2011年12月6日

意識が高いだけではだめ?『「意識の高い」は別の「意識の高い」をすぐに発見する』

意識が高いだけではそれ以上の関係になれない? 「意識が高い」は相手の意識に触れる可能性がある。
13
king-biscuit @kingbiscuitSIU

実は大学も即戦力教員を欲しがってたりする。昨今人材ダダ余りの博士ODなどを公募でとらない理由のひとつは案外それ。「研究」自意識で凝り固まった「優秀」クンを一から育てても、こいつら腰掛け程度でとっととよそ行くし、と。このへん一般企業と同じ。さらに「育てる」過程も未整備なのがデフォ。

2011-12-05 08:01:31
king-biscuit @kingbiscuitSIU

大学での「戦力」とは今や「研究」ができるというだけではない。てかそれ人文系だと意味なかったりしますから(´・ω・`) 学内行政? いや、そんなのまだ甘い。学生募集の高校まわり、就職先開拓の挨拶まわり、オープンキャンパス等の保護者サマへの応対など、明るくこなせて一人前ですがな。

2011-12-05 08:08:28
king-biscuit @kingbiscuitSIU

「研究」があり得るとしたらようやくそこから先。程度の違いはあれ昨今の大学、人文系だと概ね似たような状況では? Twitter上で散見される若手「研究」者系とおぼしき方々の憤りはわからないでもないけど、どうもそれぞれのムラでの「優秀」さだけを信心して世を憤るカルト信者っぽい印象も。

2011-12-05 08:14:57
king-biscuit @kingbiscuitSIU

あなたたちが「優秀」だろうことは十分知ってるしおそらくそうでしょう。業績もマジメに積み重ねてるし妬み嫉みにビョーキも渦巻く人づきあいもソツなくこなし、バカなセンセや先輩その他もいなしつつ、「折れ」ずに何とか耐えてるこの自分がどうして認められないのか、と。何が間違ってるのか、と。

2011-12-05 08:19:08
king-biscuit @kingbiscuitSIU

こういう方向で「研究」の「優秀」さだけを頑なに信奉してしまうことに起因する不自由は、単に研究者のみならず学芸員なども含めて今やある種のどんよりとした広がりがあるような。信心深いのはいいけど、でもそれってその程度の「優秀」さでしかない、ってのもあるかも、と一歩引いておけるかどうか。

2011-12-05 08:23:29
king-biscuit @kingbiscuitSIU

ゆとり=バカor優秀、系の議論も同じこと。そりゃある種の優秀さが備わってるところはあるな、と素朴に思う。でもだからこそ、じゃどうしてイキモノとしてこんなにバカのまんまなんだろ、という謎も同時に深まるわけで。若手「研究」系「自意識2.0」な方々のあイタタタ、感ってなんかそれに近い。

2011-12-05 08:30:43
king-biscuit @kingbiscuitSIU

でもまあ、その、アレです。かつて「新人類」(泣笑)なんて言われててめらでもその気になって舞い上がっていたのも、おそらく同じようなところあったんだろうなあ、と……(遠い眼) ちなみに、そんなイタい状況に必ず宿る「若手」の「天才」伝説の系譜、ってのはまだ生きてるようですねえ。

2011-12-05 08:35:22
king-biscuit @kingbiscuitSIU

「意識の高い」若手教員たちは「10年後の学長はキミだね」「いやいやそんなあ…」てな会話の呑み会を開き、「意識の高い」院生擁する教授センセは師弟仲良く「○○を考える」てな集会に出席して互いにヨイショし合い、彼ら「意識の高い」のなれの果ては未だ独法化以後の抜け殻に棲息してるようです。

2011-12-05 23:05:16
king-biscuit @kingbiscuitSIU

「意識の高い」同僚♀@父親が同じく国立大学教員、は「就職した以上何があっても辞めるな、絶対にしがみつけ」とお父上に厳命されてきたと自慢げに語ってましたが、まさにその通り、あたしが昇進拒否して万年助手でいいもん、とダダこねてたら「あたしはどうなるんですかッ」と怒鳴り込んできました。

2011-12-05 23:10:13
king-biscuit @kingbiscuitSIU

思えばあんな「意識の高い」こんな「意識の高い」をさまざまに見聞、また遭遇してきたように思います。たかだか大学周辺の渡世ですが、でもそこらの「意識の高い」のクオリティはまた格別で、ありていに言ってまあ、●●ガイないしはア●ペか発●障害系メンヘラ属性の別称というのが概ねでした、はい。

2011-12-05 23:16:33
king-biscuit @kingbiscuitSIU

ですので、「意識の高い」とまわりから呼ばれるような物件にはできる限り近づかないよう、触れないよう、関わらないようにそっとしておく知恵がついてしまいました。それでも「意識の高い」は権高ですから眼につく鼻につく耳につく、でつい癇に触る。触るとこちらも暴れたくなる、というわけでして……

2011-12-05 23:21:07
king-biscuit @kingbiscuitSIU

でも、「意識の高い」に何か高邁で深遠な思想信条を感じたことはありません。むしろ皆無かも。感じたのはただのっぺりとした通俗、弛緩した精神、それでいて、いや、それに見合った程度なのでしょう、いずれアテクシだけは別モノ、という根拠なしの薄っぺらな自意識の水ぶくれの気配。これだけでした。

2011-12-05 23:25:25
king-biscuit @kingbiscuitSIU

「意識の高い」は別の「意識の高い」をすぐに発見します。発見して駆け寄りつるみます。つるんで、でも互いにそれ以上の関係にはなりません。そのさまは、そうだ、手先を手首からひらひらさせつつキャーと叫んで仲良しぶりだけを確認しあう昨今の「女子」の遭遇儀礼と似てるかも。何にせよ空虚です。

2011-12-05 23:29:33

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?