世界が僕を否定しても、僕は僕であることをあきらめない

新作のあらすじです。ハードコアSFのようで、基本は主人公 とヒロインのいちゃラブエンタメ。精神転送とクローン身体に よって人体再生された主人公とヒロインが、それぞれ元の自分 と異なるカタチになりながらも、お互いを認識して愛し合う物語。 不完全な技術による再生というフランケンシュタイン的要素も 続きを読む
雑談 精神転送 己とは何か フランケンシュタイン セカイ系 SF 人体再生 人間とは何か いちゃラブ 小説 同人誌
3
カレーなんとか @currywhatsZ
アーキテクトの前に立ったネオの選択を、自分ができるかどうかを問う。人生って、そんなもん。
犬吠埼一介©わさらー団 すてぃるあらいぶあらいさん🌹 @inbosk
@currywhatsZ アーキテクトって、そこで使われてましたっけ?! がーん。気づいてませんでした。ww
カレーなんとか @currywhatsZ
@inbosk 白ひげのじーさんですね。( ´∀`)
カレーなんとか @currywhatsZ
人間を司るものが、脳内の微弱な電流である限り、電波人間は実在する。
犬吠埼一介©わさらー団 すてぃるあらいぶあらいさん🌹 @inbosk
重力子放射線しゃしゅしゅそうち?! っツ・・噛んでしまったわ。「・・・わざとだ」噛みまシボ、ってわけね?「・・・」
犬吠埼一介©わさらー団 すてぃるあらいぶあらいさん🌹 @inbosk
@currywhatsZ 小説で使ってしまいました。w 官僚みたいな位置づけで、神というわけではなかったですが。w 僕的にはアップルシードへのオマージュを狙っていったのに・・。(ショボーンw
犬吠埼一介©わさらー団 すてぃるあらいぶあらいさん🌹 @inbosk
アーキテクトという言葉が、アップルシードへのオマージュと思っていたら、意図せずマトリックスでも使われていたでござる。
カレーなんとか @currywhatsZ
@inbosk 的確ですよ。管理するもの、という認識でほぼ間違いないです。アノマリーであるネオが来ても自分の価値観(管理できる世界)を基準にしか話をしていません。
犬吠埼一介©わさらー団 すてぃるあらいぶあらいさん🌹 @inbosk
@currywhatsZ アノマリーって言葉がまた面白いですね・・。さすがSFに詳しいカレーさんです。:) それだけで一本書けそうです。w
カレーなんとか @currywhatsZ
@inbosk 犬さんの描く、社会派SFに登場したら面白い存在ですよね。時々作家本人が言うように、作者の意思をはなれてキャラがひとり歩きする。(私では考えただけで気がヘンになりそうですがw)それを味わえたら楽しそうですw
犬吠埼一介©わさらー団 すてぃるあらいぶあらいさん🌹 @inbosk
一匹の犬と一匹の猫の魂を同時に宿した「「僕」」は、果たしてアノマリーでしょうか?? それともただのアニマルなのか。
犬吠埼一介©わさらー団 すてぃるあらいぶあらいさん🌹 @inbosk
@currywhatsZ 有難うございます。まだ、そこまでキャラを生かすことができていないようです。アーキテクトですね。w アノマリーを体感できたらすごいと思います。そういえばいつか、アイデアをいただいたネタがありました。本当の自分をコピーしたら偽の自分になるのかだったかと。:)
犬吠埼一介©わさらー団 すてぃるあらいぶあらいさん🌹 @inbosk
@currywhatsZ アノマリーってことと重ね合わせて、昔考えていた、精神転送した結果劣化するとか、意図しない結果になるとか、まあそういうネタはいっぱいすでにあるんですけど。僕にとって「N秒後の自分」とは常に強力な敵で、勝てない存在ですから。進歩として描くのもスリルあります。
カレーなんとか @currywhatsZ
@inbosk そのへんを痛烈に皮肉った筒井作品がありますww
犬吠埼一介©わさらー団 すてぃるあらいぶあらいさん🌹 @inbosk
@currywhatsZ 僕なんて本物のトランキライザー飲用者ですし。w ドッペルゲンガーという言葉もあるとおり。元来人は己を管理したがったのでしょう。まさにアーキテクトとして。そして、アノマリーと化す自らに怖れを抱いてきた。それを具現化すると、SFホラーとして進化させられます!
犬吠埼一介©わさらー団 すてぃるあらいぶあらいさん🌹 @inbosk
@currywhatsZ なんとー。すでにありますか! さすが筒井さん。デモそのくらい古典だと、ひとまわりしてパクリにならないし、オマージュを宣言していくことができるので有利ですね。w 一個、ネタがあるんですよ。それと、その「アーキテクトでありたい人間、されどアノマリー」という。
カレーなんとか @currywhatsZ
@inbosk SFサイコホラーとして魅力的だと思います。タルコフスキーの1984をごらんになることをお勧めします。すでに見ていたらすいません。
犬吠埼一介©わさらー団 すてぃるあらいぶあらいさん🌹 @inbosk
@currywhatsZ そもそも神なんてものが、アーキテクトでありたかった人間自身の、儚い願望でしかなかったのかもしれませんね・・。
カレーなんとか @currywhatsZ
@inbosk それを「笑い」にしてしまうのが筒井康隆氏でしてw許してあげてくださいw
カレーなんとか @currywhatsZ
@inbosk 共同幻想でしょう。しかし、必要なのですね。
犬吠埼一介©わさらー団 すてぃるあらいぶあらいさん🌹 @inbosk
@currywhatsZ なるほど。1984という符号はたびたびこの世界線で登場していますね。僕も何度か観測しています。村上春樹氏が恐らくオマージュを書いたんじゃないかと思います。今度探してみますね! いつも有難うございます。ホラーはまだなのでぜひ全集第三巻にしたいところです。w
残りを読む(84)

コメント

犬吠埼一介⑨わさらー団 すてぃるあらいぶあらいさん🌹 @inbosk_old 2012年1月11日
僕の個人的な考え方として、あらすじを公開したとしても、完成した作品を読むまではその面白さは予測不可能であり、むしろ興味がわいて読んでもらう機会が獲得できるというものがあります。映画とかでもそうですよね。予告編もなくいきなり公開したとしたら。:)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする