重要なお知らせ

現在、TogetterのTwitterログインがTwitterにより凍結されており、ログアウトするとログインができない状態です。作成済みのまとめには影響ありませんので、復旧をお待ち下さい。Twitterに解除を申請中です。

「東大話法」と「立場主義」

まとめました。
Tomy_Yang 9309view 0コメント
30
ログインして広告を非表示にする
  • 島薗進 @Shimazono 2011-12-30 23:27:24
    1東大東洋文化研究所の安富歩氏『原発危機と東大話法』(明石書店)刊行、奥付は1/15。原発事故で露呈した社会病理を著者が「立場主義」とよぶ態度から解き明かす。ビジョンが大きく魅力的。語りは平易だが奥は深い。「東大話法」とは個人の意志より「立場」を先行させる生き方の典型ということ。
  • 島薗進 @Shimazono 2011-12-30 23:31:22
    2安富歩氏『原発危機と東大話法』出たて。副題が光る「傍観者の論理・欺瞞の言語」。著者は満州研究の経済学者。自らが置かれた「立場」から導き出される行動・発言をするが自分の意志は明かさない、かつ徹底的に責任を回避し自己の利益は守る態度を批判。原発が生む天下り機関は「立場」増殖の道具。
  • 島薗進 @Shimazono 2011-12-30 23:32:29
    3安富歩氏『原発危機と東大話法』。なお原発は必要と強弁したり、放射線リスクで騒ぐ人は愚かという言説の背後に、責任をけして引き受けず他者を貶め自らを引き上げる「話法」がある。全体が動いていくためのある「立場」に自分はいると位置づけているので、他者に対する責任を負う構えがない、と。
  • 島薗進 @Shimazono 2011-12-30 23:35:05
    4安富歩氏『原発危機と東大話法』。独自の経済学的世界観・自然観をもち、そこから原発問題を長く考えてきた著者が、日本社会史の分析を踏まえ「御用学者」が活躍する必然性を解明している。続編もあるそうなのであわせて読みたい。分析される病理は暗いが、学的信念によるビジョンに元気づけられる。
  • 加藤眞三 @katoshinzo 2011-12-31 08:06:14
    立場からの発言であっても、それが社会のためであれば良いだろう。 自分の立場を守るための発言であったから問題は生じたと思う。 “@Shimazono: 1東大 安富歩氏『原発危機と東大話法』(明石書店).....「東大話法」とは個人の意志より「立場」を先行させる生き方の典型”
  • 安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2011-12-31 09:08:11
    「自愛」と「自己愛」との違いを明らかにし、「自愛」に基づくことが責任を全うする道だと考えますhttp://t.co/6S8twwsn@katoshinzo 立場からの発言であっても、それが社会のためであれば良いだろう。 自分の立場を守るための発言であったから問題は生じたと思う。
     拡大
  • 安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2011-12-31 09:12:26
    「立場主義」(1):各人が「立場」のために命を投げ出す覚悟を決めることで成り立ち、その覚悟を要請する社会機構。戦争中の靖国主義によって形成され、戦後日本の基礎機構となる。(続く) @Shimazono @katoshinzo
  • 安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2011-12-31 09:14:01
    「立場主義」(2):立場には役が付随し、役を果たせば立場が守られる。役を果たせなければ「役立たず」となり、立場を失う。日本人は、立場を失うと生きていけないと思い込んでいる人が多いが、それは「立場主義」社会の中で生まれ育ったため。(つづく)
  • 安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2011-12-31 09:16:52
    「立場主義」(3):江戸時代は「役の体系」。御公儀の軍役をどのように担うかが、公儀⇒国⇒郡⇒村⇒家と分配され、それぞれの役を担うことで秩序が形成された。そこから外れる人は「無縁者」であり、別の無縁の世界があった。(つづく)
  • 安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2011-12-31 09:19:39
    「立場主義」(4):明治以降により動的なシステムが必要とされるなかで、徐々に「立場」の思想が形成されていった。なすべき仕事が国策として決定され、各々の組織がそのなかの「役」を分担して「立場」を確保する。その役と立場が組織内で分担されて、各人はそれに対応して生きていくことになる。
  • 安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2011-12-31 09:29:37
    「立場主義」(5):中国社会は「関係」と「面子」とで成り立つ。面子が立たねば関係を失い、関係を失えば面子が立たない。面子を失えば、生きていけない、と思っている。これは日本では無縁の世界で作動した原理に近い。
  • 安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2011-12-31 09:55:51
    「立場主義」(6):現代日本社会は「人間」ではなく「立場」から構成されており、人間はそのための材料に過ぎない。これは「立場」が「形相」であり、「人間」は「質料」に過ぎない、という意味で、日本版アリストテレス主義である。http://t.co/S0CNel89
  • 安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2011-12-31 09:57:06
    「立場主義」(7):日本人は、自分の命を失うことは恐れない。自分の立場を失うことを恐れる。立場を守るためなら命を捨てる。ゴミ当番が回ってくるなら、放射能が降っても逃げない。http://t.co/S0CNel89
  • 安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2011-12-31 09:46:47
    「役」がその背後にある「立場」と密接に相互作用している、と思います。つまり、 役を果たせば、立場が守られる。 立場には、役が付随する。 役を果たせなければ、立場を失う。 この原理は、国家体制と無関係なところでも明確に作動しています。http://t.co/S0CNel89
  • 安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2011-12-31 09:47:55
    「なんだか知らないけれど、色々な事情で自分にある役が回ってきて、その役を担っているという立場上、その役を果たさないと、自分の立場がなくなってしまうので、その恐ろしさのあまり、身を粉にして役を果たす、という感じです。」http://t.co/S0CNel89
  • 安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2011-12-31 09:48:18
    「そうやって私が必死で立場を守るべく役を果たすことで、私の上司や同僚も立場を守ることができて、その上司や同僚もまた必死で立場を守るべく役を果たすために頑張ることで、私の立場も守られます。」http://t.co/S0CNel89
  • 安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2011-12-31 09:49:32
    「そういう立場と役との相互依存関係の巨大なネットワークが形成されていて、それが全員の必死の努力で辛うじて維持されているようです。」http://t.co/S0CNel89
  • 安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2011-12-31 09:50:02
    「もしも誰かがどこかで「わがまま」を言って役を果たさないと、そこに穴が開き、その綻びが急激に拡大して大穴となってしまい、周囲に大変な迷惑を掛けるように思えるのです。」http://t.co/S0CNel89
  • 安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2011-12-31 09:50:25
    「しかし、そのネットワークの全体が、いったいどこに向かっているのか、自分の果たしている役が、いったいその全体とどういう関係にあるのかは、もはやサッパリわかりません。」http://t.co/S0CNel89
  • 安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2011-12-31 09:50:49
    「ただひたすら、役を果たして立場を守っていれば、なぜか給料が振り込まれ、一定期間にわたってそれを続けていれば、どういうわけか昇進するのです。」http://t.co/S0CNel89
  • 安冨歩(やすとみ あゆみ) @anmintei 2011-12-31 09:51:53
    以上、『原発危機と「東大話法」: 傍観者の論理・欺瞞の言語』から、立場主義の議論の一部を引用しました。http://t.co/VrLc5sAl
     拡大
  • 島薗進 @Shimazono 2011-12-31 10:24:49
    一般社会は「ムラ」心性を脱していく時代、国家・学界・業界がかえって「ムラ」心性と「立場主義」を強化したというからくり?@anmintei 「立場主義」(2):立場には役が付随し、役を果たせば立場が守られる。役を果たせなければ「役立たず」となり、立場を失う。日本人は、立場を失うと…
  • 島薗進 @Shimazono 2011-12-31 10:33:33
    「「企業倫理」を説いた財界の良心」木川田一隆が原発東電の「ムラ」強化時代のリーダーだったというのは興味深い。戦後の原発「ムラ」は日本の組織体質から来ているとともに、世界の軍事産業・巨大産業の秘密・隠蔽体質と関わりがある。巨大多国籍企業の時代に「ムラ」「立場主義」克服は容易でない。
  • 島薗進 @Shimazono 2011-12-31 11:21:21
    「役の体系」は日本近世史学の高木昭作、尾藤正英らによって提示され、鈴木正三や『葉隠』の山本常朝にそれにそった宗教意識や死生観を読みとる研究もある。その意識が近代にどう継承され展開し、現在に至っているか?「国策民営」領域を念頭において。安富歩『原発危機と東大話法』から学ぶところ。
  • qqwitter @qqwitter 2011-12-31 23:57:16
    脳を司令塔として身体を酷使するのではなく、身体を司令塔として脳を酷使せねばなりません。そうしてはじめて生態系との接続を回復し、生態系を豊かにする形で我々の身体を喜ばせる経済活動が可能となります。◇原発危機と「東大話法」http://t.co/pKSWYC8K

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「コラム」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする