都道府県・市町村の自然エネルギー動向

慶応大学の金子勝教授の都道府県・市町村の自然エネルギー動向に関するツイート(2011年10月以降)をまとめました。
環境
2
金子勝 @masaru_kaneko
【地域によるエネ改革】住民自身の手による再エネが大事。熊本県は「県民による県民のための」発電所を掲げて2カ所で募集を開始。 http://t.co/PNbH6rWIE7 会津若松スマートシティ構想で公立の会津大学ハブ機能を果たす。 http://t.co/YOURcGZriP
金子勝 @masaru_kaneko
全戸にエネファームが導入されるマンションも登場。パナソニックと東京ガスが共同開発したマンション専用のエネファームと東急不動産独自のEMS(エネルギー管理システム)。創エネ・蓄エネ・省エネが付加価値となる時代がやってきました。 http://t.co/Uywci1Mw8u
金子勝 @masaru_kaneko
【小水力】鳥取県では中国山地に小水力発電が広がり、日本海には巨大な太陽光と洋上風力。 http://t.co/Co9w52ez6i 新潟県でも農業用水を活用した小水力発電を推進するために「農業用水小水力発電等推進協議会」を設立。 http://t.co/c47Ek3ZbBP
金子勝 @masaru_kaneko
熊本県小国町で、住民出資の合同会社「わいた会」によって、発電能力2000kWの地熱発電所が来月着工します。発電で生じる熱水を周囲の温泉施設に提供。15億円の事業費で1億円の収益を見込む。住民自身の投資による再エネ事業は人を楽しくする。 http://t.co/sgIeCkk6K0
金子勝 @masaru_kaneko
【風力の風よ吹け2】欧米諸国では年金資金が風力発電に投資されている。日本でも年金風車を考えるべき。 http://t.co/vlf8Dktsrm 1基あたり2000kWの国内最大規模の洋上風力発電施設が五島沖に完成。これも有望です。 http://t.co/PRA6g3uZ7f
金子勝 @masaru_kaneko
【風力の風よ吹け1】固定価格買取制度で太陽光が大半なので、高値買い取りで洋上風力を推進するため経産省が研究会発足。 http://t.co/KV4hxf2xWO 経産省は風力発電導入に本腰を入れるために北海道で送電網の実証事業開始。 http://t.co/mQxFyuUQ47
金子勝 @masaru_kaneko
東電はスマートメーターを3年前倒し設置する。 http://t.co/LFUfEN7j0E さらに米オーパワー社と業務提携し、「でんき家計簿」から料金メニュー・省エネ提案サービスを拡充する。 http://t.co/g0vkh2IsTc 良いことしないと、ますます見放される。
金子勝 @masaru_kaneko
環境省の「うちエコ診断」は、CO2削減が目的ですが、生活で使うエネルギーを数字で客観的に把握できるため、無理ない省エネ提案も行われて家計負担軽減も図れ、暮らし方の見直しにもつながるという。「見える」化のひとつです。 http://t.co/Dr4ReK2NPl
金子勝 @masaru_kaneko
【スマート化3】セキスイハイムが大容量太陽電池の搭載で光熱費ゼロのスマートハウスを売り出す。 http://t.co/ZEvwW6jsrF パナソニックが、IT警備やEVシェア導入や健康情報の一元的管理を提供するスマートシティを開発。 http://t.co/5J1CFd5tlF
金子勝 @masaru_kaneko
【スマート化2】横浜市が東芝などと組んで、地域のエネルギーを最適管理する「横浜スマートシティプロジェクトの実証実験です。ピーク時のビル電力使用量を最大22.8%節電でき、太陽光発電設備を導入した家庭では最大15.2%削減できました。 http://t.co/suUv4x10gt
金子勝 @masaru_kaneko
【スマート化1】ITS技術を使って自動車のCO2の排出量を可視化し、最も環境に優しい経路をスマートフォンで表示する、柏市の未来型交通システムです。スマートシティの一つの実証実験です。 http://t.co/eX0ltLLYHQ
金子勝 @masaru_kaneko
【再エネも地域特性3】日本最大級の環境産業総合見本市「びわ湖環境ビジネスメッセ」が、長浜市の県立長浜ドームで行われました。314企業・団体が参加した。さすが環境重視の滋賀県で、しかも近江商人の精神が息づく長浜です。 http://t.co/UfOuOdeV7T
金子勝 @masaru_kaneko
【再エネも地域特性2】兵庫県森林組合連合会は多可町にメガソーラーを開設。架台に県産木材を使用。 http://t.co/bx0qlnzy42 日本気象協会が気象予測データとコンサル業務を提供、静岡銀行と業務提携し太陽光発電事業を支援。 http://t.co/aNYsjcalao
金子勝 @masaru_kaneko
【再エネも地域特性1】週末は地域の動きをのぞく。地域の特性を踏まえた再エネの地域独自の動きや新しい試みがいろいろと出てきた。面白い。まず北海道で、オホーツクの海を望むバイオマス発電所、国内最大規模で2016年に運転開始の予定です。 http://t.co/vSNIfW0v3W
金子勝 @masaru_kaneko
住友林業と住友共電が北海道紋別市でバイオマス発電事業を開始。発電規模は50MW。 http://t.co/z0szFwvjfh 県内企業や大学・研究機関で作る福井産業化協議会が再エネで農業の電力創出やスマート化で研究会を発足させます。 http://t.co/cHVZ8ncWDq
金子勝 @masaru_kaneko
倉敷市が公共施設“屋根貸し”太陽光発電で民間事業者を募集。 http://t.co/vaoDswwPTJ 四万十町の高知エネルギーのメガソーラー稼働。 http://t.co/MDDqLSCfSc 安来市では干拓地や池にメガソーラー。 http://t.co/F959vzCXLc
金子勝 @masaru_kaneko
全国各地で、自治体絡みの太陽光発電が次々と計画されたり稼働したりしています。公有地や公共施設の屋根貸しでの太陽光発電は当たり前になった。埼玉県美里町でも、町有地2カ所の太陽光発電施設が来月稼働します。チリも積もれば山となります。 http://t.co/QA77ephhXD
金子勝 @masaru_kaneko
【地熱発電】経産省、地熱発電向け熱水環流技術を17年度めど開発。東北電力の柳津西山地熱発電所(福島県柳津町)で実証する。 http://t.co/Rnn5VqNOzp 福島県が避難区域で【バイオマス発電】向けのメタン発酵作物を提案。 http://t.co/SfWCF311ay
金子勝 @masaru_kaneko
エネルギー自給目指して、いよいよ会津電力が設立。市民の出資で太陽光発電から始め、小水力やバイオマスも。 http://t.co/LCfwBhmXaQ 金沢市民発電所が市民出資を募り保育園の屋根で太陽光発電。来月に基金発足。 http://t.co/jEh8JDgX1M
金子勝 @masaru_kaneko
【新電力】電力会社は電力料金値上げの理由に燃料費上昇を上げているが、原発=不良債権のコストを電力料金に乗せている。だから、自治体は電気料金値上げに対して安い新電力に切り換えている。寒川町も町内施設に新電力から電力購入します。 http://t.co/O1TP69yelv
金子勝 @masaru_kaneko
【市民ファンドが拡大】地域住民から出資を募る自然エネルギー市民ファンド(JGF)と長野県飯田の「おひさまファンド」が組んで、メガクラスの発電所(風力も含む)の建設に乗り出します。分散型電力とエネルギー地域民主主義の拡大を。 http://t.co/1Gs5juZgvN
金子勝 @masaru_kaneko
【原発立地自治体も】原発立地県でも再エネが普及。柏崎の豪雪地に校舎の壁面にソーラーパネルを張り、木質燃料の暖房の新校舎です。 http://t.co/1ar01R0o1p 佐賀県が県有施設の屋根を借りて行う太陽光発電の対象施設を拡大。 http://t.co/oCuRGOSLps
金子勝 @masaru_kaneko
【太陽光】太陽光発電普及のために、山梨県が山梨市のNPOと組んで優良業者と見積もりなどを仲介する。 http://t.co/blDQRGjw8i 長野県の東筑摩郡朝日村のため池に太陽光パネルを設置し、藻を抑制する一石二鳥。 http://t.co/JBFFBbhova
金子勝 @masaru_kaneko
【水力】全国で水力発電所の設備更新が進む。宮崎県の塚原発電所が81年で設備を一新し4000kWのパワーアップです。 http://t.co/oGbyoTp4rm 来月7~9日に鹿児島で全国小水力発電サミットが開催されます。 http://t.co/Bz99f709er
金子勝 @masaru_kaneko
やはり市民参加による地域ネネルギー民主主義が社会を変える。市民エネルギーやまぐちが設立、太陽光発電事業に投資する。 http://t.co/UAyS3EZIa5 官・市民協同型の太陽光発電事業 「紫波ゆめあかりファンド」募集開始。 http://t.co/WR0wREFG6e
残りを読む(794)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする