Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2011年11月18日

11月12日平松vs橋下公開討論を見て ~所感とディスカッション

11月12日平松vs橋下公開討論を見ての所感とディスカッション。 【関連まとめ】「都会」としての大阪の成長戦略と改革へのリアクション http://togetter.com/li/214801
3

【11月12日公開討論を見て】

長野テル@日常専用 @naganoteru

11月12日の平松、橋下公開討論をYouTube視聴中。http://t.co/dVgmCIhL 平松さん、公開処刑されちゃってるな。何を言ってるのかもよく分からないし、分かりやすいうえに的確な橋下さんの議論に完璧に論破されちゃってる。まあ、見た人が判断すればいいと思うわ、これ。

2011-11-17 05:49:38
拡大
長野テル@日常専用 @naganoteru

「橋下氏は百年に一人でるか出ないかの人物だと思います。普通­の人間ではこれだけ批判されたら出来ないです。この人が凡人なら­誰も着いて行かないです。一言で言えば、人間の魅力です­よね。政治家としての覚悟のレベルが違いすぎます」ユーチューブ、公開討論へのコメントから。的確だと思う。

2011-11-17 05:25:33
長野テル@日常専用 @naganoteru

平松さんの言う「大都市政策」が放置自転車対策と宗衛門町の街並み整備って。。マジで、池田市や守口市レベルの発想やん。しかも、その射程は大阪市内だけだから、空港や高速整備には興味がないという。誰かが言ってたんだけど、この人、特別区長だったら適任だったんじゃないかなと思うわ。

2011-11-17 05:59:35
長野テル@日常専用 @naganoteru

橋下氏「保育所の待機児童は、政令指定都市だからこそ多いんです。大阪では、大阪市と堺市以外には、待機児童はいないんです。なぜか。規模が大きすぎるからです。10万人、20万人の規模の町に選挙で選ばれた責任と権限を持つ首長がいれば、きめこまかく対応できるんです」

2011-11-17 06:04:27
長野テル@日常専用 @naganoteru

ぼくらの耳には、平松さんのいう「大阪市を守る」「大阪市のために」は「大阪市役所を守る」「大阪市役所のために」としか聞こえないのだけど、この人は、もしかしたら、純粋に行政区域としての大阪市のまとまりに愛着を感じてるのかもしれないな。まあ、感情論としては理解できなくはないけど。

2011-11-17 06:13:06
長野テル@日常専用 @naganoteru

「二重行政がムダを生んでいるわけではない。二重行政を解消したところで浮いてくる財源はたいしたことはない」という平松さんの主張はそのとおりだと思う。効率化という点では、むしろ、大阪市の高コスト体質に切り込むことが大切ではないかと思う。

2011-11-17 06:27:43
長野テル@日常専用 @naganoteru

まあ、なによりも、大都市としてどう稼いでいくかといったときの射程が、狭い大阪市域だけという体制は中途半端だわ。空港や高速や私鉄には興味ないけど、市域内の地下鉄には興味があるってなんやねんっちゅう。問題は二重行政というより二元行政だし、大都市戦略の担い手としての規模の適正化。

2011-11-17 06:33:08
長野テル@日常専用 @naganoteru

しかし、橋下さんが言ってることはいつもと同じことだというのに、なんで平松さんは、それに対する有効な反論を準備しないまま討論に臨んできてるんだろう。と素朴に疑問に感じるよな、これ聞いてたら。あれ以上の反論がないのかもしれないけれど。

2011-11-17 06:38:30
長野テル@日常専用 @naganoteru

「3か月任期を残したぼくを無責任だと批判しながら、半年だけ市長をやって3年6か月の任期を残した倉田さんと連携するってのはどういうことですか」と橋下氏。ほんまやね。

2011-11-17 06:40:09
長野テル@日常専用 @naganoteru

「大阪市立大学と大阪府立大学の統合。お金の問題としてやろうというのは嫌やと私は言いました。大学には、歴史も知識も研究も蓄積がある」と平松氏。これは一理あると思う。

2011-11-17 06:43:59
長野テル@日常専用 @naganoteru

「お互いの人物について嫌な点は」と司会者。橋下氏「私はありません。お互いにポジションがあって対決をしているだけですから」、平松氏「私は独裁に対して本当に危惧しています。白か黒、敵か味方かという考えはいただけません」。

2011-11-17 06:49:20
長野テル@日常専用 @naganoteru

橋下氏「ぼくは、徹底して議論をします。槙尾川ダムの件についても部局と議論を尽くした結果、建設中止を決断しました。けれど、議論を尽くしても決まらないことがある。大学の件も、お金だなんだを理由にいつまでたっても統合に向けて進んでいきません。そういうことには、最後は英断がいるんです」。

2011-11-17 06:52:47
長野テル@日常専用 @naganoteru

「4年後、ぼくは大阪都知事になるつもりはありません。大阪が世界と戦っていける体制を整えて、次の世代に譲っていきます」と橋下氏。今からすでにさみしい感じすらするわ。ほんと、100年に1人の逸材だと思うわ、この人。

2011-11-17 07:01:49
長野テル@日常専用 @naganoteru

「政策にほとんど違いはありません。ですから、今回の争点は体制の問題なんです」と橋下氏。考えてみればそのとおりなのだけど、ツイッターではなぜか想像で「維新になったら福祉切り捨てになる」という前提で政策論(というか一方的批判)がなされてるな。

2011-11-17 07:04:33
長野テル@日常専用 @naganoteru

たしかに、どちらかが小さな政府どちらかが大きな政府だとか、どちらかが福祉重視どちらかが経済重視だとか、どちらかが財政再建どちらかが財政出動だとかってわけじゃないんだよな、実際。ここまで分かりやすい争点なのだから、それに基づいて判断するべきだと思うな。

2011-11-17 07:07:16
長野テル@日常専用 @naganoteru

「大阪市長」の果たすべき役割のイメージを転換させたのは、橋下さんの大きな功績のような気がするな。日本では、「市長」っていうと、学校にプールを作るとか、道路の補修をするとか、そういった生活面のことをする人ってイメージがあったもんな。平松さんって、そのスコープの人なんだよな。

2011-11-17 07:32:06
長野テル@日常専用 @naganoteru

以上が、11月12日の平松、橋下公開討論の所感でした。もう一度、YouTubeのURLを載っけておきます。 http://t.co/dVgmCIhL #維新 #大阪

2011-11-17 07:11:05
拡大

【ディスカッション】

編集プロダクションG @akurahaksuk

御意。RT @gobabone: 今回の大阪市長選挙、一番心配なのが開票するのが大阪市役所なとこ。今まで役所を敵に回した勢力ってなかったので不正をする前例がないけど、橋下氏vs平松氏の票を開票するのが平松氏の超身内である大阪市役所なら不正くらい平気でやりそうなんだよなあ。

2011-11-15 18:56:25
長野テル@日常専用 @naganoteru

さすがに、大阪市が選挙の開票に関して不正をするというのはないとは思うのだけど、市民にそう疑わせてしまうほどの体質については、やっぱり問題だと思う。地下鉄民営化に反対して選挙期間中だけ値下げはするわ、CMは流すわ、タウンミーティングと称して公費で平松さんの選挙活動をするわ。。

2011-11-17 05:07:39
長野テル@日常専用 @naganoteru

実際、市役所が補助金を出している地域振興会がせっせと平松さんの集票に動いてるし、その地域振興会ときたら、市役所OBの天下り先。まあ、世間の常識をはるかに凌駕した組織、利権維持のための政治活動に出てるのは事実だからなあ、大阪市は。

2011-11-17 05:10:39
Yscj @ysitter

中田宏氏の政治家の殺し方でも述べられたとおり週刊誌等から嫌がらせを食らっている。既得権益を切るとああいう目に遭う。一方の平松氏はなぜか週刊誌で叩かれてないねぇw。改革が足りない証左? @naganoteru RT 普通­の人間ではこれだけ批判されたら出来ないです。

2011-11-17 06:26:48
長野テル@日常専用 @naganoteru

一般論としては、そのとおりでしょうね。システムをいじると必ず傷をつく人がいるのでどうしても批判にさらされちゃう。RT @ysitter 週刊誌等から嫌がらせを食らっている。既得権益を切るとああいう目に遭う。一方の平松氏はなぜか週刊誌で叩かれてないねぇw。改革が足りない証左?

2011-11-17 07:19:07
長野テル@日常専用 @naganoteru

大阪市のGDPはギリシャとほぼ同じ。フィンランドやマレーシア、香港、シンガポールより大きい。大阪府のGDPはその倍。スイスやベルギーやスウェーデン、台湾やサウジアラビアよりも大きい。京阪神大都市圏にいたっては、韓国より大きい。普通に権限移譲せえよと思うわ、霞が関から。

2011-11-17 04:05:09
残りを読む(43)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?