公園遊具に描かれた著作物の記事から派生した著作権のお話

コピーライたん(笑)による著作権のお話。 RTするには多かったので個人的にまとめました。
5
汝、翼を与える@ばってん先に翼ばくれんね イベント・・(parody) @ryunosinfx

文化の促進に権利の保護は絶対必要なのか。なんかそのへんの研究とかあるのだろうか。きっとナイーブな一時創作者が図太いパクリ屋さん駆逐されて上位のエコシステムへ発展できない環境になるのかな?

2011-12-07 01:28:24
Norimasa Taniwake aka みうらゆう🐬🌊⛩️🧸 @himagine_no9

著作権制度創設以前と以後で推測するしかないんじゃないですかね。RT @ryunosinfx: 文化の促進に権利の保護は絶対必要なのか。なんかそのへんの研究とかあるのだろうか。きっとナイーブな一時創作者が図太いパクリ屋さん駆逐されて上位のエコシステムへ発展できない環境になるのかな?

2011-12-07 01:33:41
Norimasa Taniwake aka みうらゆう🐬🌊⛩️🧸 @himagine_no9

ただ悩ましいのは、著作権制度の創設と複製機器の登場とがパラレルだということなのだが。

2011-12-07 01:34:29
Norimasa Taniwake aka みうらゆう🐬🌊⛩️🧸 @himagine_no9

今の著作権関連商売の大部分が複製物を売って成立しているというのが一つのヒントかも知れませぬ。この商売には確かに著作権制度が必須であろうと考えられます。(フリーライドが直接被害をもたらしますのでね)

2011-12-07 01:36:24
Norimasa Taniwake aka みうらゆう🐬🌊⛩️🧸 @himagine_no9

しかし著作権制度が果たして創作そのものに必須なのかは疑問。是非のいずれにおいても、おそらく証明はできますまい。著作権制度で一点物の製作が増えたのか否か。 ※一点物だけが創作だと言ってるわけではありません

2011-12-07 01:38:44
Norimasa Taniwake aka みうらゆう🐬🌊⛩️🧸 @himagine_no9

複製物の頒布にもメリットはあって、まず作り手の生活を支えることが理論上は可能になったこと。一点物よりはね。で、俺はこちらのメリットの方が大きいと思うのだけど、作品が社会に広く浸透しかつ長く保存されることが可能になったこと。それでも失われる作品というのは存在するけど、ま総体的には。

2011-12-07 01:41:22
Norimasa Taniwake aka みうらゆう🐬🌊⛩️🧸 @himagine_no9

俺自身のスタンスとしては、著作権関連商売がクリエイター自身の生活を支える限りにおいて著作権制度は肯定される、と。

2011-12-07 01:43:38
てんたま @tentama_go

公園の遊具に「ピカチュウ」「ドラえもん」などの絵を書いておいたら指摘にあい、全部消すはめになった事件が愛知県で。広範な例外にあてはまりそうだけど事後というのがあるんでしょうね 公園遊具のキャラクター画、指摘受け黒塗り 愛知・東浦 http://t.co/YhEy61a5

2011-12-07 02:18:45
Norimasa Taniwake aka みうらゆう🐬🌊⛩️🧸 @himagine_no9

えーと、この件は著作権法における権利制限には該当しないと思いますね。一方で、誰が「侵害」のおそれと指摘したかと言えば朝日新聞。権利者からの指摘ではない点には注目していいと思います。誰のためにやるんでしょうね、こういうの? 浄化作戦か何かなのかしら。

2011-12-07 02:29:31
kenbor @kenbor

@himagine_no9 一般人であろうとマスコミであろうと、気づいた人が指摘するのでは?

2011-12-07 02:36:53
Norimasa Taniwake aka みうらゆう🐬🌊⛩️🧸 @himagine_no9

@kenbor 指摘するのは勝手なんですけど、芸が無いなぁと(笑)。権利者側に問い合わせて、こうした公共施設でのキャラクター使用に光を当ててみるとか、アプローチの仕方がいろいろあるかと思いますので。まぁ記者の立ち位置によっても変わりますが。

2011-12-07 02:38:53
kenbor @kenbor

@himagine_no9 指摘に芸は求められませんからねぇ(笑)アプローチは町職員の仕事かと思います。

2011-12-07 02:41:03
Norimasa Taniwake aka みうらゆう🐬🌊⛩️🧸 @himagine_no9

公共施設でのキャラクター(無断)使用に関してどういうスタンスで取材に臨むかで記事も変わる気がするのよね。権利者への問い合わせが藪蛇になる可能性も高いけれど、そこで記者が「利用OK」の言質を取るか、利用窓口の明示をできれば金星ですよ。絵を塗りつぶすよりも遙かに意義のある記事になる。

2011-12-07 02:41:34
Norimasa Taniwake aka みうらゆう🐬🌊⛩️🧸 @himagine_no9

@kenbor 取材活動も一芸ですから。あと「アプローチ」は事案に対する採り上げ方のことです。

2011-12-07 02:42:55
Norimasa Taniwake aka みうらゆう🐬🌊⛩️🧸 @himagine_no9

余談だけど、札幌市東区には「タッピー」というキャラクターがいて、これを大々的にフィーチャーした児童公園がある場所に存在する。こういうのもアリではある。

2011-12-07 02:46:12
Norimasa Taniwake aka みうらゆう🐬🌊⛩️🧸 @himagine_no9

「学校現場で教材に使用する場合など、営利目的以外であれば、広範な例外が認められるケースもある」という一文が記事にあったのか。 http://t.co/FSQ12pDD てんたまさん、釣られましたね。「今回の場合は、著作権者などから許可を得る必要があっただろう」が記事の主旨ですよ。

2011-12-07 02:51:12
Norimasa Taniwake aka みうらゆう🐬🌊⛩️🧸 @himagine_no9

非営利の「例外」は、たとえば演奏や上演を非営利・無報酬でやる場合とか、教育目的や図書館サービスなどの限られた場面が想定されています。行政が主体となって公衆の目にさらされる公園に絵を掲げるのは、そのものの規定が無いと例外に当たるとは言えないんですよ。 @tentama_go

2011-12-07 02:56:01
Norimasa Taniwake aka みうらゆう🐬🌊⛩️🧸 @himagine_no9

公園と著作物との関係で面白いのは、たとえば彫刻作品を公園等の屋外に置いた場合、あれを模写したり写真に撮影したりする際は権利制限の対象になるという点。展示される時点で広く利用されることは想定済みだよね、という判断なんでしょう。もちろん、今回の公園絵の件とは無関係ですが。

2011-12-07 02:58:49
Norimasa Taniwake aka みうらゆう🐬🌊⛩️🧸 @himagine_no9

もし許諾を得て公園に展示されたキャラクター絵だったら、自由に写真を撮れたかも知れませんね。

2011-12-07 02:59:29
Norimasa Taniwake aka みうらゆう🐬🌊⛩️🧸 @himagine_no9

※写真を撮るだけだったら私的複製なので問題なし。その後に公開する際に問題になるんですな。ちょっと書き方がマズかった。

2011-12-07 03:00:26
谷分章優 @taniwake

12月3日付。何だか、行政の不正を暴いてやったみたいな意識が透けてくる気がするんだよなぁ。 / “http://t.co/VI9VryqB(朝日新聞社):公園遊具のキャラクター画、指摘受け黒塗り 愛知・東浦 - 教育” http://t.co/39GUEPxC

2011-12-07 03:06:03
本橋ゆうこ@漫画のお仕事も再開中(次作品準備中…) @kuromog

※引用>「(新たな創作活動を阻害しない)そして、著作権の目的が、より良い創作活動への動機づけ(インセンティブの確保)を行い、学問や文化の発達という社会的目的を結果的に達成することにあると考えると、新たな創作活動を著作権法が不当に阻害しないようにしなければならないことになります。」

2011-12-07 03:52:47
本橋ゆうこ@漫画のお仕事も再開中(次作品準備中…) @kuromog

※引用続き②>「他人の著作物にただ乗りして自分の著作物を作るというのはまずいのですが、文化とか学問とかは、先人の業績を土台にして発展していくもので 、ただ乗りは全て悪だというわけにもいきません。」

2011-12-07 03:53:43
本橋ゆうこ@漫画のお仕事も再開中(次作品準備中…) @kuromog

※引用続き③>「著作物を新たな著作物創作に利用されることによる、原著作者の不利益と、新著作物が社会に貢献する利益のバランスを図る必要があります。ベルヌ条約や日本の法律などに明記されている引用についての著作権法の規定は、このバランスを図ろうとする規定の一つと見ることができます。」

2011-12-07 03:54:41
本橋ゆうこ@漫画のお仕事も再開中(次作品準備中…) @kuromog

※引用続き④>「しかし、引用の規定だけでは解決しない問題も沢山あります。特に、著作物が 多種に、著作者が多数に、利用形態が多様になるマルチメディアでは、著作物を特定し著作者を探しこれと交渉するというコストが膨大なものとなって新たな創 作をあきらめるケースが増えてきています。」

2011-12-07 03:55:31