カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
135
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake
食物がらみの健康法ではフードファディズムが問題だとされることが多いが、私は「しゃもじが家刀自の権力の印」と柳田が指摘した家を支配する女性の権力がイエの解体とともに縮小されてとうとうキッチン籠もってしまった結果だとずっと考えている。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake
伝統的なイメージでは結婚することで女性は「奥」に入るが、そこは「表」に匹敵する大きな世界だとされている。そういう伝統的な価値観が作られた時代には、全部ではないが巨大な「奥社会」も存在した。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake
ところが「表」が男性を巻き込んで「会社」に発展していく一方で、「奥」は核家族化で分解されていく。近代化とは表の巨大化と奥の矮小化だ。かっては姑から台所を譲り受ければ、10人以上の人間の生活を担う権力を手に入れるのが普通だったが、今は自分と子どもだけだ。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake
女性は男性とは違って権力を望む欲望とは無縁で、心が広くて慈愛に満ちているいうのは19世紀の幻想だが、これに基づいた家庭のイメージもまだ女性を混乱させている。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake
家庭における機能不全の多くの例が占めているように、女性だって権力を望んでいる。結婚して「家庭に入った」女性が愕然とするのは、豊かな荘園が約束されていたはずなのに狭い未開拓地をぽんともらって「好きにして良いよ」とだけ言われるからだろう。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake
巨大な表で働く夫に匹敵する満足感を小さなキッチンで得るのは難しい。だだ、多くの女性にはキッチンと食物しか残されていないのだ。単に料理を作っても食べるのは自分と子どもだけだし、子どもはやがて給食を食べてくるようになる。給食へのそこはかとない違和感が生まれる。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake
マクロビや発酵食品やキッチンで出来る手作り品は、小さく限定されてしまったキッチンを広げてくれる魔法みたいなものだ。魔法で元気を取り戻す人もいるだろうが、魔法が見せてくれる幻影にしがみついてしまう人もいる。こんな人に「それは幻影ですよ」と言っても拒否されて当然。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake
ロハスな生活スタイルというのは、つまり女性が関与できる生活の範囲を広げたいという欲求なんだろう。奥は表があっての奥なので、表に出て行くのは自滅。だから奥で出来ることを充実させていく。一見「アンチ表」のようで、表に依存しているわけだ。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake
@aizujin_k はい。全くその通りだと思います。家庭を持った女性の場合「フルタイム」の壁が異様に高いのです。フルタイムじゃないと満足できる仕事は少ないですから、お稽古事や通信教育の資格取得は手っ取り早い満足感をくれて人気なのだと思います。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake
あるいは表社会に働きかけるにしても、自分が別の半分である奥を代表しているということをアピールする。その結果が「母親」の連発となる。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake
@ital_ 女性は非常に限定された範囲で、無限の権力を手に入れちゃったのだと考えています。問題は権力を行使される相手が、基本、子どもだけだと言うことです。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake
久々にフェミ連発してしまいましたが、じゃあどうするの?と言われれば、表に参加したい人は参加して行けば良いので、参加できる仕組みを引き続き支援していくことと(ただし困難がたくさん)、もう一つは健全な権力を手に入れる仕組みを作っていくことしかないでしょう。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake
健全な権力とは、つまり自分以外のものに働きかけて動かしたという実感です。この自分以外のものには子どもは入っていない方が良い。自戒と自省を込めて言えば、ネットだけではダメです。(そして、そこにつけ込むのがマルチやカルトなので、そこも注意)
片瀬久美子🍀 @kumikokatase
sayakatakeさんの考察は、なかなか興味深いです。私は、専業主婦の道を最初から選ばずに他の男性と同じ専門職に就いてきたので、専業主婦の視点としてこれまでの文化と絡めて見ていくというのは、改めて考えさせられます。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake
マルチやカルトに取り込まれない女性のための実感がある活動は、自分発で何かするのがいいです。意外とたくさんあると思いますよ。自分の子ども以外の子どもの勉強を見るのでもいい。フリマに出てみるのでも良い。普通のサークル活動をしてみてもいい。バカみたいと思ってもやってみると違うのです。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake
@usg_ringo それは昔の話なんだと、今回、思いましたです。その文脈で「母親」って言うのは同時に自分は無力って告白していることなんだけど、今回の「母親」は無敵でしたもの。
片瀬久美子🍀 @kumikokatase
専業主婦のジレンマとしては、自己を社会に反映させる為に夫や子どもを通じてしか表現できなくなると、「誰々の奥さん」「誰々のお母さん」など、他者を介してしか自己表現が出来なくなってしまいます。他者は必ずしも自分の思い通りには行かないので、ストレートな表現にはなりません。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake
@powerofsmiles まあ、基本はフェミなので、そのまま行くと現代社会構造の歪みが見えてきて終わりになってしまいます。私がフェミから遠ざかった理由です。でも、ある程度は有効です。完全解決にはならないけど、夫に兼業主夫の道を開いて、自分も兼業主婦になるというのもあります。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake
@usg_ringo うさぎ林檎さまのお母様は、すでに母親無敵の時代になっているのではないかしら? 
片瀬久美子🍀 @kumikokatase
自分が社会の中で職業を持っていると直接自分の名前で自己表現ができるようになります。そうなると「母親」である立場に拘らずに発言できると思うのですが、多くの場合の女性の職業は男性の補助職であって、仕事の主体では無いので、完全な主体性は持てない場合が多いと思います。
片瀬久美子🍀 @kumikokatase
社会も子を持つと女性が仕事に専念するのは難色を示しますし。私も、何度も近所の専業主婦の方々から、女が研究職について深夜まで仕事をするのは家族に迷惑だから止めるべきだと説教されました。(^^; 母親を子育てに縛り付けようとする圧力は、同じ女性達からも相当あります。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake
小さなキッチンを支配する権力ってのは、ある意味無限だったりします。数人とは言え、家族の命運を握っていて代替不可能です。魔法の助けがあると、これも味わってしまうと手放しがたい力です。自分は家族の命運を握っているということの怖さを考えて欲しいです。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake
@powerofsmiles 権力、支配欲・・・こういうのは本能の一つなので誰にでもあります。うまく自分で意識してコントロールしていかないとならないですね。
リーフレイン @leaf_parsley
@sayakatake 「自我の確立」というか、「存在意義」みたいなものが人間には必要で、伝統的な女性の価値は「子を産む存在」であることと、「家族を愛し、愛される存在」であることに集中してきているような気がします。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake
@kumikokatase 認めるとキッチンの魔法が解けちゃうんじゃないかと思って恐いんですよ。だんだんわかってきましたね。
残りを読む(49)

コメント

ChestnutCedar @kastanieZeder 2012年1月15日
幼少の頃から培われる自己肯定感の大小も大きい様に思われる。 面白いまとめだった、まだまだ発展するのかな、読みたい。
渡辺由佳里 YukariWatanabe @YukariWatanabe 2012年1月15日
よたよたあひるさん。「男は仕事、女は家事という役割分担が押しつけられている社会の中で、女たちが、母親という肩書きを持つことによってのみ、発言権を認められている不自然さに気づかねばならないと思う。」という部分ですね。
渡辺由佳里 YukariWatanabe @YukariWatanabe 2012年1月15日
男女に関係なく、独身、既婚に関係なく、人は自分が「価値のある存在だ」と感じたいものである。どの立場でも困難だが、既婚の日本人女性は特にそれが難しい。その状況が日本独自の「不幸の連鎖」を生み出していると思う。
渡辺由佳里 YukariWatanabe @YukariWatanabe 2012年1月15日
不幸の連鎖とは、たとえば昨日@sayakatake さんから教えてもらった「墓守娘」など。 ht.ly/8tQIK
chemykano @chemy 2012年1月15日
私は自分の価値をその当時一般に浸透し始めたネットに求めたんだよなー。そして、その頃入り浸っていたBBSでであった人たちに触発されて今の仕事を得ることができた。始めた時、相方には話さなかった。無理だからやめとけと言われるから。足場が出来上がってから話した。懐かしいなぁ。