ラオスの大麻事情

首都ビエンチャンと楽園バンビエン、そして世界遺産の町ルアンパバーンの話を中心に。 参考まとめ ラオス - Wikitravel http://j.mp/AlH5YF はじめて大麻を吸ったときの思い出 http://j.mp/u4PRlm 続きを読む
メモ 世界遺産 バンビエン ラオス ルアンパバーン マリファナ マジックマッシュルーム 大麻 ビエンチャン キノコ
10
シバヘイズ @world420
旅人のための大麻ガイド。今回はラオスに焦点をあててみる。これは首都のビエンチャンの紹介ページ。『法律』の項目には「ラオスではマリファナは違法である。しかし、現地の人やツーリストには、広く販売され使用されている」と書かれている。 http://t.co/wZaLVYtq
首都ビエンチャン
シバヘイズ @world420
個人的な印象では、ラオスで大麻に一番ゆるかったのは首都ビエンチャンだった。以下は、安宿にチェックインした時の受付との会話。鍵より先に出てきたものは… 「日本人?」 「そうだよ」 「マリファナいる?」 「え?」 「…ハッパ葉っぱ」 「あ、いるいる」 ※日本語でハッパって言われた笑
SHIVA @francisco_bot
ラオスの首都ビエンチャンでは。安宿のロビーにいるだけで、毎日いろいろな人が大麻を売りに来てくれて面白かった。選び放題だったから。さまざまなマリファナを観察できて、匂いや色など微妙な違いも分かるようになってきて、日々選別眼が鍛えられていった。
シバヘイズ @world420
夕焼けが美しい。パリの凱旋門をイメージしてつくられたというビエンチャンのパトゥーサイという門。屋上に登ると街が一望できる。ラオスは首都でも人が素朴で暖かいんだよね。この街は、バイクを借りて色々巡ると楽しいよ。 http://t.co/vjTvg35Q
拡大
楽園バンビエン
シバヘイズ @world420
「ビエンチャンやルアンパバーンでは、プッシャーの方から声をかけてくるだろう。タクシードライバーやリキシャーをチェックしよう。バンビエンでは、ハッピーピザ(大麻入りピザ)を売ってる場所がある。そこではマリファナシェイクも飲めるけど、すごく強力だから注意した方がいい」
シバヘイズ @world420
「トゥクトゥクのドライバーから大麻を手に入れてみたんだけど、だいたい彼らはほかのドラッグも扱っている。ただ、ハシシは持ってないようだ。そのときは、5グラムのマリファナを5ドルで買った。10ドルあれば、20グラムくらいゲットできるかもしれない。いずれにしても値段交渉を忘れないこと」
シバヘイズ @world420
「ちゃんと探せばかなりの上物が手に入ると思うよ。1パケ5~7ドルくらいだけどかなりの量が入ってる。この辺で出回ってるのは大麻とオピウムとキノコ。天然物の産地直送だから新鮮だよ」※ラオスのバンビエンの話(世界一周旅行をした方の日記より) http://t.co/gtgYs9dz
トミー+ @plusTOMMY
ラオス・バンビエン。ハッピーピザ(大麻入りピザ)や、ハッピーシェイクなんてのが、町中の普通のレストランに普通に売ってる。さらに本物の大麻も売ってる。このサイズで10万キープ(約千円)。東南アジアのアムステルダムかココは。 http://t.co/9DWm9MnL
拡大
トミー+ @plusTOMMY
ハッピー(大麻入り)ピザを売る店が何軒もある街、ラオス・バンビエン。 レストランにて。大麻を吸ってる客に「外から見えるトコだとあぶないよ。」と店員さんが注意してる。『吸うこと自体は悪くないけど、警察が来るとやっかいだよ。』みたいな認識に見える
トミー+ @plusTOMMY
ラオス・バンビエンの橋。大げさじゃなく、気をつけないと落ちる。そんな心もとない橋を渡る原付バイクは、まるでマリオカートのよう。 http://t.co/YoElJWrX
拡大
トミー+ @plusTOMMY
ラオス・バンビエン。泊まってるンガローの窓からマジックマッシュルームが自生してるのが見える。インドネシア・ギリメノ島に続いて2度目の自生発見。しかし何という至近距離。 http://t.co/oNyeopTc
拡大
世界遺産の街、ルアンパバーン
シバヘイズ @world420
これは1995年に町全体が世界遺産に登録されたルアンパバーンのページ。「法の執行は最小限。ラオスの政府はルアンパバーンをツーリストのメッカにしようとしているから、旅人を追いやるようなことはしない。ただ、あまりおおっぴらにはやらないように」 http://t.co/VDrnVXfU
シバヘイズ @world420
「大麻を買う前には、品質をチェックした方がいい。大きな袋から種つきのマリファナを出してきた場合は、断ったほうがいいかもしれない。するとプッシャーは小さな袋から、よりハイクオリティな草を出してきたりする」※ただラオスで完全なシンセミアを手に入れるのはむずかしいと思う
シバヘイズ @world420
ラオスは全体的にタイより清潔な印象がある。ただ、文明度はタイより劣る。飯のうまさはタイに匹敵する。ビエンチャンとルアンパバーンは宿代がけっこう高くて、まあまあなシングルは10ドルくらいする。バンビエンは比較的安くて5ドルくらい。15日以内の滞在であればビザは不要
ラオス総括
シバヘイズ @world420
ラオス(総括) 適齢:人生に疲れたあなたの年頃に お金:1ヶ月2万円くらい 期間:最低2週間はのんびりしたい 対象:今日も会社に来るのがちょっぴりイヤだった人 メモ:何事もほどほどに、のんびりと http://t.co/IIHmsSG8 ※日常に疲れてしまった人のために
トミー+ @plusTOMMY
ラオスについて6日目。色んな料理を食べてみたけど、どこも野菜が超絶ウマイッ。タイもおいしかったけど、それ以上。とくにニンジンとジャガイモの甘さには感動すら覚える。あとピーナッツもおいしい。たぶんベジタリアンとか、ビーガンには天国じゃないかと思う。
SHIVA @francisco_bot
旅人のための大麻ガイド。世界の各都市でのマリファナの「入手方法」や「値段」「そこでは合法化がどれだけ進んでいるか」などについて、かなり具体的な情報がある。なんと1000以上の場所が掲載されている。 http://t.co/2TevZydI
シバヘイズ @world420
天国への行き方(メモ) ①タイ(バンコク)までの飛行機のチケットを買う ②バンコクの空港からカオサン通りに行く ③比較的まともそうな旅行代理店にいく ④ビエンチャンかバンビエン行のバスチケットを買う(夜行バス多分3000円位) *バンビエンは宿代も安くて環境も良くてまったりできる