2011年12月3日

ラン藻の分子生物学 2011

ラン藻の分子生物学 2011 ワークショップ https://sites.google.com/site/cyanows2011/
3
Tatsuya Tomo @synechocystis

明日から「かずさ」でラン藻の何とかの会か。誰が参加するんじゃろ。

2011-12-01 22:24:07
Takatomo Fujisawa @tfuji

明日から開催される「ラン藻の分子生物学2011」にかっこいいロゴが出来ていた http://t.co/a6a5nrvc

2011-12-02 00:15:46
きさあさ @kisaasa

ゲノム解析15周年ね。“@tfuji: 明日から開催される「ラン藻の分子生物学2011」にかっこいいロゴが出来ていた http://t.co/VxwFguNB

2011-12-02 00:46:17
kawashi @kawashi0706

@imak_681 千葉でラン藻ゲノム学会(^^)自分は応援係ですけど(笑)

2011-12-02 09:48:22
so @synobu

今日と明日, ラン藻の分子生物学 2011が開催されます. http://t.co/Mj2Ikgi1

2011-12-02 12:39:00
Satoshi Ohkubo @sutegoma_a

かずさなう。ラン藻の分子生物学2011が始まります。

2011-12-02 13:22:21
so @synobu

シアノバクテリアのゲノムが決定されて15年. #cyanows2011

2011-12-02 13:25:03
so @synobu

1986年 ゼニゴケ, タバコの葉緑体ゲノムは日本のグループによって決定された. #cyanows2011

2011-12-02 13:26:26
so @synobu

「シアノバクテリアの光受容体と光応答現象の研究の現状と将来」池内先生(東大)95年のSynechosytisのドラフトゲノム論文からバクテリアでのフィトクローム型光受容体の研究のブレイクスルーが始まった. #cyanows2011

2011-12-02 13:43:57
so @synobu

光合成色素の補色順化について. 外界の光スペクトルによって光合成色素構成の最適化が行われる. 補色順化を制御する光センサー研究の経緯. #cyanows2011

2011-12-02 13:49:04
so @synobu

現象と遺伝子の組み合わせで仮説を設計して解析しないと生命現象のトータルな理解は進まない. #cyanows2011

2011-12-02 13:57:44
so @synobu

「遺伝学、逆遺伝学、バイオインフォマティクス、複合体プロテオミクスの手法を利用した、ラン藻のテトラピロール代謝研究」田中亮一先生(北大)今朝の札幌は -5℃でした! #cyanows2011

2011-12-02 14:04:50
so @synobu

テトラピロールは, 生命に必須な補酵素. 当然光合成にも重要. Chlorophyll a, Heme (&Bilins) . シアノバクテリア全遺伝子の5%程度がテトラピロール合成に関わっていると見積もっている. #cyanows2011

2011-12-02 14:09:28
so @synobu

複合体タンパク質のプロテオミクス手法開発と実験結果のデータベース化をおこなっている. #cyanows2011

2011-12-02 14:30:47
so @synobu

質問:Phylogenetic prof. 的バイオインフォの手法を遺伝子探索に用いてうまく行ったというストーリーは後付じゃないか?答え:逆遺伝学的にインフォの結果を信じて賭けたものと, 順遺伝学的な結果から後からルールが見出されたものの両方の例がある #cyanows2011

2011-12-02 14:34:57
so @synobu

質問:シアノバクテリア全体のタンパク質のうち何%くらいが, 複合体を形成してるか計算できますか?答え:まだやってませんが, たぶんできると思います. #cyanows2011

2011-12-02 14:38:47
so @synobu

「シアノバクテリアで新たに形質転換系を開発する際には何を検討するのか?」土屋先生(京大)「モデル生物」には存在しない「特殊な性質」を解析するために形質転換系を開発する. #cyanows2011

2011-12-02 14:58:38
so @synobu

形質転換法として自然形質転換法, 電気穿孔法, 接合法などを検討した. #cyanows2011

2011-12-02 15:03:03
so @synobu

「安定同位体を利用したオイル産生微細藻のメタボローム解析」伊藤先生(慶応大)真核微細緑藻からバイオ燃料量産するための基礎データをとるためにメタボローム手法の開発を行った. 生育条件により窒素同化, TCA回路, 脂質や全代謝経路での比較 #cyanows2011

2011-12-02 15:39:53
so @synobu

ポスター投稿から選ばれた5演題のトーク #cyanows2011

2011-12-02 16:31:31
so @synobu

今回のワークショップの参加者は112名(暫定). ポスター演題 46. 一般/学生比は, おおまかに4:6. HPのユニークユーザー数は378. 北海道から九州まで. #cyanows2011

2011-12-02 16:33:54
so @synobu

Schiermonnikoog島に形成されている, シアノバクテリアが優勢な微生物マットの解析. 16S rRNAによる微生物群集解析. 環境の酸化還元状態変化に対応した群集組成・光合成活性の変化を調べた. 富永先生(海洋研)#cyanows2011

2011-12-02 16:42:21
so @synobu

Anabaenaの窒素固定異型細胞分化にともなう糖代謝系変換制御. 得平先生(中央大)#cyanows2011

2011-12-02 16:46:16
so @synobu

琵琶湖から単離したシアノバクテリアに発見された新しいクロロフィル (Chl f). 新規Chl発見は60年ぶり. Chl fは特定の光波長による培養でのみ誘導される. 他の湖沼から分離した多様なシアノ (12株) にもChl fが存在. 大久保先生(京大)#cyanows2011

2011-12-02 17:02:42
so @synobu

不溶性貯蔵多糖を蓄積するシアノバクテリアのシーケンス解析. 鈴木先生(秋田県立大)特殊な形の多糖を生産する部分に興味がある. Illumina GAIIx + SOLiD + サンガー法を組み合わせて. 単細胞窒素固定種としての特徴も. #cyanows2011

2011-12-02 17:14:26
残りを読む(49)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?