渡辺兄弟によるクロスレビュー(2011年秋アニメ)

渡辺文重(声優ウォッチャー)と渡辺亘重(ホラー映画評論家)による2011年秋アニメレビュー。対象作品は「アイドルマスター」「UN-GO」「境界線上のホライズン」「gdgd妖精s」「C3-シーキューブ-」「侵略!?イカ娘」「たまゆら~hitotose~」「ぬらりひょんの孫 千年魔京」「Fate/Zero」「ベン・トー」「僕は友達が少ない」「真剣で私に恋しなさい!!」「マケン姫っ!」「ましろ色シンフォニー」「魔法少女リリカルなのはA's」「輪るピングドラム」「森田さんは無口。」「WORKING´!!」 ※評価基準の参考に 2011年秋アニメ 続きを読む
アニメ
2099view 4コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
渡辺文重@有料メルマガ評論家 @sammy_sammy
アイドルマスター/満足度☆☆☆/ARE YOU READY!! I'M LADY!! というダジャレ、もしくは東洋人はRとLの区別がつかないぜというスタンダップ・コメディがツボにハマる。SMAPの$10か! 結局、天海春香が一番かわいかった。さすがセンター!
二枚舌 @Nimaijita
アイドルマスター/満足度☆☆☆☆/2クールあったとはいえ、10人を超えるアイドル全てにスポットを当て、さらにほかのキャラまでフォロー。前半・後半で環境が変化したためエピソード的に不遇なキャラもいたが、構成力はすばらしい。不安要素であった“プロデューサー”をうまく使いこなせた。
渡辺文重@有料メルマガ評論家 @sammy_sammy
UN-GO/満足度☆☆☆☆☆/2011年秋アニメのベスト作品。劇場版も含め、非常に完成度の高い作品だと思った。戦後という世界観、フィクサー・海勝麟六の存在感。そしてメガネちゃん。あと、豊崎愛生さんは幅広いキャラクターを演じられる才能ある声優さんだなぁと感心する。
二枚舌 @Nimaijita
UN-GO/満足度☆☆☆☆☆/“戦後”を舞台設定ではなく、時代背景として描けていた。世間向けの真相を用意する海勝麟六と、人々に偽りの現実を見せる別天王。これら登場人物だけでなく、各エピソードもテーマに沿ったものだった。虎山 泉の「あらやだ陰謀論?(笑)」は今季のベスト・フレーズ。
二枚舌 @Nimaijita
(続き)「質問に答えさせる」能力のため推理モノとして大味に見えるが、「金田一耕助が犯人の生まれ故郷を訪ねて、事件の真相につながる証言を聞きだす」を凝縮したものと考えれば特に気にはならない。本格推理モノとして売ってても、たいていの場合は自分から動機・真相を語りだすわけだし。
渡辺文重@有料メルマガ評論家 @sammy_sammy
境界線上のホライズン/満足度☆☆☆/設定は通常、テーマや物語を簡潔にするため存在するのだが、この作品では天動説を説明する天球儀のような設定が、物語を複雑にしている印象を受けた。しかしテーマは簡潔で、言うならば地動説が正しいことを証明するというものだ。(続く)
渡辺文重@有料メルマガ評論家 @sammy_sammy
(承前)またはシンプルに「ルネサンス」がテーマなのかもしれない。しかし、あえて三十年戦争の設定を持ち出したことは、安易に「中世=暗黒時代観」を採用したくないとのことだろうか。ウェストファリア条約の歴史的な意義を含め、歴史好きにさまざまな予断を与えているが、(続く)
渡辺文重@有料メルマガ評論家 @sammy_sammy
(承前)実のところ、後世の人間が“予言書”を都合よく読み解くのを聞かされているようなものなので、作品全体としては残念な印象を受ける。ただ、個々の戦闘シーンなどは迫力があるので、深く考えないことが最も楽しめる視聴方法だと思った。
渡辺文重@有料メルマガ評論家 @sammy_sammy
gdgd妖精s/満足度☆☆☆☆/やっていることは声優さんがパーソナリティのラジオと同じなのだけど、声優さんがキャラクターを演じ、そのキャラクターがアニメーションで動くというだけで、これだけ面白くなるのかという再発見をした。こういう番組が増えてほしい!
渡辺文重@有料メルマガ評論家 @sammy_sammy
C3-シーキューブ-/満足度☆☆/声優陣は豪華で、それぞれのキャラクターは魅力的なのだけど、土台となる世界観や舞台背景がぼやけていて、物語がフラフラしていた印象を受ける。主人公の高校生がジャッジドレッドみたいな権限を与えられている理由が最後までよく分からなかった。
二枚舌 @Nimaijita
C3 シーキューブ/満足度☆☆/人の形をした拷問具(処刑器?)の集合体がヒロイン。設定・物語の方向性に奇抜さを出したが、その分、敵役の造形が難しく、失敗していた。対戦・対立構造を打ち出すタイミングも早すぎ。敵の一番手の話をばっさりカットし、細かいエピソードを積んだほうがよかった。
渡辺文重@有料メルマガ評論家 @sammy_sammy
侵略!?イカ娘/満足度☆☆☆☆/イカちゃんは本当に愛らしい。オチてないとか、物語がどうとか、そういうことは一切関係なく、ひたすらイカちゃんを鑑賞しているだけで楽しい気持ちになれる。ヴァンガード並に再放送すればいいのに!
二枚舌 @Nimaijita
侵略!?イカ娘/満足度☆☆☆☆☆/何も考えず見ているだけで楽しい気分になれる。相変わらずのオチのなさも、いうなればイカ娘の裏表のなさの象徴。テレビシリーズはこのままで、大きな事件に巻き込まれる劇場版とかできないかなあ、と期待してしまう。
渡辺文重@有料メルマガ評論家 @sammy_sammy
たまゆら~hitotose~/満足度☆☆☆/最後まで視聴すると良い作品だと分かるが、どう楽しんでいいのか理解するまでが大変だった。この作品は意外と声優アニメで、竹達彩奈さん、阿澄佳奈さん、井口裕香さんや広橋涼さんは、“いかにも”というキャラクターを演じている。(続く)
渡辺文重@有料メルマガ評論家 @sammy_sammy
(承前)そうした中、儀武ゆう子はどんなキャラを演じてるのかと思えば「口笛」さん。深夜アニメで口笛吹かれてもなぁ~という悪い印象から入るも、彼女が最も劇的に成長していき、最初の朗読劇をやり遂げるあたりが物語のクライマックスとなる。
渡辺文重@有料メルマガ評論家 @sammy_sammy
ぬらりひょんの孫 千年魔京/満足度☆☆/正直、あまり面白いとは思わなかったのだけど、どういうわけか最後までサクサクと視聴できた。「超電磁マシーン ボルテスV」のようなストーリー展開ほか、クラシックのような様式美を感じる。
渡辺文重@有料メルマガ評論家 @sammy_sammy
Fate/Zero/満足度☆☆☆☆/何から何まで不本意なセイバーさん(CV.川澄綾子)に萌える。物語もキャラクターも最高に魅力的だが、分割2クールとは言え、あの終わらせ方は納得できない。もう少し良い幕引きの方法があったと思うのだが……。
二枚舌 @Nimaijita
Fate/Zero/満足度☆☆☆/「不本意な戦いを強いられているんだ!」なメインサーバント(笑)の活躍?は楽しめたが、「俺たちの冒険はこれからだ!」はヒドい。分割2クールとはいえ、これはヒドい。パワーバランスに?マークを付けざるをえないのエピソードよりもやるべきことがあったはず。
渡辺文重@有料メルマガ評論家 @sammy_sammy
ベン・トー/満足度☆☆/黒タイツちゃんや金髪メガネちゃんなど、かわいいキャラクターが登場するところは評価できるが、半額弁当を巡る戦いに切羽詰った印象がなく、青春モノとしての盛り上がりに欠けていた。
二枚舌 @Nimaijita
ベン・トー/満足度☆/半額弁当をねらう弱肉強食バトル。着眼点は悪くないがネタとしては1話で十分。流行の要素をねじ込んで1クールをどうにか持たせた印象。数分前のセリフをすっかり忘れてしまったようなラストシーンを含め、物語の前後と食い違うセリフが数回ありそのたびにうんざりさせられた。
渡辺文重@有料メルマガ評論家 @sammy_sammy
僕は友達が少ない/満足度☆☆☆☆/ライトノベル原作にありがたいな“自称・友だちが少ない”キャラクターとは一線を画し、「これは友だちできないわ」というヒロインたちの残念ぶりがよく描かれていた。テレビCM含めて楽しめた。
二枚舌 @Nimaijita
僕は友達が少ない/満足度☆☆☆☆/いかにも友達が少なそうな面子が揃ったタイトルに偽りなしな内容。それぞれキャラは違うが共通点は「拒絶への恐怖心」。ヒロインが主人公との約束を破った原因として使った点もうまい。「聖剣の刀鍛冶」を見ておいてよかったと思うのは、最初で最後であろう。
渡辺文重@有料メルマガ評論家 @sammy_sammy
真剣で私に恋しなさい!!/満足度☆☆☆☆/軸となる物語は、ヒロイン五人で主人公を取り合うハーレムモノ。しかしテーマは「愛国心」だったり「国とは何か」など、無駄にスケールが大きく、それが面白い。あまりエロくないのが残念。
二枚舌 @Nimaijita
真剣で私に恋しなさい!!/満足度☆☆☆/エロゲー原作らしからぬハチャメチャぶり。物語のテンポも良く、下ネタ満載のギャグも笑える。ただ愛国心めいた内容は見る人を選ぶか。サブヒロインは4人用意されているが、黛由紀江&松風(一人二役)のインパクトが強すぎて、ほかの3人がかすんでいた。
渡辺文重@有料メルマガ評論家 @sammy_sammy
マケン姫っ!/満足度☆/肉感的な女性キャラクターが多数出てきて、パンチラ満載!しかし、エロくない。物語も最後まで整理されず、何がしたいのかがよく分からなかった。
残りを読む(13)

コメント

渡辺文重@有料メルマガ評論家 @sammy_sammy 2012年1月4日
とりあえず完走した2011年秋アニメと2011年夏アニメ2クール作品のレビューをまとめてみた。
渡辺文重@有料メルマガ評論家 @sammy_sammy 2012年1月6日
2011年秋アニメレビューに「森田さんは無口。」追加。「たまゆら」は残り4話まで視聴。「境界線上のホライズン」は残り7話。「君と僕」はギブアップ気味。そういえば「フジログ」は最終回だけ見てないんだよな・・・。
渡辺文重@有料メルマガ評論家 @sammy_sammy 2012年1月11日
「たまゆら~hitotose~」を追加。ホライズンと君僕は、まだまだ時間がかかりそう。
渡辺文重@有料メルマガ評論家 @sammy_sammy 2012年1月12日
「境界線上のホライズン」を追加。「君と僕」は当分視聴できそうもないし、ギブアップする公算が高いので、とりあえずこれで編集終了ということに。 2011年秋アニメ満足度→