給食の丸ごと検査と内部被曝の相場観について

早野先生から丸ごと検査に関連して内部被曝の「相場観」という考え方が提示されました。すぐには理解できなかったので翌日少し考えてみました。 「児童は全員1日1Bq以下」を目指すべきだと思いますし、充分に達成可能と私は思いますが、そこを目指さない、もしくは無理という考え方もある様です。以前のまとめの続きとして整理しておきます。 http://togetter.com/li/194421
内部被曝 相場観 給食 丸ごと検査
study2007 8155view 20コメント
127
ログインして広告を非表示にする
  • study2007 @study2007 2011-12-12 22:47:14
    ↓相場感をつくるのが目的だった様です。
  • ryugo hayano @hayano 2011-12-12 22:42:25
    空間線量率(外部被ばく)については,測定も報道も多数あって,いわば「相場観」が出来た.一方,内部被ばくについては,全く「相場観」が形成されていないのが問題.「日常食」による内部被ばくの実態をどんどん測定して公開するべきだ.給食丸ごと検査は,相場観の形成に有効な手段.
  • study2007 @study2007 2011-12-12 23:05:16
    どの様な相場感を想定しているか判りませんが学校や子どもは処分場でも被験者でもないのですから給食では無く、別の何かで始めたら如何でしょうか?@hayano 「日常食」による内部被ばくの実態をどんどん測定して公開するべきだ.給食丸ごと検査は,相場観の形成に有効な手段.
  • ryugo hayano @hayano 2011-12-12 23:07:37
    限られた台数の測定器で,最も大勢の食事の測定ができるのが,給食センターです. @study2007: どの様な相場感を想定しているか判りませんが学校や子どもは処分場でも被験者でもないのですから給食では無く、別の何かで始めたら如何でしょうか?
  • study2007 @study2007 2011-12-12 23:37:46
    多数を混ぜる事で感度が落ち汚染食材の抜け穴になる事を懸念します。汚染地域産品の測定を諦める事で検体を減らし、安全と思われる地域の抜き打ち検査の方が有益と考えます@hayano 限られた台数の測定器で最も大勢の食事の測定ができるのが給食センター@study2007: 給食では無く
  • study2007 @study2007 2011-12-12 23:43:51
    あ、給食に関しては特に「汚染地域の測定も使用も諦め」という意味ですが、、@hayano
  • 「混ぜて薄める」という考え方は給食だけでなく、様々な放射性廃棄物の処理方式として典型的ですので、「相場観」の背景と合わせ真面目に考えてみました。

  • study2007 @study2007 2011-12-13 13:58:52
    「評価」でなく「相場」という表現には「取引き」や「損得」などの利害を伴った意味も含まれ、今回の事故の規模では政治的な意図も介在する。また「相場を形成する事の必要性」は「本来避けられる食材も可能な限り使用する」事が目的になると考えられる。
  • study2007 @study2007 2011-12-13 14:02:17
    ただし「相場」は立場や社会状況により変化するし、ばらつきが生じる。個人の相場観にはここでは触れず、先ず「公正な相場」を形成、維持するために必要と思われる「評価」を例示してみる。
  • study2007 @study2007 2011-12-13 15:43:00
    「評価」の例①「何Bq/kgもしくは何Sv/hの土地や海水から何Bq/kgの作物、海産物がとれるか?」→事故以前の水準とそうでない境界を知ることが最優先。被験者無しでやれる調査。給食本来の趣旨から考えれば「100%事故以前地域」が当然。
  • study2007 @study2007 2011-12-13 15:43:24
    ①-2:今は「事故以前より桁違いに高いもの」と「本来食べるべきでないもの」を中心に測り測定資源を失っている。また外部被曝が多い住民に優先して遠隔産地の食材を供給する事が本来必要な「対策」のはず。
  • study2007 @study2007 2011-12-13 15:44:13
    「評価」の例②「何Bq以下を何人の児童に何年食べさせると何%の割合で健康障害が発生するか?またはしないか?」→感度の高い被験者を大量に投入できる「給食」「まるごと」は最適な手法。
  • study2007 @study2007 2011-12-13 15:51:13
    「評価」の例③「何Bqの食材を何kg以内までなら闇鍋検査をスルーできるか?または抜きうち検査の恐れがある市場に出荷するより[安心、安全]か?」→相対的に検査の緩い給食に集中する恐れがある。ペナルティも不明確。
  • study2007 @study2007 2011-12-13 16:00:00
    つまり汚染地域の地元産給食は、本来行わなくても済むはずの(行うべきでない)「オッズもレートも分からない不公正な取引き」であり、少し大げさに言えば今年から参加する児童はその命と引き換えに何年、何十年か後の「相場観」を作る役割りを政治的に担わされる事になる。
  • study2007 @study2007 2011-12-13 16:34:50
    給食に関しては、あくまでも汚染食材の排除が第一優先であるが、それが出来ずあえて拡散させたが故に「感度の悪いまるごと調査」や「そもそも追いつかないサンプル調査」にコストと労力が割かれ「評価①」の調査が遅れるのはむしろ二重の意味で誤った方針と言える。
  • study2007 @study2007 2011-12-13 16:10:35
    仮に、今年か来年、何らかの調査や宣伝により社会的なコンセンサス(相場観)の様なものが得られたとしても、結局それは「風評的に誘導可能な最大限度の被曝量」を強要するツールになるだけの話に過ぎない。
  • study2007 @study2007 2011-12-13 17:08:45
    給食は校長先生に言っても森ゆうこ副大臣に陳情しても何も変わらない。ただ「食べない」という以外に対策は無い。「測定」なら学者が貢献出来ることもある。が、「混ぜて薄める」のは運用である。感度の低い相場観を形成し「食べずに済んだはず」の児童をまきこむ事だけは避けるべきと考える。以上。

コメント

  • study2007 @study2007 2011-12-13 22:21:10
    真の「相場観」は何年か後に(チェルノブイリよりも遥かに公正、高精度な調査により)健康被害が起きたり起きなかったりして初めて醸成されるものと考えます。仮にそれが必要で誰かが危険をおかしてでも見つけなければならないモノだとしても、子供以外の被験者を募って行うべきことと考えます。
  • Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2011-12-13 22:50:32
    でも、可能なかぎり子供優先で調査したい気がしないでもないが...
  • study2007 @study2007 2011-12-13 23:08:12
    とりあえず全国の給食の産地を西日本に限定し、さらに産地偽装などをチェック(抑止)するため、高感度でサンプル調査するのが実際的ではないでしょうか、、「大人の事情で出来ない」という前提さえ捨てれば可能なことと考えます。
  • クリエネ(東京五輪招致疑惑追及しろ) @morecleanenergy 2011-12-13 23:40:47
    早野教授の「給食まぜて測定」は測定機器が限られているというのが前提だったと思いますが、実際のところそうなんでしょうかね。二本松市の市民測定所が頑張りを見ると、もっと公共機関は予算も人も投入して良さそうなものですが。
  • peko (ただいま怒りモード?) @pekopeko0705 2011-12-13 23:41:32
    子供たちの給食に関しては①出来る限り西日本(+北海道?)に限定する②加工食品はできるだけ避ける③調理前に食材ごとに測定する(調理センターの場合は複数の産地・農家の野菜が混ざる可能性があるため、サンプル抽出方法は慎重に考慮したほうが良いかも)の3点について、内閣府(食育促進計画)に改善を申し入れる必要がありそうです。内閣府がカギを握っていると思いますので→ http://bit.ly/v10PWI 早野先生方式は健康被害が出た子供たちを追跡調査する時に役に立つと思いますが、健康被害防止には役に立たないような
  • ex_hmmt @ex_hmmt 2011-12-14 09:35:02
    比較対象として、メッシュは粗くしてもいいから、西日本……いや、沖縄でもいいや、給食の測定もするといいと思うよ。それで本当のところどれくらいの差があるのかが分かれば、本当に対策をしなければならないレベルかどうかも分かる。
  • ex_hmmt @ex_hmmt 2011-12-14 09:39:46
    後、この件に関しては「子供を被験者にして」というのは誤りでしかない。「既に起きてしまっているもの」に対して、現実的に可能な限りでログを取ることは、あえてその状況に故意に置くこと=被験者になること、とはまったく違うものだという事を理解する必要があると思う。
  • 丸 宏一 @MaruKoichi 2011-12-14 10:32:41
    「既に起きてしまっているもの」は、特に給食という仕組みの中で汚染物を混ぜて薄めて全国にばらまくという均一化なので、その比較はあまり意味をなさないように思う。つまり「あえてその状況に故意に置くこと=被験者になること」が全国的に起きているという解釈ですね。
  • りす @squirrel6406 2011-12-14 11:51:03
    RT @study2007: つまり汚染地域の地元産給食は、本来行わなくても済むはずの(行うべきでない)「オッズもレートも分からない不公正な取引き」であり、少し大げさに言えば今年から参加する児童はその命と引き換えに何年、何十年か後の「相場観」を作る役割りを政治的に担わされる事になる。
  • りす @squirrel6406 2011-12-14 11:51:10
    RT @study2007: つまり汚染地域の地元産給食は、本来行わなくても済むはずの(行うべきでない)「オッズもレートも分からない不公正な取引き」であり、少し大げさに言えば今年から参加する児童はその命と引き換えに何年、何十年か後の「相場観」を作る役割りを政治的に担わされる事になる。
  • そば粉の銀行2017 @aacgm_lat 2011-12-14 15:16:29
    高精度の事前サンプル調査・産地偽装チェックが現在のリソースでどれくらい現実的な解なのか、で決まるかと。定量的な判断材料は持ちあわせていないのですが、給食まるごと事後検査の方が比較的低リソースでやれそうな気はします。
  • そば粉の銀行2017 @aacgm_lat 2011-12-14 15:27:16
    あと、事前チェックや産地偽装の漏れを防ぎ「切れる」ところまでは期待していないというのもあります。絶対すり抜けがあるでしょう。関西産のラベルが付いてるだけで、被ばくにかなり神経質になっている人たちは果たして「安心」できるのでしょうか。それならばせめて食べてしまった量を知りたいと思いました。
  • しずみん @shizumin_gerbil 2011-12-14 20:32:47
    ガラスバッジ配布と同じく「どうせ病気になるか死ぬかなんだから、せめて貴重なデータサンプルになれ」という研究者の思惑を感じるところがなんかイヤな理由だ。まずは最大限に防いでほしいのに。調べること自体は賛成なんだけど。
  • Haachan2011 @Haachan2011 2011-12-14 21:02:15
    測定結果が学校によって差があった場合、高い値の学校に子供を通わせている親は納得できるのでしょうか、、、産地を限定していれ産地偽装でもない限りそんなに差が出ないはずですが。
  • ジョエーウ @joejoeu 2011-12-14 21:56:46
    産地(たとえば県単位)が同じでも地形によってセシウムの移行率などはかなり変わります。
  • Clarksdale工藤 @clarksdale_kudo 2011-12-15 00:31:26
    学者様は正確な数値を知りたいのでしょうが、子を持つ親はつまるところ数値なんてどうでもいいのです。ベクレルもシーベルトも、本来はどうでもいいのに必要に迫られて理解を務めているのです。にも関わらず「わかってない」などと言われる不条理。この溝は3.11以来、全く埋まっていない。
  • Susanna Yukari Oseki @niigatamama 2012-01-21 16:27:29
    理想的にはstudyさんのおっしゃるとおりで、そうしてくれるなら何も文句はないのです。ただ、現実にはどこの教育委員会も似たり寄ったりの対応で、西日本産にしてくれないどころか、食材の測定もほとんどできていない。
  • Susanna Yukari Oseki @niigatamama 2012-01-21 16:31:10
    実際に行政と話せば、どれだけいろいろな言い訳をして給食についての対策をしないでいるか、測定方法が間違っていたり抜け穴だらけだったりするかわかります。だからこちらもその言い訳に対応して「じゃぁこれならやってくれますか?」と言いやすいのがまるごと検査。
  • 御堂岡啓昭 @Ani2525 2012-01-22 03:54:08
    早野氏の本質は、子供使って実験、相場観を作ってるのかあ・・・。buveryと話が合う理由が分かった。「一方,内部被ばくについては,全く「相場観」が形成されていないのが問題.」言葉の端々に問題があると言われてた理由が分かった。
  • ChicBits @ChicBitsLab 2012-04-24 13:36:28
    「相場」という言葉が適切だったかは疑問ガ残るが、言葉の響きでだけ反応している感じがして残念。

カテゴリーからまとめを探す

「アニメ」に関連するカテゴリー