佐藤竜雄監督による「機動戦艦ナデシコ」の回想とその補足。

アニメーション監督・演出家の佐藤竜雄氏(@seitenhyohyo)がご自身の監督作品である 「機動戦艦ナデシコ」について、その当時の現場やそれを取り巻いていた状況を 回想しながら発言したものをまとめたもの。 主に自分用の備忘録。
アニメ 佐藤竜雄 大月俊倫 機動戦艦ナデシコ
70587view
93
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
seitenhyohyoを漢字五文字で表すと…【 死 亡 説 流 布 】 http://shindanmaker.com/50073 ナデシコの頃から言われてるなー。干されて死んだとか業界抹殺されたとか(笑)
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
TVのナデシコの頃は「続編見たい」という人は皆無で、むしろ「こんなアニメは許されない!」「佐藤は魂を売った!」という声の方が多かったですよ。エヴァの後だしね。エヴァで乗り越えたモノをナデシコは台無しにした、という事を言われたものさ。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
当時だとガイナのような仕切りじゃないとメディアミックスのゴリ押しの作品は「メーカー主導」「現場はやらされているだけ」というイメージが強くてナデシコはTV当初は現場のウケも悪かったですよ。スケジュール悪い上に今までと違うシロモノだし。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
よくナデシコをエヴァの延長で作られたモノという人がいるけど、実際はエヴァで増えて切り捨てられたライトなアニメファン達の受け皿として企画されたもの。「庵野はああ言うけど可哀想じゃねえか、折角アニメが好きになったのに」大月さんのバランス感覚はタヌキで絶妙で優しかった。悪党だけど(笑)
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
TV当時は女性スタッフや関係者から「女性を蔑ろにしている」と、ヒロインを初めとした女性キャラに対しての不満が多かった。確かにね、ああいうホンの内容で型どおりのキャラ造形をしたらいけなかったんだ。でも、当時はキャラ描写はどうしても紋切り型に成らざるを得なかった。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
大月さんが悪党というのは、庵野さんに対して「その気持ちをアニメファンにぶつけろ、それがアンタの誠実だ」と言っている一方でオレにナデシコの企画を振るという、矛盾していながらも全体としては、バランスが取れている采配ぶり。金儲けを度外視したトコロに最終的な利益を求める人だった。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
ちなみに大月さんは完成したナデシコ1話の白箱をわざわざ庵野さんのところに持って行って見せたという。「あいつ、すごい嫌な顔してたよ。それぐらいイイ出来だということだよ」涼しく笑う大月さんだったがオレは蒼ざめた(笑)
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
そうそう、女性キャラの紋切り型について。ユリカは今ならばもう少し奥行きのあるキャラとして描けたかもしれない。当時は演出側がホンの偽悪的な挑発に気づかず、「ただのバカ」としてしか理解していなかった。そんな人も結構いたしそういう人を導けなかったオレの力不足が歯がゆかった。
幾原邦彦ikuhara_kunihiko @ikuni_noise
そういうことは、よくする((笑)RT @seitenhyohyo ちなみに大月さんは完成したナデシコ1話の白箱をわざわざ庵野さんのところに持って行って見せたという。「あいつ、すごい嫌な顔してたよ。それぐらいイイ出来だということだよ」涼しく笑う大月さんだったがオレは蒼ざめた(笑)
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
放送当時はナデシコを評して「女を知らない連中が作ったアニメ」と面と向かって女性から言われたけれど、今はむしろ、女性から「ユリカ可愛い」と言われたりする。世の流れは不思議なもの。
トニカクカワイイ@畑健二郎 @hatakenjiro
@seitenhyohyo ナデシコがなかったら今の自分はなかったと思うので作ってくださって本当にありがとうございました。あの作品に『ハマった』という感覚からたくさんの事を学びました。
幾原邦彦ikuhara_kunihiko @ikuni_noise
今のやってるのも「企画書見せた」とか言われて、超ブルーになりました(笑)@seitenhyohyo
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
今、ナデシコに関していい事も悪い事も含めアレコレ述べている人は劇場版以前の、TV放映時のあの、微妙な空気を全く知らない。TVを見ていた人も劇場版を経て、そうした時期はある意味忘れている。それを思うと劇場版を作った意義というものをあらためて実感する。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
@ikuni_noise あーーもう。何というか笑うしかない。
幾原邦彦ikuhara_kunihiko @ikuni_noise
ユリカは確かに、今や女性に人気がありますね。艦長ってポストが今の女性にも受けているのかも。@seitenhyohyo
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
TVのユリカが可愛いと思えるのは後藤圭二さんのデザインもさる事ながら、桑島法子さんの芝居のおかげだった。ある意味、悪意に満ちたユリカ像を彼女が浄化してくれたというか。ただのバカじゃない、天真爛漫な無邪気さを持った女性としてくわしまwさんは演じてくれた。
Mitsuyasu Sakai/堺三保 @Sakai_Sampo
私が食い物話を延々としてる横で、佐藤竜雄監督( @seitenhyohyo )が「ナデシコ」本放送当時の苦労話をしている。すいません。私はもう自分がおもしろいと思ってるものをぶち込むことばかり考えてて、現場のこととか全然見えてませんでした。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
おおう、くわしまwさんってどうしてこうなった。桑島さんだぁね。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
@Sakai_Sampo いやいや、文芸や設定の面白味を、現場が汲み取り、皆でどんどん膨らます事が出来るようになったのはここ最近の流れですから。一様に深くて暗い河が流れていたのは仕方がなかったです。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
「現場はやらされてる」「営業と文芸、それに現場ってバラバラだぁね」そんな環境が崩れる原因の一つはアニメのデジタル化だったのかもしれない。あれで旧来のアレコレなしがらみが崩れた。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
@hatakenjiro ありがとうございます。そうした声をとみに最近よく聞くので作って良かったなあと本当に思います。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
しかし、「オレ達、みんなでやってるよな」「充実してるっス」と思ってやってる現場ほど、傍で見てると危なっかしいというのも…よくある話。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
真の意味で全員が納得する現場なんてあり得ない。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
だから今、監督と呼ばれる人は昔に比べて決断しなければならない事が多い。前向きな事もそうだけど、切り捨てる事も、諦める事も。単純に現場でコンテチェックしてればいいという訳じゃない。演出チーフではなく、「監督」。
佐藤竜雄 @seitenhyohyo
デジタル化が一因ってどうして?と問われると具体的直接的な理由をナイスな感じで言えないけれど、「慣れ」や「流れ」で済んでいた事が立ち行かなくなったから、という感じでしょうか。これまた漠然としてますが。
残りを読む(21)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする