10周年のSPコンテンツ!
10
蒼井真理 @aoi_mari
浦和は監督にミシャ就任濃厚か。しかし浦和にミシャは合わないと思うなあ。今季の補強は彼の意向は反映されないだろうし、それなりに形になるには最低2年はかかる。来季あたり下位に低迷した時、これまでの主力を趣向に合わずに干した時に、サポとフロントがどういう反応をするか
蒼井真理 @aoi_mari
本当に浦和に向いてるのは岡田武史だと思うよ。彼はどこまでも「与えられた環境・素材で」限りなく最高に近い「結果」を生み出すリアリストだから。その代わり選手を育てる事も、クラブのカラーを作る事もほとんどしないけどね。基本、去った後にはぺんぺん草も生えないw
蒼井真理 @aoi_mari
マリノスはどうするのかなあ。とりあえず嘉悦社長も天皇杯負けても続投で、下條・和司・樋口のタテラインも全部そのまんまかなあ。何らかの反省、交代による修正はなされないのだろうか?
蒼井真理 @aoi_mari
シーズン中から、マリサポのお友だちとの雑談ではしばしば言ってきた事なんだけど、私が今季一番失望しているのは実は和司さんじゃなくて、樋口ヘッドコーチなのね
蒼井真理 @aoi_mari
和司さんが監督経験なくて「神輿」だって事は就任1年目から承知の上。だからヘッドコーチには監督経験・コーチ経験の両方が豊富な人材が必要だった。石崎さんには断られたけど、樋口さんも双方の条件を満たしてるし、マリノスの事もよく知ってるから悪くない人選だと、あの時は思った
蒼井真理 @aoi_mari
和司さんが「神輿」だってのも、別にまあそういうスタイルの監督も(最近は少ないけど)洋の東西を問わず皆無ではない。名古屋のストイコヴィッチだって、それに近いスタイルだと思うよ。守備構築は専門コーチに丸投げだって話も聞くし
蒼井真理 @aoi_mari
周りの環境さえ整えてあげれば、和司さんは「神輿」としてちゃんと機能したかもしれない。本人だって「トレーニングについては各コーチに任せてる」って分業してるし、その事を隠してもいない。時々、選手個々を捕まえてボソっとアドバイスするとか、そんなんで良かったと思う
蒼井真理 @aoi_mari
ただこの2年のマリノスのガッカリだった事は、その神輿を担ぐ周りの体制が弱かった事。和司さんは大まかな方向性を決めて「ワシこんなサッカーやりたいから、選手たちができるようにお前らちゃんと教えとけや」ってコーチに投げるのが神輿として正しい仕事w なんだけど・・・
蒼井真理 @aoi_mari
そもそも「ワシこんなサッカーしたい」を強化部と刷り合わせて打ち出す訳だけど、1年目は明確なビジョンがなかった。ずっと見てて「これがやりたいんだな」ってのが何も見えなかった。2年目は「バルサみたいな(笑)」だったんだけど、まあマリノスのカラーと現有戦力を考えたら全く有り得ない
蒼井真理 @aoi_mari
これは強化部(下條さん)が「そりゃ無理ですよ」って言わなきゃいけなかった。それでもどーしてもやるってのなら、毎年少しずつ「バルサみたい」にフィットする選手に入れ替えて、時間をかけてチームを作る必要があった
蒼井真理 @aoi_mari
それなのに。中盤は藤本、柴崎、谷口の順にリストアップ。順に振られて最終的に谷口。一番バルサから遠い選択w 有り得ない。いや本当にバルサやりたかったら、ユース2年からアンドリューを4番(アンカー)で使っとけよ。たぶん残留争いだっただろうけど、本当にやりたかったらそうすべきだった
蒼井真理 @aoi_mari
前オフにリストアップした中盤選手のタイプが三者三様だった事で、ウチの強化部の行き当たりばったりっぷりは良くわかる。で、CBのバックアップ・次世代レギュラ候補に青山。有り得ない。バルサやりたかったらパス出せるCB獲ってレギュラにして、相方を中澤と勇蔵の二択にするとかしないと・・
蒼井真理 @aoi_mari
補強最大課題の「千真の相方」もラドンチッチが怪我だしお高いしで見送り、結果は大黒将志。期待に応えてたくさん点を取ってくれたけど、千真とはフィットせず。そして千真は来季ウチに残るか微妙な情勢に。現有戦力を活かす補強が出来ていない。目指す方向性に合致した補強も出来ていない
蒼井真理 @aoi_mari
「今季の補強はそれなりに良かった」と言う人が結構いる。私はもう真っ向から否定したい。「まったくの結果オーライである」と。開幕直前に180度方向変えて4-4ゾーンのブロック形成にしたから谷口とパンゾーはフィットした。千真の出場機会を削って、大黒は点を取った。全部行き当たりばったり
蒼井真理 @aoi_mari
現強化部(下條さん)は最も大事な仕事である「2、3年スパンでチームの方向性を打ち出し、それを元に監督を決めて、監督と話し合い、その方向性に合致した補強を進める」事が何一つできていない。2010年はまだ引き継いだものだとしても、今季は昨季から続く体制下の仕事。言い訳はできない
蒼井真理 @aoi_mari
「こんなサッカーやりたい」だけじゃチームは作れない。とりあえず今保有してる戦力を分析して、それに合ったスタイルを見つける。理想があるなら、少しずつ補強と放出を繰り返して、3~5年スパンで少しずつチームを変えるしかない
蒼井真理 @aoi_mari
結局、谷口と小林祐三、青山を補強した今季のマリノスは、ある意味昨季以上に「4-4ゾーンでしっかり自陣にブロックを形成してカウンタとセットプレイで強かに勝ちきる」スタイルが最も相応しい選手陣容であった。しかし和司さんはシーズンを通して「バルサみたいな(笑)」を目指した
蒼井真理 @aoi_mari
下條さんにどれだけ強化部長としての権限と責任がるのか? 本来、強化部長やGM職は「チームの方向性を決める」根幹を司るポジションで、監督の任命権も有する。方向性に合った監督を招聘し、話し合って2人3脚でチームを作るのが本来あるべき役どころ
蒼井真理 @aoi_mari
では和司さんを呼んだのは下條さんか? 否、嘉悦社長である。ではサッカー畑では素人の嘉悦さんに和司さんを推薦したのは? 「日産OBの皆さんと話し合って」決めた、と。特に金田さんが強く推したという話は聞いている。どこまでが本当かは知らないけど
蒼井真理 @aoi_mari
つまり本来、強化部やGMが持つ権限を実行したのは「金田さんの強い推薦を受けた嘉悦社長」という事になる。もうこの辺から、かなり権限と責任の所在が曖昧すぎて「未だプロクラブになりきれない企業スポーツ色全開のマリノス」らしさ爆発である
蒼井真理 @aoi_mari
嘉悦社長は任命権者ならば和司さんの仕事に責任を負わなければならない。しかし本来、社長は経営面の責任を負うべきで、偶然性の高い(例えば優れた補強が必ずしも結果に結びつかない)チーム成績にまで及んで、コロコロ社長のクビが替わってはクラブの安定経営は望めない(近年のマリノス)
蒼井真理 @aoi_mari
では嘉悦社長に強く和司さんを推薦した金田喜稔氏の責任を追及する? ・・・どうやって? もう色々おかしい。 つまり社長はチームの強化については、「経験と実績あるGMを見極めて招聘し(この段階でOBに意見を請うのはオススメしないがアリっちゃあアリ)、全権と責任を与える」必要がある
蒼井真理 @aoi_mari
マリノスの病巣は根深い。何故、嘉悦社長は本来あり得ない「責任を有さないOBに相談して」監督経験のない和司さんに決めたか。他に相談する人がいなかった。あるいはクラブに旧くから関わる・在籍する人たちが、そう誘導した
蒼井真理 @aoi_mari
もうずっーーーーーーっとマリノスは同じ事を繰り返している。「クラブ・チームの運営において大事な決定について、実際のところ誰がどれだけの権限と責任をもっているのか」が見えない。社長は日産から出向してくるサッカー畑でないエリート企業人。では誰が彼らに入れ知恵をしているのか?
蒼井真理 @aoi_mari
サポカンでは嘉悦社長以下の職員が「派閥なんてありません」と言った。しかし「社長以下一枚岩になって」と言っても、繰り返すが社長はサッカー畑の人間ではない。失礼かもしれないがクラブ経営については素人だ
残りを読む(15)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?