編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

『みんなが報じているからホント』という受信回路の不思議。

twitterで話題になってもニュースが1社しか出ていないことで本当かどうかを疑ってしまう不思議。また、自分でソースを調べないと信じられないのは、ショックを受け入れる為の準備なのかもしれないという考え。
心理 Twitter
4467view 1コメント
9
一色登希彦 @ishikitokihiko
森田芳光さんの情報、興味深いので中日新聞に今電話で問い合わせました(名古屋本社 052-201-8811 )。 記事そのものは新聞に印刷された本物だそうです。 森田芳光さんの訃報の記事そのものは本物だそうです。
冬乃郁也@「ルームナンバー」発売中! @fuyuno_ikuya
うーん、やっぱり本当だったか。裏取るのに時間かかったのかな?森田監督新作封切り前だったのに。後生善処をお祈り致します。
@hiyona
@fuyuno_ikuya でもみんな、いきなり踊らされずにソースを確認することを覚えてきた昨今だよね
冬乃郁也@「ルームナンバー」発売中! @fuyuno_ikuya
ソースをきちんと探して情報の真偽を確認する作業が、その情報から受けるショックを和らげてる気がするのは私だけだろうか。一度冷静に情報として向き合うことで、心構えが出来るというか……
一色登希彦 @ishikitokihiko
同じ感慨を今書こうとしていました。 RT @fuyuno_ikuya: ソースをきちんと探して情報の真偽を確認する作業が、その情報から受けるショックを和らげてる気がするのは私だけだろうか。一度冷静に情報として向き合うことで、心構えが出来るというか……
冬乃郁也@「ルームナンバー」発売中! @fuyuno_ikuya
@ishikitokihiko 反射でする反応が、ソースをたぐるという行動になると、いろいろ冷静に対処出来るようになりそうですよね。
一色登希彦 @ishikitokihiko
@fuyuno_ikuya 適当な表現ではないかもしれませんが興味深い経験をしました。
一色登希彦 @ishikitokihiko
つまり、見た事ないニュースは1社1媒体が報じただけだと、皆が信じはしないないわけだ。今この時間はすでに全社が報じていて、そうなると皆、自動的に信じる。 本当かどうかの検証はなされぬまま「みんなが報じているからホント」という受信回路になっているとするとそれはそれでコワい。
一色登希彦 @ishikitokihiko
情報の真偽確認の恰好の訓練にはなった。1社以外のニュース各社が一斉に報じる前に情報の波打ち際に揉まれた感じは不思議だった。最後は自分で新聞社に電話するしかなかったのも。 いやでもそんなことじゃなくて訃報なんだよと思うと感情的に我に返る。

コメント

くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2011-12-21 20:11:25
直接面識のない著名人の訃報は、報道てしか知る機会がないのでは。報じたのが一社なら飛ばしかもしれないけど、大手数社が報じたならより確からしいのは事実。まだマスコミにはそれくらいの信頼度は残ってる。確認を一切飛ばしたデマやデマ紛いをRTによる拡散よりは、報道が間違ってましたの方が「仕方ない感」があるのでは。個人では一次ソースにあたれないことの方が多いのだから。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする