10周年のSPコンテンツ!
10
ぽよ @Poyo_F
ぽよは、原発の話をするのを封印してきた。昨日、気が変わったので、ちょっとだけ封印を解いてみるよ。茂木( @kenichiromogi )の真似をして連ツィでね。おっと、トンネルだ。。。

*ぽよさんによる連続ツイート

ぽよ @Poyo_F
(1)ぽよは、無理やり分類すると原発反対論者という事になるのかもしれないが、それは、原発が危険と思うからではない。こういう事を書くと「どこが安全なんだ!」といった「安全か危険か」という対立しか頭の中に無いイデオロギー人が出てきたりして、めんどうくさい。ぽよは安全とは言わない。
ぽよ @Poyo_F
(2)ぽよは、何が嫌いと言って、筋を通す為に、厳格な公平を求めるために、傷ついているかもしれない人の為に、本当に目の前で傷ついている人への情や自由が無くなった閉塞社会が嫌いだ。
ぽよ @Poyo_F
(3)原発は人々に安心してもらうためのコストが大きすぎるので、そのコストを除けば安易に得られる安い電力だ。どんな電力でも取扱いには常に危険を伴う。危険の平均値(期待値)を測れば、恐らくは原発が最も低い。だが不安な人の心は、平均値では癒されない。イデオロギー人は、この心を利用する。
ぽよ @Poyo_F
(4)ぽよが原発に対する話題を封印していたのは、今度は「ほら、原発反対イデオロギー人達は、科学的には誤った事を主張している。だから安全なんだ。」という逆のイデオロギー人の台頭に加担してしまいそうだったからだ。逆イデオロギー人は、嘘や間違った事に対する人々の嫌悪心を利用する。
ぽよ @Poyo_F
(5)代替エネルギーの開発や、電力(技術)の海外依存など、不利だらけに見える状況を生き抜くためには、我々は「本気」で頭を使わねばならなくなるだろうし、「閉塞社会」を維持してゆく余裕など無くなるだろう。安い電力のためにいがみ合う社会よりも遥かに元気な未来が待っている気がするのだ。
ぽよ @Poyo_F
(6)ぽよは、学生運動の残り火を見て育って、イデオロギーを対立させ、「良きものが欲しい」と思う素朴な思いが、いつしか相手をねじ伏せるという目的に変化してゆく集団の虚しさに辟易していた。議論のための議論はシラケを生み、それを引き継ぐ人は無関心になる。
ぽよ @Poyo_F
(7)つまりは、ぽよは、あっちに向いても、こっちに向いても間違っているように見える八方ふさがりの思考の迷路の中で、本当は最も避けたかった消去法的考えを身に着けてしまったのではないか?「喧嘩はやめようよ」は、いつも正しいが、「喧嘩しても仲間」の方が正しいよいももっといい。
ぽよ @Poyo_F
(8)ぽよの中の「原発は縮小すべし」と「科学的な真実」とが混在する一見矛盾した価値観は何なんだろうと、長い間、ぼんやり思っていた。昨日のECHOESの、原発とは全く関係のない(ぽよにとって初めての)ライブで、ECHOESと客が共に作り上げた時間の中に答えがあった。
ぽよ @Poyo_F
(9)イデオロギー対立の社会を嫌がる冷めた心は、熱い心の反対語ではなかったんだ。問題は「正しい事」を求めるところにあったのかぁ。ぽよはマダマダ未熟だ。正しい事を求めるより、(間違った事を信じていたとしても)信じる事に対して精一杯参加する熱い心の方が、どんなに尊い事か。
ぽよ @Poyo_F
(10)ぽよは真夜中3時過ぎの飲み屋街を「正しい事よりも信じる事」と、頭の中で繰り返しながら歩いていた。昨日は、久々の良い日だった。
ぽよ @Poyo_F
正しいよいも⇒正しいよりも、、、、 う~ん、トンネルに思考の流れを止められて、支離滅裂になってるかも。。。茂木は毎日こんなのよくやるなぁ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする