カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

知られざるマジックマッシュルームの効果

キノコは人の性格を根本的に(オープンな感じに)変える可能性がある植物である。 以前の研究ではマイナス面ばかりが強調され、発展途上の研究を中断させてしまった。 P.S 続きを読む
マジックマッシュルーム 幻覚剤 シロシビン サイケデリック
19
HAZE @nl_5
マジックマッシュルームが「重度のうつ病」治療に有効:研究結果wired.jp/2016/05/30/psi…
SHIVA @francisco_bot
『シロシビン』と呼ばれるマジックマッシュルームの有効成分には、うつ病の治療に効果があることを2つの研究が示した。「患者の人生における明るい出来事を思い出させ、悲観的な精神状態を転換させるのに役立つ」という。(ブルームバーグ) http://t.co/KSr5NYCr
シバヘイズ @world420
"マジックマッシュルームをがん患者のサイコセラピーに使用すると、がんに由来するうつ病や不安を著しく軽減し、人生の幸福感が高まるなどの効果があることが判明しました。さらにこれらの影響は6カ月間以上持続する" twitter.com/francisco_bot/…
シバヘイズ @world420
マジックマッシュルームの大量摂取によって、性格の"オープンな"変化が、6割以上の人に対して、1年以上続いた。研究で1年を超えて性格が変化しているということは、更にそれからも永続的に変化が続くはずだ」グリフィス精神医学・行動科学博士 http://t.co/CENR7siI
HAZE @nl_5
マジックマッシュルームは一度使えば生涯性格が変わってしまうという研究結果 j.mp/Qs75p3 一度に大量摂取すると、長期間にわたって服用者の性格をオープンに変えてしまうことが判明。永続的に変化する性格は、想像力、美学、感情、抽象的概念などの人格。※分量が鍵
シバヘイズ @world420
マジックマッシュルームの効果(ティモシー・リアリーの実験結果http://t.co/qXGvUeaH 「刑務所の囚人に投与し、集団療法したところ、出所者の再犯率が70%から、10%に下がった」 「神学校の学生に投与した際には、10人中9人が本物の宗教的な体験をした」
SHIVA @francisco_bot
“そしてシロシビン(マジックマッシュルーム)の摂取によって、たとえ不安がすべて解消されずとも、トリップしている間に体験したことを、第一子の誕生と同じくらい人生の中で最も意味のある体験だったと評価する患者が多いという。"
SHIVA @francisco_bot
見直されるマジックマッシュルームの話 http://t.co/EJBvpsco 大学の研究者グループが、バッド・トリップなしで穏やかな超越体験を達成する適量を、実験によって突きとめたという。そして被験者の何と94%がこの実験は「人生でトップ3に入る有意義な体験だった」と答えた
シバヘイズ @world420
大麻に人の性格を根本的に良くする力はあまりないのかもしれないけど。マジックマッシュルームにはその力が結構あると思うよ囚人の再犯率が70%から10%にまで激減したのがその例だうまく使えば、啓示と言えるほどの神秘体験が訪れるから。 j.mp/157SxRx
SHIVA @francisco_bot
研究者たちはマジックマッシュルームの適量投与が鬱、PTSD、不安障害などの症状改善や、ニコチン、アルコールなどの中毒の治療に有効だと見ている。「以前の研究ではマイナス面ばかりが強調され、発展途上の研究を中断させてしまった」という。 http://t.co/EJBvpsco
シバヘイズ @world420
ドラッグの有害度(海外医学誌「Lancet」より) 1位アルコール(有害ポイント72) 2位ヘロイン 55 3位クラック 54 覚醒剤 33 コカイン27 タバコ26 大麻 20 MDMA 9 LSD 7 マジックマッシュルーム 5 j.mp/1rZXUf1
SHIVA @francisco_bot
歴史上、世界中の様々な先住民の宗教者たちは、自分達の社会を健全に維持するためにマジックマッシュルームを使ってきた。著者は、キノコに関する情報の暴露に命を懸け「茸こそが人類解放の鍵だ」と主張する。警察国家となった現代アメリカへの警鐘j.mp/ydD4eT
SHIVA @francisco_bot
この本はマジックマッシュルームの暴露本で、内容も踏み込んでおり、トンデモ本とは一線を画する書なんだけれども。タイトルが… 「幻覚性キノコで半霊半物質への扉が開いてしまう 5次元フィールドへ 超覚醒する脳 闇の超権力が死守してきた太古からの秘密(超☆どきどき)」って…オイオイ。
SHIVA @francisco_bot
「幻覚性キノコで半霊半物質への扉が開いてしまう」→正しい、のだが… 「5次元フィールドへ」→正しい…のだがこんな表現使う必要ない 「超覚醒する脳」→同上 「闇の超権力が死守してきた太古からの秘密」→正しい、のだが… (超☆どきどき)→なぜこんな表現使う?…頼むよ
SHIVA @francisco_bot
帯には「禁断の取扱説明書を日本初公開。自力で神を体験できる幻覚性植物ベニテングダケで誰もが宇宙(霊的次元/多次元意識)へテレポートできる!ついに明かされる人類奴隷化の為の最大タブー。闇の超権力が隠蔽、公開を恐れてきた太鼓からの秘密」と書かれている。 ※タイトルに比べればまともだ
HAZE @nl_5
「幻覚剤による恍惚状態は宗教的な悟りに似ており、自我と外界との境界が取り払われ、創造主と被造物という二元論ではなく "生命は一つである" ということを体験させるので、瞑想を補助するのに使われるのがふさわしい」アルバート・ホフマン(化学博士・LSDの発明者)
シバヘイズ @world420
「この恍惚状態は、LSDやメキシコの宗教的儀礼で用いられるマジックマッシュルームによって時折ひきおこされる自然発生的な宗教的悟り、つまり心霊感受と同類のものである。しばしば時間を超えた瞬間が連続し、超越論的な世界の輝きを啓示するような現実が体験される」@francisco_bot
シバヘイズ @world420
幻覚剤は、意識の管理者が使用を阻止してきた物質。聖職者が容赦なく弾圧してきた歴史がある。自分自身で考える人間が増えることを阻止し、簡単なルールを教え守らせる事で秩序を保つことが権威者の目的だったので、意識を変化させる植物を禁止してきたj.mp/WClgqr
HAZE @nl_5
唯一神を絶対神として崇める宗教が幻覚剤を弾圧するのは、「生命は一つである」という意識、「すべては一つである」という「ワンネス」の意識を体験させないようにするためである。@world420 twitter.com/francisco_bot/…
HAZE @nl_5
先住民インディオたちの社会では幻覚植物を基調とした「大いなる神秘」がベースにあって人と動物すら明確に区分せず、すべてが平等に共有される。しかし、この考え方は資本主義にとっては邪魔でしかないから、近代以降、タブーになってしまった。
シバヘイズ @world420
幻覚剤は『聖書』に出てくる知恵の樹の実で、バチカンなどの「意識の管理者」が使用を阻止してきた物質であり、「聖職者」が歴史を通じて容赦なく弾圧してきたものである(オルダス・ハクスリー) j.mp/WClgqr
SHIVA @francisco_bot
実は幻覚=悪魔という考え方自体が、キリスト教由来の刷り込みなんだよ。先住民の宗教者は、幻覚キノコを「神と一つになる為の植物」として古くから丁重に扱っていた。聖なる事を決めるために千年以上、神として扱われていた植物が、大陸を渡ってきた白人達によって悪魔とみなされ弾圧されたのである
シバヘイズ @world420
先住民たちは七色キノコを古くから神聖なものとして扱ってきた。西洋人たちがやってくるまで、南米ではシャーマンが茸食べて(覚醒して)世の中の物事決めてたんだよ。なぜなら彼らインディオたちは、マジックマッシュルームを食べて見えた世界こそが「本物」だと感じていたから
残りを読む(16)