カース・オブ・エンシェント・カンジ、オア・ザ・シークレット・オブ・ダークニンジャ・ソウル #10

翻訳チームによるサイバーパンク・ニンジャ活劇小説「ニンジャスレイヤー」リアルタイム翻訳 (原作:Bradley Bond-san & Philip Ninj@ Morzez-san) ニンジャスレイヤー公式ファンサイト「ネオサイタマ電脳IRC空間」 http://d.hatena.ne.jp/NinjaHeads/ 続きを読む
文学 書籍 ニンジャスレイヤー
3
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「カース・オブ・エンシェント・カンジ、オア・ザ・シークレット・オブ・ダークニンジャ・ソウル」 #10
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
連続殺人鬼ニンジャにして恐るべきブツメツ・ケンの使い手、デスネルを辛くも爆発四散させたパープルタコ、アイボリーイーグル、シャドウウィーヴの3人は、オミヤゲ・ストリートへと向かう。増援はわずかにこの3人のみ。彼らより上の位階にある者たちは、敢えて危険を冒そうとはしなかったのだ。 1
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
液晶面に「不知火」と明滅するオミヤゲ・ビルディングを昇り切ったパープルタコとシャドウウィーヴは、切り裂かれ苛まれた大路を見て、思わず息を呑む。道路部分はおよそ半分が崩落し、ビルも何個かアンダーガイオンの暗闇へと消えていた。まるで戦争の跡だ。シャドウウィーヴは小さく身震いした。 2
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
大路の中央ではダークニンジャとニーズヘグが、今まさに最重点攻撃目標を狩る所だった。狂ったようにメテオストライクの周囲へと降り注ぐ衛星レーザーの雨をかわしながら、ニ剣士は前後左右からの挟撃を繰り出す。そのイクサは、パープルタコの目からしても、ほとんど別次元のカラテ世界であった。 3
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
速さや強さの問題ではなかった。あのような修羅場に身を置けるかどうかで、すでにカラテが試されているのだ。3人は一瞬の躊躇の後、大路の中央へと向かう!……直後、ニーズヘグが正面からの蛇腹剣鞭でメテオの両腕を絡め取り、ダークニンジャが背後からのヤミ・ウチによって心臓を一突きにした! 4
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「グワーッ!」哄笑が絶叫に変わる。衛星レーザーから降り注ぐ光の雨が止んだ。ドクン!ドクン!妖刀が血液吸収を始める!だが、メテオストライクに憑依したニンジャソウルは強靭であった。なお身悶えし抵抗しようとする怪僧の頭を、ダークニンジャの鋼鉄ガントレットが掌握し、完全に自由を奪う! 5
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
(((マッポーの運び手だと?……図に乗るな狂人。お前に世界は変えられなかった。何一つも!何一つも!)))絶望を誘発しソウル吸収を速めるべく、ダークニンジャは残忍な言葉を浴びせる!敵のニューロンにその声が響く!「アーッ!アッバババッバアーッ!」メテオストライクは白目を剥き絶叫! 6
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
(((貴様のソウルは折れたり!)))ダークニンジャは水平に突き刺していたベッピンを右手の捻りで90度回転させる!ナムサン!心臓を抉られる激痛と、直感的にニンジャソウルを奪われると分かる絶望が、同時にメテオストライクを襲った!「マ……マッポー……カリプ……サヨナラ!」爆発四散! 7
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
…爆煙と血煙が晴れる。4人のザイバツニンジャは、その奥から現れる不吉なダークニンジャの姿に視線を吸い寄せられた。右手には紫の燐光を放つ血濡れのベッピン、左手にはメデューサめいたLANケーブルを生やすメテオストライクの生首。一陣の風がマフラーめいた黒曜石色の布を後方へ吹き流す。 8
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
だが、彼の瞳は狂気に光っているか?否。そのハガネ色の瞳は、あくまでも冷徹である。空にカタナのごとく輝く、あの下弦の月が放つ光のように、凛として邪悪であった。レーザーに切り裂かれた雲の傷跡が閉じてゆく。そこから細く無機質な月光が一筋、斜めに地表へ降り注ぎ、暗き英雄を照らした。 9
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
大路の中央に立つヤナギはその邪悪さを嫌悪するように身震いし、途方に暮れるリキシャー水牛たちは恐れ入って泡を吹いた。……ここで不思議なことが起こった。彼ら本人にも何故かは解らないが、4人のザイバツニンジャたちは、ひとり、またひとりと、英雄を讃える騎士のごとく片膝をついたのだ。 10
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ある者は、キョート城に飾られた中世ニンジャ油絵めいた神聖性を感じたかもしれない。ある者の目からは、彼の姿が一瞬揺らぎ、平安時代の英雄ハガネ・ニンジャの面影が見えたのかもしれない。またある者は、単純に彼のカラテを讃え膝を折ったのかもしれない。いずれにせよ、それは起こったのだ… 11
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
-------------  12
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
中央雛壇の上に設置された玉座。顔を高貴なノーレンで覆い隠すロード・オブ・ザイバツがそこに座し、手首から先だけを見せていた。その下には、デスドレイン一味の排除作戦に赴いた5人のニンジャが跪く。「フォーフォーフォー……こたびの働き、見事であった」小さく三度も拍手!おそれ多い! 14
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
脇に控えるパラゴンが恭しくマキモノを取り出し、ニーズヘグを起立させる。「ニーズヘグ=サン、ニンジャ1人を殺害したので、これを賞します、ドーモ」「ドーモ」二者は奥ゆかしいオジギを行い、マキモノ授与の儀式を終えた。オイラン奴隷が雅な曲を爪弾き、整列したニンジャたちが拍手を贈る! 15
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
続いてはダークニンジャである。「ダークニンジャ=サン、ニンジャ2人を殺害、さらに2人をほぼ殺害したので、これを賞します、ドーモ」「ドーモ」二者は奥ゆかしいオジギを行い、マキモノ授与の儀式を終えた。オイラン奴隷たちがドラを鳴らし、整列したニンジャたちがさらに大きな拍手を贈る! 15
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
残る3人の表彰が終わると、パラゴンは咳払いをして総合評価を下した。「……というわけで、実際大きな被害は出たが、経済被害についてはヴィジランス=サンが今も電算機室で株式市場と為替相場の操作に精を出しており、ギルド収入への被害は3パーセント未満の見込」。ニンジャたちは拍手した。 16
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「また、懸念されるニンジャ存在の一般層への暴露について。これはいつもの何倍もの御力でロードがキョジツテンカンホー・ジツをお使いになったので、問題は無い」一斉に万雷の拍手!奴隷オイランたちは必死の形相でドラを3度叩く!最敬礼を表しているのだ。作法を少しでも誤れば即、死である。 17
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ダークニンジャは、そのジツの名をニューロンの中で繰り返す。この謎めいたジツにより、NRSに陥った人間たちは発狂から回復後、ニンジャ存在との接触を忘却するか幻覚だと思い込んでしまうのだ。このジツはロードを中心に、ニンジャ存在感の如く半径数百キロ規模で広がっていると考えられた。 18
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「ムフォーフォーフォー」ロードが左手を上げ、制止のサインを送る。ニンジャたちは一斉に拍手を止め、直立不動の姿勢を取った。さらに後方に規則正しく整列する数百人のクローンヤクザたちも、一斉に拍手を止める。「ムフォーフォーフォー……して、ダークニンジャ=サン、さらなる報告とは?」 19
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「これに御座います」ダークニンジャは、黒漆塗りのオボンに載せた聖なるブレーサーを、恭しく謙譲した。パラゴンがこれを受け取り、ロードのもとへ運ぶ。「回収直後にスクランブル命令が下ったため、実戦で使用したことを御許しください」「ムフォーフォーフォー……三神器の一つ。見事である」 20
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「ダークニンジャ=サン、これほどの武勲を積んでなお、マスター位階に就くことは辞退するか?何かロードより賜りたい寵愛は無いのか?」パラゴンが問う。場内は静まり返った。「キョート者でない我が身には、過ぎたる果報」ダークニンジャが返す「しかし叶うならば2つ、私にも望みが」「申せ」 21
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「かつてソウカイヤ時代そうであったように、野良ニンジャ始末屋の役目と自由裁量権を戴きたく」ダークニンジャは頭を下げながら続ける。「私めが仕損じたあの2匹の外道ニンジャがまだ生きており、雅なるガイオンに潜んでいると考えただけで、虫唾が走るのです。それ以外にも、屑どもは無数に」 22
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「フォーフォーフォー……して、二つ目の望みは」ロードが直々に問う。「ホウリュウ・テンプルへのアクセス権を拝領したく」ホウリュウ・テンプル!その名を出しただけで場の緊張が急激に高まる!奴隷オイランたちは異様なアトモスフィアを察し、互いに顔を見つめ合って励まし合うように震えた! 23
残りを読む(19)

コメント

オスツ🍣 @alohakun 2012年1月5日
カース・オブ・エンシェント・カンジ、オア・ザ・シークレット・オブ・ダークニンジャ・ソウル #1 http://togetter.com/li/221373
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする