限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

ichimiyarさんのつぶやきメモ

nnistarさんの放射線測定データの地図へのマッピングについて
メモ
866view 0コメント
2
Dr. Roy Ich-Meyer @ichimiyar
初期の頃はご自身でGoogleMap化されていました http://t.co/CQptfyAQ が途中でnnistarマップに移行されました @buvery 各地の測定が上がってきた初期の段階でコンピュータで可視化するというアイデアを思いついて実行したのは@nnistar さん。
Dr. Roy Ich-Meyer @ichimiyar
放射線測定データの地図へのマッピングは早川氏や @nnistar 氏だけでなく、@Ishihara_Y 氏の http://t.co/X6r1lRA6 や理研・板橋氏の http://t.co/uzrsYKtu など多数のお仕事がある。@nnistar氏の仕事の凄いのは(続く)
Dr. Roy Ich-Meyer @ichimiyar
(続き) @nnistar さんは1)他を圧倒するデータ量を、2)現在まで最新データに更新を”手動で”継続し、3)ブラウザに負荷を掛けにくい最適化したサーバを維持運営している事です。データ更新が手動というのは特定の人に負荷が集中しています。長期の継続は難しいと思われます。
Dr. Roy Ich-Meyer @ichimiyar
(続き)なので、測定データを公表しているサイトからデータを自動取得しDBを更新する自動アーカイブサーバの整備が望まれます。データやマップ・グラフの在処は我々の運営する http://t.co/OvewqO9O などにまとめてますが、網羅したアーカイブだけが不足しています。
Dr. Roy Ich-Meyer @ichimiyar
(続き)可能な限り網羅したアーカイブサーバは、これまでバラバラに行われてきた放射線測定データを将来に渡って永続的に記録する、重要な役割を果たすことになる。文科省サイトには相当量があるものの、市町村や研究機関などカバーされていない物もあり、機械可読でないPDFという問題もある。
Dr. Roy Ich-Meyer @ichimiyar
(続き)よって、googleのようにクローラで自動取得しアーカイブ化する事が望まれます。リソース・アイデアのある方はご連絡・ご協力頂けると幸いです。(終了)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする