Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

ライスのアニメ感想:#130 輪るピングドラム(21)

輪るピングドラム21話感想です クライマックスに向けての前哨戦といった感じ 高倉家崩壊、彼らの運命の行き着く先は…? ここまでがBD/DVD7巻収録内容でした
3
テリー・ライス @terry_rice88

輪るピングドラム#21 「僕たちが選ぶ運命のドア」 ここまでがBD/DVD7巻収録内容。いよいよ残り三話。最終章に向けての下ごしらえは整ったか。

2011-12-03 11:17:07
テリー・ライス @terry_rice88

今回は開示された情報が多すぎたわけですが、ともかく話は冠葉を運命から救う話になってきてるのかな? 陽毬は冠葉を救うために真砂子と共闘関係になり、晶馬は擬似家族の崩壊をかみ締める。苹果は今のところ、泳いでる感じで、多蕗とゆりは驚天動地な展開に。

2011-12-03 11:22:31
テリー・ライス @terry_rice88

そして眞悧は時代の亡霊と化したわけか。いや宗教的に捉えれば、解脱した状態とも取れるかな。桃果に邪魔をされたから、中途半端にぶら下がっている存在なのかもしれないけども。この期に及んで陽毬の主治医だった鷲塚先生と眞悧の繋がりが生まれるとは思わなかった。

2011-12-03 11:24:50
テリー・ライス @terry_rice88

ある程度予測はされてたけど、高倉家両親の剣山と千江美はやはり、と言った印象。問題はなぜあの場所にいたということだろうなあ。冠葉が直接手を下したのかそれとも人質にとられて、みたいな展開なんだろうか。どっちにしても業が深い気はする。

2011-12-03 11:29:28
テリー・ライス @terry_rice88

企鵝の会が16年前の事件以上のことを企んでいるとするならば、それは一体何が起こるのか。そこで三兄妹はどう行動に出るのかというのが今後の展望かなあ。そこへ真砂子や苹果がどう関わってくるのかが鍵となってきそう。

2011-12-03 11:34:29
テリー・ライス @terry_rice88

特に苹果はここ数回、陰に隠れてるから注目しておきたい所だなあ。晶馬サイドでなにかありそうですね。それとすっかり忘れているけど、マリオの件もなにかしら解消される事を祈りたいですねえ。

2011-12-03 11:39:45
テリー・ライス @terry_rice88

今回はクライマックス前哨戦といった感じなので、さあ、これからどうなる?というのと今までの確認事項と+α、新情報といった内容だったの展開については言えることはあんまりないと思いますが、つらつらと語って行きますか。

2011-12-03 11:48:45
テリー・ライス @terry_rice88

今回の最後のシーンで家族に失敗した発言が出てくるけども、高倉三兄妹の家族も事実上、崩壊した。しかしそれは幻だったんだろうか?というのがネックかなあと。第一話で陽毬は朝食を終えての一家団欒を「幸せ」だと言っていた。翻って、あの「幸せ」は幻だったのか?という事にもなる。

2011-12-03 11:57:53
テリー・ライス @terry_rice88

もちろんあの「家族の光景」と言うのが色々と危うい綱渡りの上に成立していた関係だったことは今までの話を見てきて、明らかになったことではあるが。それはコミュニティの共同幻想みたいなのにも繋がっていて、それは現実に置いても延々とチキンレースが行われてきている状況が続いているんだろうと。

2011-12-03 12:01:07
テリー・ライス @terry_rice88

はたして、それは「幸せ」なのか? 今が良くても、今後は? という投げかけにも見えるかな。アニメも今はまだ盛況だけど、いつかはその快適な共同幻想が崩れる日は一歩一歩近づいているんじゃないのか? と、いう風にも取れる。別にアニメじゃなくてもいいです、世界状況でも何でもいい。

2011-12-03 12:04:15
テリー・ライス @terry_rice88

いま、世界的に信じていた繋がりや体制制度が徐々に崩壊しつつある。次の一手を模索してるんだろうけども、それが見つからない。そうなってくるとコミュニティにおける最小単位の時点まで解体して見つめなおさなければいけない、つまりは家族を考えるという事が=社会を考えると言う事に繋がるんだと。

2011-12-03 12:08:00
テリー・ライス @terry_rice88

ピンドラを見ている限り、そういう風にも感じられるかな。根っこの部分を考え直して、それで改めて幸せが見つかるみたいな気がする。

2011-12-03 12:10:07
テリー・ライス @terry_rice88

改めてあの三兄妹が新たな関係を築くならば、それは家族じゃないかもしれないなあ。それにしたって、行き着く先はカップリングなんだろうと思う。冠葉は真砂子、晶馬は苹果、多蕗とゆり、眞悧と桃果。これまで見てきた構図だとこんなところ。陽毬の入り込む隙はあるのか否か。

2011-12-03 13:12:50
テリー・ライス @terry_rice88

冠葉にしろ、晶馬にしろ、支えてくれる存在がいて、男が立つという描かれ方がしてるような気もするなあ。今までの主人公像というか、男性が自らフォローが出来ない所を女性が支えるような感じ。でも決して男尊女卑的ではなくて、芯の強い女性がいてこそ、男性が生きる許可を得ているような。

2011-12-03 13:17:36
テリー・ライス @terry_rice88

ここら辺はエヴァ以降の男主人公に感じられる違和感なのかもしれない。男女の関係性がどことなく不明瞭、あるいは庇護される/されないの主従関係みたいなのでバランスを欠いていた面が多分にあったんじゃないかなあ。でまあ、それだったら男or女いらないじゃんとなる。

2011-12-03 13:20:35
テリー・ライス @terry_rice88

カップリングなら同性でも十分OK。だが不健全と言うか歪みが生じる。無論それが悪いとは言っていない。趣向としてはそれもアリだろう。でもそれは正を知っているからこその反転で存在しているわけで決して本道ではないかな。

2011-12-03 13:23:49
テリー・ライス @terry_rice88

ピンドラはそこまで語ってないかもしれないけども、どちらにしても家族を語る上では両親、しいては男女の関係にまで踏み込んできているかなと。だって陽毬と真砂子は冠葉を救いたがってるし、苹果は晶馬を支えたいと思っているし、ゆりは多蕗と繋がろうとしている。眞悧……は良く分からないが。

2011-12-03 13:31:49
テリー・ライス @terry_rice88

そう思うと、新しい幸せの形を提示するために男女の関係を見つめ直しているのかもしれない。なんのことはない「ラブ」ストーリーなのかもしれないなあ、ピンドラ。案外、ラブ到来か~?とかいっている山下の言葉が真理なのかもw まあここでいう「ラブ」と言うのがどこまでの範囲に及ぶかは分からない

2011-12-03 13:36:07
テリー・ライス @terry_rice88

分からないけど、なんてことのない結論になるのかもしれないなあ。なーんだって思うことがすごく大切な事だっていうのはよくあることで。シンプルだからこそ真理として伝えられるってことなんだろうと。

2011-12-03 13:39:56
テリー・ライス @terry_rice88

ともかく最終章のサイは投げられたので、じっと見守りたいと思います。

2011-12-03 13:41:00
テリー・ライス @terry_rice88

では、今回の感想は以上。とりとめもなくなって申し訳ないです。また次回です。ありがとうございました。

2011-12-03 13:42:03

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?