久々のチーム中川

「御用学者」「安全デマ」などの批判は覚悟の上、のコメントが気に入ったのでまとめた。
3
東大病院放射線治療チーム @team_nakagawa

今日、東大病院内で、飯舘村の菅野典雄村長とお目にかかります。私たちのチームは事故の昨年4月より、福島県飯館村を定期的に訪れ、住民の方の声をじかに聞きながら、さまざまなアドバイスや行政への提案などを行ってきました。しかし、未だ、住民の不安、不信はほとんど変わらず続いています。

2012-01-06 17:01:47
東大病院放射線治療チーム @team_nakagawa

この巨大な問題を引き起こした東京電力と原発関係者の責任は厳しく問われる必要があることはもちろんです。そして、住民に対する補償は十分に行われるべきだと考えます。しかし、残念ですが、私たちは、これからの長い時間、福島原発事故から発生した放射線の問題とつきあっていかねばなりません。

2012-01-06 17:03:18
東大病院放射線治療チーム @team_nakagawa

事故からもうすぐ10ヵ月ですが、いまだに、主に東京を発信源とする「リスク情報」ばかりが乱れ飛んでいます。年末のNHKの報道番組ですら、全く間違った内容で、正直驚きました。http://t.co/A9SvYpi1 こんな中、被ばくと発がんリスクについてまとめた1冊を上梓しました。

2012-01-06 17:04:13
東大病院放射線治療チーム @team_nakagawa

「放射線医が語る 被ばくと発がんの真実」(ベスト新書)です。福島での現地調査、チェルノブイリ原発事故の総括、広島・長崎の被害分析を踏まえ、できるだけわかりやすく現状を読み解きました。副題は、ズバリ「フクシマではがんは増えない」です。http://t.co/qDCZw81Z

2012-01-06 17:06:03
拡大
東大病院放射線治療チーム @team_nakagawa

「御用学者」、「安全デマ」などの批判は覚悟の上です。久しぶりのツイートで本の宣伝をしたいのではありません。多くの方々の不安や疑問に少しでも応え、これから先へと歩み続けるためのささやかな指針となればと願い、福島の皆さんに献げるつもりで書きました。飯舘村にも寄附したいと思います。

2012-01-06 17:10:16
東大病院放射線治療チーム @team_nakagawa

本の中でも取り上げましたが、昨年、ロシア政府はチェルノブイリ原発事故後25年目に際し、150ページを越える膨大な総括報告書を発表しました。その中の「結論」の章で、次にツイートでご紹介する注目すべき一文があります。 http://t.co/32J8p2Ex (ロシア語のみ)

2012-01-06 17:18:16
東大病院放射線治療チーム @team_nakagawa

「(事故後25年の状況を分析した結果)、放射能という要因と比較した場合、精神的ストレス、慣れ親しんだ生活様式の破壊、経済活動の制限、事故に関連した物質的損失といった、チェルノブイリ事故による他の影響のほうが、はるかに大きな損害を人々にもたらしたことが明らかになった」(前掲、拙著)

2012-01-06 17:27:09

コメント

クリエネ(市中感染ゼロ戦略で経済再生を) @morecleanenergy 2012年1月7日
中川本の帯「フクシマでがんは増えない!」という断言は、細野原発相の「福島をがん発生最低の県にしていきたい」という宣言と矛盾しますね。細野発言は「放射能汚染によりがん発生率があがる可能性がある」ということを含んだ発言。
0