2011年12月5日

大麻から原発問題まで。モーリー・ロバートソン氏 @gjmorley の連ツイ2011/12/05朝

モーリーさんの今の考えがよくわかるシリーズ。このお話の前段は http://togetter.com/li/223247 「大麻の議論 - モーリーさんの話」で。
25
モーリー・ロバートソン @gjmorley

公の場で堂々と大麻を吸える理由 http://t.co/mqPr5bmU 「外国では、公の場所に数万人規模で集まり、堂々と大麻を吸っている状況が現実にある。「海外ではなぜこれが可能なのか?」ということを考えてみたまとめです」

2011-12-05 06:00:50
モーリー・ロバートソン @gjmorley

今はまだリンクやソースを見つけていませんが、医療大麻がいくつもの州で合法化されつつある米国にも大麻にまつわる深刻な問題があります。非犯罪化が進んだとしても「バラ色」ではありません。メキシコのカルテルが強力なTHC成分を含んだ習慣性のある品種を開発、密輸(たしかそんな感じ)。

2011-12-05 06:21:52
モーリー・ロバートソン @gjmorley

→また、世界のアフリカの貧困な国からは大麻と他の麻薬をごっちゃにして大量に先進国へとさばくメカニズムができあがっており、これはオーガニックなものではありません。地元の犯罪組織を増長させるばかりで貧困を助けるものではありません。経済が弱い国々が先進国から富を得る手段になっています。

2011-12-05 06:23:52
モーリー・ロバートソン @gjmorley

→また、国際機関による臨床研究も始まってはいますが、手放しで「大麻は癌をはじめとした疾患の治療に効く」という調査結果が確定しているわけではありません。薬草の状態で摂取する大麻はたとえ「医療大麻」と名付けられていても、製薬会社などが作る製品に比べて純度がコントロールできていない。

2011-12-05 06:25:42
モーリー・ロバートソン @gjmorley

→言い方を変えれば「医療大麻で治療したケース」と「医療大麻で治療しない方がいいケース」などの整然とした交通整理ができていません。また、大麻の品種やTHC含有量などなどの個別のケースで効き目も異なります。加えて、大麻の使用が明らかに体に悪いとする調査報告も頻繁に出ています。

2011-12-05 06:27:06
モーリー・ロバートソン @gjmorley

完全合法化や非犯罪化を急ぐあまり、大麻の負の要因(仮説であるものも含めて)に目をつぶって、「大麻を悪く言うのは製薬会社・たばこ・アルコール業界・石油業界・既得権を持つ者ら」という陰謀論を展開した途端、社会一般の納得が遠ざかると思っています。

2011-12-05 06:28:55
モーリー・ロバートソン @gjmorley

→これは「脱原発か、あるいは推進派か」という「踏み絵」をあらゆる人に突きつけて性急な結論を出そうとする行為にも似ている。放射能にしろTHCにしろ、解明されていない領域は多くあります。先に政治的な結論があって、その結論にうまく繋がる説だけを信じるのは稚拙な論理展開です。

2011-12-05 06:30:33
モーリー・ロバートソン @gjmorley

→2010年には大麻も放射能もマスコミの中で堂々と議論できないタブーでした。マスコミの中では今もそうかもしれません。さまざまな角度からじっくり検討し、発言や意見を圧力で塞いでしまうような慣習がまかり通る限り、インテリジェントな結論には到底達しないでしょう。タブーをまずなくしたい

2011-12-05 06:32:39
モーリー・ロバートソン @gjmorley

→大麻を語ることも出来ず、基礎的な情報が共有されていないこの状態を語ると「やはり大麻推進派だったんですね」と言われるのは、残念。「バズビー理論」を引用しながら「すぐに全炉停止・子供が奇形になる・癌になってもいいのか」と言われてプレッシャーをかけられるのも、不愉快。

2011-12-05 06:34:38
モーリー・ロバートソン @gjmorley

→ほとんどの人に無害な大麻の品種があったとして、ある特定の人がそれを服用すると強迫観念にかられ、「大麻精神病」にあたる症状が出る可能性があります。通常なら発癌する(のかもしれない)低レベルの放射線量で発癌しない胎児や乳児もいるかもしれない

2011-12-05 06:36:17
モーリー・ロバートソン @gjmorley

→要するにどちらのトピックにも「ロシアン・ルーレット」的な側面があることは否めません。1ベクレルでも許せないのならば、奄美・沖縄・石垣島ということになるでしょうか。ラサやスイスもだめです。大麻精神病になる可能性をゼロにするには、手を出さない。できれば煙草・酒もノー。

2011-12-05 06:37:49
モーリー・ロバートソン @gjmorley

「リスクがゼロだと保証しろ。それを言えないのなら、加害者なんだぞ」といった論理展開には甘い誘惑があります。自分が絶対的な善人の立場、被害者の立場に立てるからです。しかしこれは、ずるい。議論に負けることを恐れる人の「当たり障りのない」論法なのです。そして内向き。

2011-12-05 06:39:17
モーリー・ロバートソン @gjmorley

→原子力推進の汚い面が露呈したとするなら(世界のどの国でもやっていることとは言え)、官僚や政治家、企業幹部、マスメディアが共謀して自分たちにとって「当たり障りのない」プロパガンダをし続け、国民がそれを受け身になって呑み込むべく調教されたことだと思います。

2011-12-05 06:41:19
モーリー・ロバートソン @gjmorley

→原子力に関して「騙されていたためにリスクを認識していなかった」という立場から今度は「過剰にリスクを認識し、非現実的な要求をする」という振り切れ方をすることは、相変わらず脇が甘いと思います。なんでそもそも騙されたのか、なんで情報を探しに行かなかったのか、興味がなかったのか?

2011-12-05 06:42:56
モーリー・ロバートソン @gjmorley

→大麻に関しても似たようなことを考えています。大麻取締法が先進国としては遅れた法制度であり、それを議論することも「だめ、ぜったい」。そしてそもそも覚醒剤と大麻とLSDの違いも、比率で言うと日本人のほとんどが知らない状態。このような中で「にわか大麻解禁論者」になるのも、ちょっとね。

2011-12-05 06:44:02
モーリー・ロバートソン @gjmorley

→つまり、原発・大麻どちらも、検討を多角的に重ねて、じりじりと一進一退するしかないでしょう。そこにはバズビー理論も含まれるし、バズビー理論が詐欺かもしれないという疑いも検討材料になる。大麻がこんなに体にいいという諸々の事例もあるし、危険度の検証もある。

2011-12-05 06:45:40
モーリー・ロバートソン @gjmorley

→「そんな悠長な考え方をすると、まさに放射能を浴びてこれから先天性異常を持って生まれてくる赤ちゃんや、発癌する人達に犠牲を強いることになる。エア御用だ!御用発言の撤回を求めて訴える!いっしょに原告に加わる人、募集!」という言い方をする人もいるでしょう。でもそれはプレッシャーです。

2011-12-05 06:47:12
モーリー・ロバートソン @gjmorley

→仮に「気が済む」まで全員強制疎開+そのための資金を国が税金から拠出、となったとしても、自衛隊が入っていって長い長いキャラバンができるというイメージは、相当に現実から遠いと思います。通ったとして、もたもたしている間に「低レベルの放射線による被曝」でダメージが今も進行中だから。

2011-12-05 06:48:55
モーリー・ロバートソン @gjmorley

→つまりそれだけ喫緊を要するのであれば、国の命令や補償を待たずに「命からがら」逃げ出すしかないでしょう。こういう声もネット上にはあります。それを聞くか聞かないかは、個々人の判断に委ねられてしまうでしょう。この災害音混乱の中、なんでもかんでも国がやってあげるということは期待できない

2011-12-05 06:50:16
モーリー・ロバートソン @gjmorley

→ただ、嘘つきとされる研究機関や学者たちからは、それなりに筋が通った論理展開で、危機のレベルがそれほどではないという意見もあります。これは悪質な隠蔽なのか?今でもまだインサイダーの理論で、自分たちの利益のために国民の命を本当に犠牲にしているのか?やっぱり個々で判断するしかない。

2011-12-05 06:51:43
モーリー・ロバートソン @gjmorley

→同じ考えを大麻にも当てはめています。もしかしたら産業大麻を植えまくることで、放射性物質の除去に貢献するかもしれない。コントレックスを毎日飲んでいれば、バズビー博士のサプリと同じかそれ以上の効果を期待できるかもしれない。メガソーラーはやっぱりうまく行くのかもしれない。

2011-12-05 06:53:01
モーリー・ロバートソン @gjmorley

最悪のシナリオから最善のシナリオまでありすぎて、どこまでが科学なのかどこからが陰謀なのか、科学をもってしてもわからないのか、ということで、混沌としています。「答えは白黒はっきりしている。私の意見や私の支持している学者・団体の意見こそが正しい」と断じるのはイデオロギーです。

2011-12-05 06:55:02
モーリー・ロバートソン @gjmorley

→これまでタブーで議論できなかったことを、3.11で決壊したかのように今度はイデオロギーにすがってしか主張できなくなるというのは、以前と同じぐらい想像力が呪縛されています。新たな言葉狩り、意見狩りをするだけでは、継続可能な未来はイメージできないでしょう。

2011-12-05 06:56:34
モーリー・ロバートソン @gjmorley

→見ることも感じることも出来ない放射能が降り注ぎ、海に流れて生態系に蔓延し、食卓にも届くという中で冷静を保つのはとても大変です。人類は鍛えられているのかも。そしてこの恐怖の中であっても、政府にできることは限られており、一個人にできることも限られている。闇と向き合わざるを得ない。

2011-12-05 06:58:58
モーリー・ロバートソン @gjmorley

→世の中をより良い方向に変えようとする、そのために実力行使をする、すぐに動くというのはとても大事です。アラブの春やオキュパイ運動を見ていても、そう思います。しかしどっちの方向を選択するにしろ、自分や「自分たち」だけが正しくて反対する人は愚か者、だと運動は自壊する。

2011-12-05 07:00:28
残りを読む(52)

コメント