは何とかしなければならない。個人レベルでは幾つか策を持っていて、実行してもいるのですが。
nicoca @nicyoka 2011年11月11日
日本人の約1/3が癌で死ぬ。にもかかわらず、まとめ主と同じ悲しく悔しい思いをする人が後を絶たない。ドラッグラグや高度医療の問題には注目しても、良質なケアには見向きもしないマスコミ。そして医療者。
nicoca @nicyoka 2011年11月11日
医療者こそ、このまとめを括目して見るべき。鳴くや悲しも、其の言や善しと言うではないか。
nicoca @nicyoka 2011年11月11日
病に苛まれながらも、医療環境を正確に理解しうる知性。血を吐くようなtwt。読まずばいられないはず。斯界に関心ある医療者ならば。
井上うさぎ @usaraba 2011年11月11日
多数のコメントありがとうございました。「患者・家族から見た医療連携への希望」(思いつくまま連続ツイート)は、まだ4)が続きます。勝手なことをつぶやきますが、私が本当に批判しているのは病院ではなく、国と厚労省であるということを基本的に頭に置いて読んでいただければ、幸いです。
井上うさぎ @usaraba 2011年11月11日
身勝手なツイートその4を追加いたしました!
情報マニア @yes_peace 2011年11月12日
ツイートを続けてくださり、ありがとうございます。このまとめを読んで、末期がんのおじがなぜ病院の「たらいまわし」にあったのかよくわかりました。また、病弱のおばは、まさに「極限状態で看護を続け」ておりました。本当に多数の患者と家族を代弁してくださっていると思います。そして、国・厚労省の政策や責任に無知な私には、自分の家族の経験をそれと関連づけて考えるのはとても勉強になります。その意味でも、usarabaさんのご努力に感謝いたします。
井上うさぎ @usaraba 2011年11月12日
ありがとうございます。どこからもお声のかからない「自称」ジャーナリストとしての最後の仕事です。マスコミでは7年間お仕事いただいて働きました。そろそろ信頼を得たので自分の企画で本当に書きたい記事を1年間で3本ほど作ったら、あっという間に所属事務所ごと契約を切られました。この連続ツイートは、いつまで続くかわかりませんが、頑張ります。
井上うさぎ @usaraba 2011年11月17日
下痢やら高熱やら咳やら浮腫やら3日間続いて、復活できませんでした。こちらは、まだ生きております。内容更新しましたので、よかったら御覧ください。
井上うさぎ @usaraba 2011年11月21日
命を賭してtweetしてもあまり反応がないのは悲しい。私は緩和ケア病院に移されたが、緩和ケアとは名ばかりのほったらかし病院だった。
Sirius☆彡 共謀中一般人 祈ります @sitesirius 2011年11月21日
究極的には、この問題は、個と組織との問題なのか… 非常に個人的な、生き死にの問題と、社会と言われる集団のシステムとの関係。いま自分の考えが及ぶのはここまで…。
おのりん@どりくら @onoring 2011年11月21日
緩和ケア情報に紹介させていただきました。http://www.facebook.com/PCUinfo
井上うさぎ @usaraba 2011年11月22日
ありがとうござます。今まさに現場で起きていることが、緩和ケアを考える皆さんの元に伝われば幸いです。
井上うさぎ @usaraba 2011年11月22日
3日間ほったらかしだったのは、本当だがそれは私の情報がまだ揃わなかったからかもしれない。今主治医とはじめて話した。在宅ケアを立ち上げて、なるべく家に帰れるようにしている、とのこと。希望が少し持ててきた。
井上うさぎ @usaraba 2011年11月23日
これが多分最後の更新になります。緩和ケア病院に引っ越してきてから拠点病院にいたときのことを振り返って思ったことです。多分私のいた病院が特別おかしいのだと思います。重ねて言いますが、みなさんの病院が全部こんなだとは、もちろん、全然思っていませんからね。
Hideo Nagasawa @ZoroNaga 2011年12月7日
usarabaは12月5日午前4時10分病院にて、永眠しました。夫ZoroNagaが看取りました。皆様の温かいご支援頂き、本当にありがとうございました。7日午後6時から友達が集まって通夜をおこないます。繰り返しますが本当にありがとうございました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする