10周年のSPコンテンツ!

映画「アバター」の3D版は川崎や菖蒲のIMAX 3Dで

「アバター」3D版の上映方式とそれぞれの特徴など。結論は「IMAX 3D方式の川崎や菖蒲で、席は最前列中央がベスト」のようです。
アバター 3D 映画
3
しかのつかさ @sikano_tu
アバターを見る人は、面倒くさがらずに川崎か箕面で見る事。ネイティブに英語が聞き取れなければ日本語吹き替えにするように。座席は最前列中央が良いよ。今はまだ結構飽き席がある感じ。
しかのつかさ @sikano_tu
@butfilp @miyo_C 3Dは視野いっぱいに映像があるとき最大の効果になるから最前席が良いと思う。ずっと見上げる感じにはならないよ。字幕は見てる暇ないのね。オレは吹き替えで見たけど、たまに出る原住民語の吹き替えも見落とす事が結構あった。まあ話は字幕読まなくてもわかるか。
しかのつかさ @sikano_tu
アバター他3D映画をみるときの注意点。日本は液晶メガネを使うXpanD って方式の小屋が多いけど、これは画面が暗くてちらついて最悪らしい。TOHOシネマズ、MOVIX、新宿ピカデリー、新宿バルト9などで使われており3D酔いしやすい。だって。
しかのつかさ @sikano_tu
それに対して、川崎や菖蒲は、赤緑メガネの RealD 方式。これはメガネも軽いし、画面も明るくて良いんだって。こちらはスクリーンの改造が必要なので、コストがかかるから上映館が少ないらしい。
柴尾英令 @baoh
@sikano_tu 川崎や菖蒲の109シネマズは、IMAXがIMAX3Dで最高なのですが、通常館はXpanDであまりおすすめしにくいんです。AVATARに関しては、4方式が混在しています。IMAX>RealD>Dolby3D>XpanDがおススメの順番です。
とんちゃい @Tongchai_ppp
@sikano_tu バルト9はDolby 3Dです。また、画面輝度については偏光グラスを使うReal-Dが不利で、そのため3D専用のシルバースクリーンへの交換が必須です。XpanDはバランスの取れたシステムで、ご指摘のような不具合はないと思いますが…
しかのつかさ @sikano_tu
もうわけわかんない。(´・ω・`) 川崎か菖蒲の109シネマズ意外では見るなって事で。
とんちゃい @Tongchai_ppp
この点では完璧に同意です(笑)IMAX 3Dで観るアバターと通常スクリーンの3Dでは、庭園と箱庭位の差があると思います。 RT @sikano_tu もうわけわかんない。(´・ω・`) 川崎か菖蒲の109シネマズ意外では見るなって事で。
柴尾英令 @baoh
バルト9はDolby3DとXpanDの併設です。アバターがかかっている大きいスクリーンはXpanDを使っています。 @Tongchai_ppp: @sikano_tu バルト9はDolby...
柴尾英令 @baoh
正確にいえば川崎、菖蒲のIMAX以外で見るなです。 RT @Tongchai_ppp: @sikano_tu バルト9はDolby...
しかのつかさ @sikano_tu
そうか、同じ映画館でも、スクリーンによって方式が違うから混乱が起きているみたいね。まあ、川崎で日本語吹き替えなら間違いないよ。(ただし、川崎も通常スクリーンはXpanD だって)
とんちゃい @Tongchai_ppp
.@sikano_tu 結局、立体視は人間の脳に錯覚を強制するシステムなので、ひとそれぞれの体にあった方式をお選び下さい…という辺りが結論になるのかもしれません。アバターみたいな映画についてはスクリーンサイズ最優先にしたいですが。
とんちゃい @Tongchai_ppp
@toocheap アバターはIMAX一択、これはまじ。
柴尾英令 @baoh
劇場用3Dは、民生技術としての枯れ具合も大切なんですね。興行側、制作側の都合もあるだろうが、観客としては、xpandをすすめにくい。
しかのつかさ @sikano_tu
アバターに関しては、3D映像表現の新しい表現文法を産み出そうとしているとおもうのねん。たとえば、観客が見るであろう注視点のみにピントを合わせて、それ以外は少し過度にぼかすとか。ものすごい金かけて、試行錯誤を多数やってできた映像じゃないかな。
とんちゃい @Tongchai_ppp
@toocheap 前か後ろかでいえばなるべく前。左右はなるべく真ん中。没入してきて下さい(^^) ほとんど、惑星パンドラの仮想観光ですよ。

コメント

西村好正 @infograph999 2010年1月11日
川崎在住なので年末にXpanD(字幕版)、年始にIMAXデジタル(吹替版)と2つの方式を観てきました。座席はどちらとも前寄り中央で、すぐ後ろは通路となる席です。視野には、スクリーン以外ほとんど入らない感じ。私はメガネ着用ですが小ぶりのものなので、どちらの方式の3Dメガネも問題なくかけられました。Xpandのメガネは重くそしてサングラス様にスモークがかっていて暗く見えます。対してIMAXのメガネは明るさが損なわれることなく、「アバター」の夜の場面はシャドー部分の細部まで鮮やかに見えました。これは圧倒的に良か
西村好正 @infograph999 2010年1月11日
た。ただし3Dの完璧度ではXpanDが優れていて画面全体の立体感に破綻がない。IMAXでは周辺視野がブレて二重に見えます。XpanDは端っこの席が好きな人でも3Dの世界に没入できるのがいいのではないかと思いますよ。またIMAXは上映館が少なく割引もないので、前売りやレイトショー料金に200〜300円足せば観られる場合もあるエコノミーなXpanDで「アバター」3D体験もいいのでは? あと、字幕版では字幕そのものが3Dと化して眼前に迫ってくるので純粋に映像を楽しむには吹替版も悪くないですよ。
ふむ (主に山と図書館) @fmht7 2010年2月22日
@infograph999 さんの意見参考になります。自分はIMAX,RealDで見ましたが、コストパフォーマンスではIMAXよりワーナーマイカルのRealDの方が上と思いました。Xpandでも見てみよう。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする