2012年1月19日

妄想。イトゥク。

14
doremi @spm_mot

『これがパパだよ^^』娘を膝に乗せ昔の映像を見させる。「この人かっこいい」自分以外のメンバーが指さされると『ダメだ』テレビを消し『パパしか見ちゃダメ』ギュッと娘を抱きしめる溺愛パパジョンス。 #SJで妄想

2012-06-12 22:45:04
doremi @spm_mot

『隠れて何してるの?』携帯を奪われ『僕を捨てるつもり?』勢いよく窓から放り投げる。だんだん近づいてくる彼の脅威に涙が出てくると『愛してるから泣かないで』すっと涙を拭う。『君は僕のものだよね?』冷めた目で馬乗りになると『違う?』独占欲に狂うイトゥクさん。 #SJで妄想

2012-06-10 23:53:46
doremi @spm_mot

髪を切ってみた。『可愛い^^』会ってすぐに褒めてくれる彼。『どんな髪型でも似合うんだね』サラサラと髪を撫で『僕の彼女は』髪に顔を寄せ『やっぱり世界一だ』キスを一つ落とすイトゥクさん。 #SJで妄想

2012-06-10 18:06:09
doremi @spm_mot

『かーのじょ』車道から声がかかる。『どこ行くのー?』あまりにもしつこいので鋭い眼差しで車を見ると『ごめんごめん』手を合わせ『僕だよ』サングラスを外す。『今日は休みなの?』彼の問いかけに「はい」大きく頷くと『じゃあデートしよっか』笑顔で手招きをする営業ジョンス先輩。 #SJで妄想

2012-06-10 01:35:51
doremi @spm_mot

2人で病院。「おめでとうございます」先生から妊娠を告げられると『本当ですか!?』勢いよく先生の手を握り『ありがとうございます』涙目で微笑む。私の肩を引き寄せると『...もう泣かないようにしないと』涙を拭い力強く私を抱きしめるジョンスパパ。 #SJで妄想

2012-06-09 16:52:37
doremi @spm_mot

『ちょっと来て』強引に腕を引かれ部屋に連れ込まれる。『なんで僕が怒ってるか分かる?』厳しい口調で話すと『分かってないの?』強く手を掴まれる。『僕のしつけが足りないのかな』そのまま顔を近付け『体で覚えて』無理矢理激しいキスを始めるイトゥクさん。 #SJで妄想

2012-06-08 23:24:19
doremi @spm_mot

「ごめん..」悲しい瞳を向けると「妹にしか見れないんだ」軽く頭を触り出て行くイトゥク。放心状態で椅子に座っていると『魂ないけど』軽く笑いながら隣に座る。少しの無言のあと『...俺は』急に頭を触り『真剣に1人の女として見てるから』きっぱり言い切るキュヒョン。 #SJで妄想

2012-06-08 23:11:40
doremi @spm_mot

『はい、いってらっしゃい』制服姿の私を見送る彼。『変な人についていったらダメだよ』玄関先で頭を撫でる。『僕も学生に戻りたいよ...』口を尖らせると『君が心配でしょうがない』愛しそうな瞳で見つめる年上彼氏イトゥク。 #SJで妄想

2012-06-08 22:33:57
doremi @spm_mot

『もしもし』2人でいるときに電話がかかってくる。申し訳なさそうな顔でこちらを見ると『...えっ?今?1人だよ』私の唇にそっと人差し指を添える。しばらくして電話が切れると『ごめんね』優しく抱きしめ『もう少しだけ待ってて』切なく嘆くイトゥクさんとの秘密の恋。 #SJで妄想

2012-06-06 01:31:41
doremi @spm_mot

携帯をいじっている彼。話しかけても『うん、そうだね』生返事ばかり。「もういい」そっぽを向くと『あー..ごめんごめん』慌てて携帯をしまい『寂しくさせちゃった?』手を握りながら顔を傾けるイトゥクさん。 #SJで妄想

2012-06-02 17:19:09
doremi @spm_mot

仕事でミスをした。『大丈夫?』私のデスクの前に現れ『仕方ないよ』優しく頭を撫でる。少し涙目になっていると『...少し気分変えようか』笑顔で手を握り『すいません!彼女と一緒に外勤いってきます!』大声で叫び強引に外へ連れ出す営業ジョンス先輩。 #SJで妄想

2012-06-01 22:33:23
doremi @spm_mot

「そんな目で僕を見ないで」涙目の私に向かって訴える。「君にはちゃんといるでしょ?」私の頬を触ろうとした瞬間『おまたせ^^』颯爽と現れ『帰ろうか』私の手を繋いで帰るイトゥク。「...相手がいるんだから」小声でつぶやき空いた手を握りしめるオニュ。 #SJで妄想 #SHINeeで妄想

2012-05-27 23:17:01
doremi @spm_mot

ギュッ。何故かずっと私に抱きついている。『こらこら』呆れ顔で近付き『テミナ!離して』引き離そうとするイトゥク。「...やだ」更にキツく抱きしめると「ヒョンと2人にしたら危ない」キッパリ言い切るテミン。 #SHINeeで妄想 #SJで妄想

2012-05-27 17:09:58
doremi @spm_mot

「もうヒョンとは別れたの」ハッキリした口調で「今の彼氏は僕だから」キッパリ言い切るリョウク。『...違う』首をゆっくり振ると『僕は別れたつもりはない』切なそうな声で『...まだ好きなんだ』今にも泣きそうなイトゥク。 #SJで妄想

2012-05-27 00:52:27
doremi @spm_mot

「ドンへより僕の方がいいと思うんだけど」愉快に笑いながら肩を抱くイトゥク。「もう一回考え直して...『ヒョン!!』逆側から私を奪うと『冗談やめて』片手でイトゥクを払う。『はぁ...』大きなため息をつき『油断も隙もない』眉をひそめるドンへ。 #SJで妄想

2012-05-27 00:45:13
doremi @spm_mot

「ヒョンに伝えたいことがある」宿舎の部屋を開け真剣に話し出すイェソン。『...はぁ』大きなため息をつくと『知ってるよ』悲しそうな瞳を向ける。『彼女のこと大事にして...』フッと笑顔になると『...って言うと思った?』冷たく言い放つイトゥク。 #SJで妄想

2012-05-26 23:13:07
doremi @spm_mot

3人でご飯。「不服なんですけど」不機嫌そうに「なんでヒョンもいるんですか?」明らかに嫌そうな顔をするキュヒョン。『当たり前でしょ』私を引き寄せ『2人っきりになんて絶対させない』ワザとらしく抱きつくイトゥク。 #SJで妄想

2012-05-26 15:21:52
doremi @spm_mot

「大丈夫?」体調が悪く早退することになった私。「僕に体を預けていいから」腰に手をまわし体を引き寄せるイトゥク。「家はどこだっけ?送っ..『やめて』後ろから強引に割り込み『それは彼氏の俺がやることでしょ』少しムキになって私を奪い去るウニョク。 #SJで妄想

2012-05-26 14:39:31
doremi @spm_mot

『それはダメだっていったよね』珍しく彼が怒る。「でもそれは...」反論をしようとすると『君はね』手で口をおさえると『僕の言うことだけ聞いてればいいの』ニコリと笑いながら囁くSトゥギ。 #SJで妄想

2012-05-25 00:20:08
doremi @spm_mot

お風呂上り。髪が濡れたまま冷蔵庫を開けていると『風邪ひくよ』タオルを持って後ろから抱きつく。『君は僕の大切なお姫様なんだから』前を向かせると『心配させないで?』おデコをくっつけ『ね?』吐息が触れる距離で囁くイトゥクさんとの甘い時間。 #SJで妄想

2012-05-24 23:18:50
doremi @spm_mot

『誰?』電話の相手を探る。「友達だよ」携帯を触りながら通り過ぎようとすると『....』すれ違いざまに肩を掴まれる。『分かってる?』おデコをくっつけると『いつまでも優しい僕じゃないからね』怖いくらいの笑顔と激しいキスを与える嫉妬トゥギ。 #SJで妄想

2012-05-23 19:51:22
doremi @spm_mot

入学式。右も左も分からず校内をうろうろしていると『迷子?』天使のような笑顔で近づいてくる。『新入生だよね?』恐る恐る頷くと『そんな警戒しないで』苦笑いをしながら『おいで』手を差し出し『教室まで案内するよ』優しい先輩イトゥクさん。 #SJで妄想

2012-05-20 00:27:39
doremi @spm_mot

ベッドの上で向かい合って座りながら『真剣に聞いて欲しい』手を強く握る。片方の手で髪を触りながら『僕が一生かけて幸せにしたいのも』そのまま手をおろし『一緒に年を重ねていきたいのも』頬に手を寄せ『君なんだよ』優しく頬笑み『結婚してください』ニコリと笑うイトゥクさん。 #SJで妄想

2012-05-17 07:48:17
doremi @spm_mot

「また泣いたの?」泣き腫らした彼の目を撫でながら話す。『...だって』少し甘えた声を出して俯く。そんな姿が愛しくて思わず抱きしめると『こんな彼氏でゴメン』寂しそうに言い放ち『...こんな僕でも愛してくれる?』不安そうに見つめるイトゥクさん。 #SJで妄想

2012-05-16 00:26:29
doremi @spm_mot

「...もう帰ってくるって」体を離すと『...そっか』作った笑顔で私の髪を触る。立ち上がる私を見ながら『....』再び抱き寄せ「...離して?」『...ダメ』おデコをくっつけると『今日は僕のこと選ぶまで離さない』真剣な眼差しで見つめるイトゥクさん。#SJで妄想

2012-05-06 21:36:02
残りを読む(46)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?