29
qthulhu @zgwaht
Fー35導入が決定したが、これで一件落着となるのだろか。米での評価では、運用面に懸念が...索敵からミサイル攻撃、ステルス性に問題ありと。数ヶ月前、航空雑誌で、フェアチャイルドAー10の代替機になり得るかのような解説を読んだことがある。敵機との空中戦ではなく、地上攻撃向きなのか。
qthulhu @zgwaht
航空自衛隊がFー22のステルス性に拘った挙げ句に入手失敗に終わり、果たして問題山積のFー35で我慢できるだろか。日本の優秀なパイロットなら高度な運用が可能と信じてのことか。導入後、ステルス機能を強化し国産の強力なレーダーに換装できるなら問題ない?何れにしろ高い買い物になるだろう。
MASA🌈🕒 @masa_0083
特に軍事技術に造詣の無い人ほど、日本の軍事技術を高く評価してるのはなんでだろう。一種の願望なんだろうか。 ステルス技術の基礎理論はロシアだし、実際はアメリカが断トツですよ。 日本は後追いグループの一員というのが実情でしょう。
JSF @obiekt_JP
いや優ってませんが。心神のモックアップのRCS計測はフランスで行われてます。日本は自力でステルス性能を測定する事すら出来ません。RT @zompha: ステルス技術なら日本の方が優っている筈なので、ユーロファイターを導入してステルス化した方が賢明だったような気がする。
MASA🌈🕒 @masa_0083
@zompha @masa_0083 不躾で申し訳ありませんが、F-35はマルチロールファイターですよ。地上攻撃も空中戦闘もこなせる高性能機です。
MASA🌈🕒 @masa_0083
@wie1973 あの方、機体が軽い=機動性が高くて空中戦で有利とか、ずいぶん古風な思想も感じますね。 フライバイワイヤとか推力重量比とか、普通の人は知らないから仕方ない所もありますが…。
MASA🌈🕒 @masa_0083
ノースロップ・グラマン社のF-35に搭載されているEO-DASのPV (5:34) #nicovideo #sm16328043 http://t.co/5lCjnGoT
拡大
qthulhu @zgwaht
ステルスを絶対視している人が多いようだ。それほどの技術なんだろか?F-22、F-35のステルス性にも疑問が、持ち上がっているのをご存じないらしい。塗料で電波を吸收するには、半端な量では効果ない、機体重量が嵩むだけ。結局は機体の形状を変え、電波を拡散するのが一番効果的ではないのか。
qthulhu @zgwaht
巡航速度Mach2で飛行可能なのは、現在F-22のみで、大抵はアフターバーナーを併用してMach2を超えるか超えないかだ。それが、F-22を最強の戦闘機にしている。ネット上に、UFOを追跡するF-22(2機)の動画が載っている。如何に最強のF-22ですら、UFOには追いつけない。
qthulhu @zgwaht
日本に計測器がないからフランスで行なっている?…ATD-X心神の開発予算を増額したら、問題解決するのではないのか。雀の涙ほどの開発予算で細々研究していたのでは、ハリボテしかつくれないのは当然だ。しかし、大ぴらに研究し始めたら、また米から横槍を入れてくる。F2の二の舞で中途半端に。
qthulhu @zgwaht
F-35に決まって有頂天になっている場合だろか?F-22がどうして唐突に生産中止になったのか、真相を知ってる人がいるなら教えて欲しい。何か深刻な問題があった可能性はないのだろうか。米では、F-22、F-35のステルス効果を疑問視し始めた。高性能レーダーでステルス機を捕捉可能では?
qthulhu @zgwaht
@masa_0083 マルティロール・ファイターであることは、航空ファンなら小学生でも知っています。ラファールはオムニロール・ファイターと称しているのも知ってます。
ゆい奈 @yui1107
@obiekt_JP @zompha  私はユーロファイター逆転又は補欠採用を信じています。 完全ステルス設計は敵地への先制攻撃という「侵略」に必要な技術。日本の国是には合致しない。 迎撃機としてお二次的ステルス性能で十分 http://t.co/n3ar0Rzx
ゆい奈 @yui1107
@obiekt_JP @zompha  むしろ、海上自衛隊が中国との南方諸島問題で必要なら、軽空母を保有し、その艦載機として F-35B を10機程度(予備機2)持てば十分、通常型、艦上機型は不要。 制空と迎撃はタイフーンで http://t.co/n3ar0Rzx
JSF @obiekt_JP
@yui1107 @zompha いやもう逆転は有り得ないし、ステルスは侵攻爆撃専用じゃなく空対空戦闘でも重要な要素ですから。例えば世界最強の戦闘機F-22ラプターはステルス機ですが爆撃能力は非常に低く、ほぼ空対空専用機です。ステルスは空戦に要らないという言説は全くの嘘ですね。
JSF @obiekt_JP
@yui1107 @zompha すみませんがF-35Bが10機程度で一体何が出来るんですか? 敵の基地航空隊から数十機機単位でSu-30MK2がやって来るというのに? 本格的な戦力を持つ大国を相手に軽空母程度では何の役にも立ちません。アルゼンチン程度までが限度です。
ゆい奈 @yui1107
@obiekt_JP @zompha 全てをF-35A(通常型)として、2016年の更新には絶対間に合いません。 日本の防衛産業技術者の維持という経済政策的問題考慮すれば せめて 40機のF-35 の代わりに 25機、浮いた単価で15機ではなく、33機のタイフーンが購入可能
JSF @obiekt_JP
@yui1107 貴方、最初にそんな主張してませんでしたよね…論点を変える前に以前の主張をちゃんと検証してからにして下さい。ステルスは空戦能力に関係するかどうか。想定戦場付近に大規模な陸上航空基地がある敵国に軽空母が何の役に立つのか。先ずこれに付いてそちらの感想は如何でしたか。
ゆい奈 @yui1107
@obiekt_JP  あくまで私論ですが「視界外で対空ミサイルを先制発見・先制撃墜」する限りに於いてステルス性能は空戦でも意味があります。 しかし、相手を目視で確認して「敵性」と確認してから攻撃する空戦に於いては、「レーダーに対する」ステルス性能は余り意味を持ちません。
ゆい奈 @yui1107
@obiekt_JP >尖閣諸島などへの中国牽制目的で実際の交戦を想定しない場合、住民反対等で大規模基地を設置し難い八重山諸島では示威目的で同海域に空母を派遣するのは理に適うと考えます。示威行動ですから日本の国力に無理のある正規空母は必要ありません。
JSF @obiekt_JP
@yui1107 今後、敵味方お互いが中距離空対空ミサイルを持つ戦闘機同士で空中戦をする場合はBVR(視界外)戦闘で全てが決まり、有視界戦闘は発生しないというのが空軍関係者の見立てです。格闘戦は行われません。ましてや片方がステルス機ならば尚更。
ゆい奈 @yui1107
@obiekt_JP 日本の航空自衛隊が視界外戦闘を前提に敵性国家との交戦規程を定め、文民統制の内閣にこれを説明し、承認を貰えるのなら、ステルス機の全機購入は意味があるでしょう(条件付き是認:ゆい奈)
JSF @obiekt_JP
@yui1107 尖閣諸島は目と鼻の先なのですから、那覇基地から戦闘機を飛ばして(空中給油機を使ってもいい)も十分届きます。軽空母には対潜ヘリコプターを積んで、上空援護は陸上基地からの戦闘機で事足りる筈です。空母とは遥か遠くの海外遠征で使う兵器であり、本土防衛には不必要です。
ゆい奈 @yui1107
@obiekt_JP しかし、F-35 ライトニング II は未成熟の機体です。今後の未知の問題発生や開発中止又は遅延を考えた場合、保険としての危険分散としての必要機数の一部のタイフーン購入割り当ては意味あると考えます(私論・持論)
ゆい奈 @yui1107
@obiekt_JP なるほど、空母不要論についての貴方の考えには理由があります。軽空母保有論については撤回します。
残りを読む(38)

コメント

しろねこ@自作リカンベント @steadywhitecat 2011年12月18日
カランデキたー エラソウニシテキたー オドシテキたー
JSF @obiekt_JP 2011年12月18日
「ネット上に、UFOを追跡するF-22(2機)の動画が載っている。如何に最強のF-22ですら、UFOには追いつけない。」←ナニコレ。真性だったのか…
nekosencho @Neko_Sencho 2011年12月18日
ま、ミグやスホーイでも確認されるまではUFOだしな…… ところでレーダーはともかく赤外線関連のステルス性はどうなんだろF35
涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2011年12月18日
そんなに脅迫っぽい文言ってあるか?
hamp@横浜山中 @32hamp 2011年12月18日
人の振り見て我が振り直せ の典型例w
氷雨 @hisame 2011年12月18日
『自分は専門家じゃない』は錦の御旗にはならない
はよ @hayohater 2011年12月19日
http://b.hatena.ne.jp/entry/togetter.com/li/229234 むしろゆめみがち酷使様をつぶしてるだけなのに、なんだこのはてサどもの言いぐさ。
SNDHF @SNDHF 2011年12月19日
F-35とユーロ台風の両方を導入とか、喜ぶのはオタだけじゃないですかーやだー。
|日0☆TK @kyuumaruTK 2011年12月20日
@Neko_Sencho 『らしい』情報でいいなら、IRのステルス、シグニチャに関しても相当に低く抑えてるんだと。 というのも、機体表層に望遠機能を備える高解像度のサーマルセンサがあるでしょ? あの種のセンサはプラットフォームがよく調質された赤外輻射レベルでなければ視界が感度低下、酷ければホワイトアウトするのよ。 イメージとしては自発光体にNVの眼を付けたような有様になる。
|日0☆TK @kyuumaruTK 2011年12月20日
未だにIRセンサの主流懸架方式がポッド式か機首上面ばっかりなのはこういう理由。熱輻射絶縁が必要なの。MBTのサーマルセンサもそうだけど、こういうのは観測側が暗ければ暗い程対象が鮮明に観測出来る。サーマルとミリ波の共存っていうタームもこの筐体懸架干渉の排除のための組み合わせ。
T-2改 @t2kai2 2011年12月20日
F-104が「最後の有人戦闘機」とか言われてたのは「究極の有人戦闘機」ってのが誤訳されて広まったからで、しかも日本国内くらいでしか通用しないって話なんだけどなぁ。
3号(本業きっこbot) @kikko_not_bot_R 2011年12月21日
たとえF-35がクソ戦闘機でも、導入数40機は凄く妥当じゃないでしょうか?「非ステルス機によるステルス機への戦技研究」には格好の機体だと思います。とりえず、302空の小園安名司令がご存命なら、既存のF-2Bに全機斜銃搭載ですごくイヤー!な結末になりそうですよね。
雑草スレイヤー@ディーゼルサイクル学習中 @gc_cic 2011年12月24日
F-35、カタログスペック的には攻撃機としてなら単独でも、戦闘機としてならAWACSやイージス艦との連携で極めて高いパフォーマンスを発揮するでしょうが、それよりもF-4退役に間に合わなかった時にリースしてもらう機体を選定しておいたほうがいいような気が…
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする