Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能

陰謀論についてbybilderberg54氏

まとめました。
3
アルルの男・ヒロシ @bilderberg54

ツイッターの情報の検証、案外これが出来ていない人が多いのだ、という話を聞いた。私も少し前はその傾向があるし今でも時々そうなる。陰謀論の本ばかり読んで、同時にFTなどの一般紙も読むと、陰謀論と一般紙の内容の違いに頭がくらくらする。そこで相互の情報の真偽チェックをやってみたのである。

2010-05-21 11:47:14
アルルの男・ヒロシ @bilderberg54

そうすると陰謀論系の本でも内容は玉石混淆。情報源を引用している本のあまりに多いことや、情報源そのものが汚染されているケースも多いことに気が付く。陰謀系、一般紙の情報をクロスチェックしてふるいに掛けることは間違いなく必要だろう。これはツイッターの情報を吟味する際にも使える手法だ。

2010-05-21 11:49:48
アルルの男・ヒロシ @bilderberg54

陰謀論大好き人間から言わせて貰うと、日本人は陰謀論を真に受けすぎている。情報というのはバイヤスがかかっており、発言者の願望、狙いによるベクトルがかかっている。アクター(この場合表現者)の思惑を理解したうえで情報を読み解くという合理的選択視点が求められていく。

2010-05-21 11:51:14
アルルの男・ヒロシ @bilderberg54

そうすると情報が氾濫する中、真に信頼できる情報とは何か、という質問が出るだろう。それは複数の利害関係のない人間が共通して出した結論に最大公約数としての真実があるというものである。そのように割り切って情報に接すればいい。

2010-05-21 11:52:56
アルルの男・ヒロシ @bilderberg54

あと、陰謀論というと頭から否定する人もいる。これももったいない。陰謀論とされるものの半数は飛躍した極論だけれども、中には作業仮説として面白いものもある。自分の仮説が間違っていればチューンナップすればいい話で、陰謀論をことさらに否定するのも良い傾向とは言えない。

2010-05-21 11:54:39
アルルの男・ヒロシ @bilderberg54

陰謀論を裏付けるのは複数の状況証拠である。それがない陰謀論のジャンルの書籍は、それこそファンタジーである。コンスピラシーが世界に存在することは確か。しかし、それが事実や状況証拠による裏付けがあるのと無いのとでは全然意味合いが違う。

2010-05-21 11:56:06
アルルの男・ヒロシ @bilderberg54

日本版ティーパーティーが難しいとつぶやいたら、今こそ日本でそれが必要だとする声を戴いた。ただ、仮に日本で茶会党をを実行するには、米国のリバータリアニズムとポピュリズムの研究が先ず必要だろうし、ティーパーティーのうち、ポール議員的なものを目指すのかペイリン的を目指すのか議論すべき。

2010-05-21 11:59:46

コメント

菊地研一郎 KIKUTI , Kenitiro @kenitirokikuti 2010年5月21日
このトゥギャ、「陰謀論についてby副島隆彦」(http://togetter.com/li/22806)とあるけど、ツイート主はアルル氏で、NOT副島隆彦です。
0