Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2011年11月26日

ライスのアニメ感想:#129 輪るピングドラム(20)

輪るピングドラム20話感想です。 晶馬と陽毬の小さな恋のメロディ。 巡り巡る運命の輪は一体、どこへ行き着くのか。
5
テリー・ライス @terry_rice88

輪るピングドラム#20 「選んでくれてありがとう」 怒濤の回だった。林明美絵コンテ、演出&作画監督回、原画陣もほぼ9割が女性ということもあって、非常に繊細な作りのエピソードだったように思われます。雪のように静かで、深々と心に迫る回だったというか。

2011-11-26 11:25:49
テリー・ライス @terry_rice88

これはピンドラではなく、現実の話ですが新聞や各種メディアでなんでも最近、16年前の事件を知らない人々がオウムだった団体に入信するという事象が増えてきているそうですね。元々シンクロしてたと思いますが、なんというか時代性を帯びてきてますね、ピンドラ

2011-11-26 11:32:19
テリー・ライス @terry_rice88

えーと、時系列的には両親の失踪以前の話でしたね。まだあの高倉家の家で暮らす以前の話、か? あの家で暮らすのはアジトがガサ入れされて、逃亡&潜伏した後だろうと推察されますので、この時点では冠葉とも「家族」ではなく、彼は「夏芽家」の一員だったんだろうかと。

2011-11-26 11:42:14
テリー・ライス @terry_rice88

今回は晶馬と陽毬の出会いにエピソードの多くが割かれていたわけですが、その中でもピングフォース改め「企鵝の会」の描写の端々や陽毬のモノローグ、こどもブロイラーの描写など、今まで語られてきたことがだんだんと繋がってきている感じでしょうか。あの作品内世界を取り巻く環境というのが明らかに

2011-11-26 11:44:54
テリー・ライス @terry_rice88

特にこどもブロイラーが企鵝の会にも及ぶ事の出来ない機関だったというのが非常に大きなポイントだったように思いますね。つまり作品社会の一つに組み込まれている環境にしか過ぎないわけですが、見てる我々は非現実的と受け取りながら現実の状況に置き換えてみてしまっている。これは凄い事だと。

2011-11-26 11:50:20
テリー・ライス @terry_rice88

15話で苹果による運命の「乗り換え」が明らかになり、ゆりは実際、乗り換えたわけだけどそのときの状況の変化は見ている皆さんは覚えていらっしゃるでしょう。「タワー」が「東京タワー」に変わったあの状況を。おそらくはこどもブロイラーも同じような道具立てのような気がします。

2011-11-26 11:53:19
テリー・ライス @terry_rice88

そして依然としてこどもブロイラーは陽毬たちのいる世界に「存在」し続けています。となると、今後、高倉家の「誰か」が運命を乗り換えた時、こどもブロイラーは消えていくのかもしれません。しかし、その代償を誰が払うのか。完結に向けての注目点のように思えますねえ。

2011-11-26 11:57:30
テリー・ライス @terry_rice88

とはいえ、眞悧の戦争が始まる発言や真砂子の父親がやろうとした事、かえるくん、東京を救うというキーワードが未消化なのでそこら辺が展開されるのかなと言う気がします、正直、今後の予想は無意味でしかないかもしれませんねえ。何が起こるか想像を巡らせるのはいいかもしれませんけども。

2011-11-26 12:02:24
テリー・ライス @terry_rice88

今回の20話を見終えた直後に呟いたとおりに「小さな恋のメロディー」や「卒業」といった、無垢で青いストーリーの行き先のその後の世界であるような感じがしましたねえ、ラピュタのパズーとシータがその後どうなったか描かれないのは無責任じゃないかと言っているようなエピソードだったようにも。

2011-11-26 12:07:24
テリー・ライス @terry_rice88

物語はその長短はあれども、人生の一瞬を切り取ったものである事は間違いないわけで、ピンドラにおける高倉兄妹の数奇な人生(運命と置き換えてもいいですが)の行き着く先がどうなるか、刮目して待ちたいですね。

2011-11-26 12:11:41
テリー・ライス @terry_rice88

セカイ系って恐らく人生におけるセンシティヴな一瞬(時期)と世界の危機や命運を握るギリギリの状況が重なって、ドラマティックな相乗効果を生み出す構造の事をいうのかもしれないなあ。なんだかんだで世紀末論の一つなのかもしれないですね。

2011-11-26 12:15:42
テリー・ライス @terry_rice88

とはいっても、時代はもう21世紀で既に世紀末じゃない。いい加減ノストラダムスの予言やマヤ文明の予言などの世界終末論なんて漠然とした不安と戦うのは止したらどうか、っていう提言なのかもしれないなあ。ピンドラの言っている事は目の前の不安や状況に立ち向かえってことなのかもしれない

2011-11-26 12:18:49
テリー・ライス @terry_rice88

だから最終回で高倉家の誰か、もしくは全員がこどもブロイラー、ペンギンたちもモノレールな地下鉄でもない、我々の住む世界そっくりそのままの世界に「乗り換えてきて」もなんら不思議じゃない感じがするなあ。むしろ納得されられちゃうかもしれない。

2011-11-26 12:23:24
テリー・ライス @terry_rice88

しかし18話辺りからホントに確変しっぱなしですごいなあ。いや、それ以前も十分に面白いですが。これから先一体何が起こるんだろうか……。てか、放送が終わるの、年内か…。なにもなければ関東は12/23が最終回、関西はその前日の12/22。間違ってたらすみません。

2011-11-26 12:30:04
テリー・ライス @terry_rice88

と言うわけで残り一ヶ月で放送が終わります、本当にこの先が気になりますね。さて、陽毬は捨てられた子と考えるのが正しいと思うんですが、そこら辺に眞悧が関わってるのかなあとも思わなくないですがどうなんでしょうねえ。というか、眞悧の腹の内はなんなのか。

2011-11-26 12:33:10
テリー・ライス @terry_rice88

企鵝の会の代表のような気もしますし、作品の全てに糸を引いている人物のようにも見えますしね。今回の陽毬との会話を見てるとなんとなく親子のように見えなくもないですし・・・。

2011-11-26 12:36:41
テリー・ライス @terry_rice88

あと苹果。彼女は晶馬の話を聞いてどう行動を起こすのか。彼女だけは運命を信じている。晶馬の支えとなるのか、それとも…。あるいは多蕗とゆりに接触して何かやるような気もしますね。

2011-11-26 12:40:30
テリー・ライス @terry_rice88

プリクリ様と陽毬の関係もあんまり見えてないのでそこら辺も注目…って多いな!冠葉も冠葉で表情が悪堕ちしてるし、三兄妹の「擬似家族」は崩壊状態だし、真砂子は真砂子で重度のブラコンが発覚するし……話纏まるのかなあ。あんまり不安視はしてないですけども。

2011-11-26 12:44:48
テリー・ライス @terry_rice88

けれど、今回の選ぶ/選ばれないのモノローグとか生きること自体が罰とか、言葉は使ってないけど、偶然は必然であって、それを人は「運命」と呼ぶんだろうなあ。今回のサブタイトルもある程度必然を持って生まれたもののように感じますし。

2011-11-26 12:47:23
テリー・ライス @terry_rice88

だって、最初の人間が知恵の実とされる林檎を食べて、楽園から追放されるのもなるべくしてなった、「運命」なんだろうし。人はそういう業を背負ってる存在であると言うのは聖書等で語られている通りで、それをフィードバックしてるのがピンドラの「家族」、引いては「社会」の問題なんだろうなと。

2011-11-26 12:51:12
テリー・ライス @terry_rice88

結局の所、「絶対運命黙示録」ってことなんだろうなあ。ピンドラは積極的に「運命」という言葉を使わず、フレーズ的に要所要所で使ってるけど、全てはウテナのあのフレーズにたどり着く気がする。

2011-11-26 12:56:56
テリー・ライス @terry_rice88

そして「輪廻~revolution」「truth」「バーチャルスター発生学」「時に愛は」「フィアンセになりたい」なんだろうと。やっぱり作風がブレないのは凄い事だ…

2011-11-26 12:58:11
テリー・ライス @terry_rice88

なんだかんだ言ってきましたが、やっぱり晶馬と陽毬の出会いは胸に迫るものがありました。冠葉は報われる事のないまま、その愛を陽毬へ捧げるのでしょうか? そういうことを思いながら、今回の感想は締めたいと思います。早く、次回を……! それでは。どうもありがとうございました。

2011-11-26 13:01:24

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?