犠牲になった南三陸町職員の方が、道徳の教材にされることへの反応。

2012年1月26日、宮城県南三陸町の防災対策庁舎から防災無線で町民に避難を呼び掛け続け、津波の犠牲になった町職員遠藤未希さんが埼玉県の公立学校で4月から使われる道徳の教材に載ることのニュースが流れました。(詳細は新聞記事の引用参照) そのニュースに対して、様々な反応がありました。 津波の犠牲になった職員の方々には、ただ残念としか言えなく、防災対策などに課題を残しました。その課題は、解決に向けて生き残った我々が考えるべきことです。 続きを読む
44
47NEWS @47news

南三陸町の遠藤未希さん教材に 津波避難呼び掛け犠牲 http://t.co/ER86ZbO4

2012-01-26 09:08:03

記事はこちら↓(共同通信配信、東京新聞ほか掲載)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012012602000192.html
リンク切れするかもしれないので、長いですが全文引用します。

記事全文

◎命懸けの放送 教材に 
 埼玉県が「天使の声」独自作成

 宮城県南三陸町の防災対策庁舎から防災無線で町民に避難を呼び掛け続け、津波の犠牲になった町職員遠藤未希さん=当時(24)=が埼玉県の公立学校で4月から使われる道徳の教材に載ることが26日、分かった。
 埼玉県教育局によると、教材は東日本大震災を受けて同県が独自に作成。公立の小中高約千二百五十校で使われる。
 遠藤さんを紹介する文章は「天使の声」というタイトル。
 遠藤さんが上司の男性と一緒に「早く、早く、早く高台に逃げてください」などと必死で叫び続ける様子が描かれ、「あの時の女性の声で無我夢中で高台に逃げた」と語る町民の声を紹介している。
 教材ではほかにも、埼玉県深谷市出身で津波に流される車から市民を救出した岩手県釜石市の男性職員の話などが掲載される予定。
 同教育局生徒指導課の浅見哲也指導主事は「遠藤さんの使命感や責任感には素晴らしいものがある。人への思いやりや社会へ貢献する心を伝えたい」としている。
 遠藤さんの父清喜さん(57)は「娘が生きた証しになる」と話し、母美恵子さん(53)は「娘は自分より人のことを考える子だった。子どもたちにも思いやりの心や命の大切さが伝わればいい」と涙を流した。
 遠藤さんが防災無線で避難を呼び掛け続けた南三陸町の防災対策庁舎では、遠藤さんを含む町職員ら三十九人が犠牲となった。
 佐藤仁町長が津波被害の象徴として保存の意向を示したが、遺族の強い反発を受けて解体が決まっている。

教材要旨

 天使の声

 誰にも気さくに接し、職場の仲間からは「未希さん」と慕われていた遠藤未希さん。その名には、未来に希望をもって生きてほしいと親の願いが込められていた。
 未希さんは、地元で就職を望む両親の思いをくみ、四年前に今の職場に就いた。(昨年)九月には結婚式を挙げる予定であった。
 突然、ドドーンという地響きとともに庁舎の天井が右に左に大きく揺れ始め、棚の書類が一斉に落ちた。
 「地震だ!」
 誰もが飛ばされまいと必死に机にしがみついた。かつて誰も経験したことのない強い揺れであった。未希さんは、「すぐ放送を」と思った。
 はやる気持ちを抑え、未希さんは二階にある放送室に駆け込んだ。防災対策庁舎の危機管理課で防災無線を担当していた。
 「大津波警報が発令されました。町民の皆さんは早く、早く高台に避難してください」。未希さんは、同僚の三浦さんと交代しながら祈る思いで放送をし続けた。
 地震が発生して二十分、すでに屋上には三十人ほどの職員が上がっていた。すると突然かん高い声がした。
 「潮が引き始めたぞぉー」
 午後三時十五分、屋上から「津波が来たぞぉー」という叫び声が聞こえた。未希さんは両手でマイクを握りしめて立ち上がった。そして、必死の思いで言い続けた。「大きい津波がきています。早く、早く、早く高台に逃げてください。早く高台に逃げてください」。重なり合う二人の声が絶叫の声と変わっていた。
 津波はみるみるうちに黒くその姿を変え、グウォーンと不気味な音を立てながら、すさまじい勢いで防潮水門を軽々超えてきた。容赦なく町をのみ込んでいく。信じられない光景であった。
 未希さんをはじめ、職員は一斉に席を立ち、屋上に続く外階段を駆け上がった。その時、「きたぞぉー、絶対に手を離すな」という野太い声が聞こえてきた。津波は、庁舎の屋上をも一気に襲いかかってきた。それは一瞬の出来事であった。
 「おーい、大丈夫かぁー」「あぁー、あー…」。力のない声が聞こえた。三十人ほどいた職員の数は、わずか十人であった。しかしそこに未希さんの姿は消えていた。
 それを伝え知った母親の美恵子さんは、いつ娘が帰ってきてもいいようにと未希さんの部屋を片づけ、待ち続けていた。
 未希さんの遺体が見つかったのは、それから四十三日目の四月二十三日のことであった。
 町民約一万七千七百人のうち、半数近くが避難して命拾いした。
 五月四日、しめやかに葬儀が行われた。会場に駆けつけた町民は「あの時の女性の声で無我夢中で高台に逃げた。あの放送がなければ今ごろは自分は生きていなかっただろう」と、涙を流しながら写真に手を合わせた。
 変わり果てた娘を前に両親は、無念さを押し殺しながら「生きていてほしかった。本当にご苦労様。ありがとう」とつぶやいた。
 出棺の時、雨も降っていないのに、西の空にひとすじの虹が出た。未希さんの声は「天使の声」として町民の心に深く刻まれている。

反応
Masuo Nakano @masuomso

何を教えるつもりか? RT 47news 南三陸町の遠藤未希さん教材に 津波避難呼び掛け犠牲 http://t.co/qy1OlQi4

2012-01-26 10:19:24
あさみ㌠(ダヨー) @adonis_fish

ほ ん と だ よ RT @masuomso 何を教えるつもりか? RT 47news 南三陸町の遠藤未希さん教材に 津波避難呼び掛け犠牲 http://t.co/azmjGQoh

2012-01-26 10:22:45
あさみ㌠(ダヨー) @adonis_fish

変な美談になんかしたら、また同じことがおこるからね。

2012-01-26 10:25:48
あさみ㌠(ダヨー) @adonis_fish

いまフジでもやってましたが、いやな予感しかしませんね。。 @kobako @masuomso 南三陸町の遠藤未希さん教材に 津波避難呼び掛け犠牲 http://t.co/azmjGQoh

2012-01-26 11:42:50
晴天 @seiten_lishnii

北海道の教科書で「責任」と称して、猛吹雪の中配達に出かけ、最期まで郵便物を守って凍死した郵便配達人を讃える話が出ていたけど、この話大嫌いなんだよね。今より気候は過酷で道路インフラは貧弱で電化さえされてない中、配達に行くこと自体が無謀。配達に行かざるを得ない環境こそ、おそろしい。

2012-01-26 12:02:36
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

道徳の教科書だと「予備電源とJ-ALERT自動放送がついた防災無線を装備しましょう」という結論にはなりませんにゃ QT @adonis_fish いやな予感しかしません @kobako @masuomso 南三陸町の遠藤未希さん教材に http://t.co/Ve6IBFSN

2012-01-26 12:11:23
あさみ㌠(ダヨー) @adonis_fish

現場で「彼女が亡くならずにすむにはどうすればよかったか」という問いを立ててくれることを祈るのみ RT @Dinasty_Oomae 道徳の教科書だと「予備電源とJ-ALERT自動放送がついた防災無線を装備しましょう」という結論にはなりません @kobako @masuomso

2012-01-26 12:14:07
五番町睦十(うしHK) 🍀📒🐱🎨🌙♠️ @mutsuju

これはひどい、南三陸町のアレはいわば失敗学。なんで設備の不備ごときで人間が死なねばならんのか。>RT

2012-01-26 12:15:43
あさみ㌠(ダヨー) @adonis_fish

それをありがたがっておんなじ事させようとしてるわけですからもう怒り通り越して呆れますです。 RT @mutsuju これはひどい、南三陸町のアレはいわば失敗学。なんで設備の不備ごときで人間が死なねばならんのか。

2012-01-26 12:20:03
五番町睦十(うしHK) 🍀📒🐱🎨🌙♠️ @mutsuju

(かくいうアタクシも劇場が火事になった時のアナウンス原稿は書いたけど自動放送の手当はしていないorz)

2012-01-26 12:20:26
五番町睦十(うしHK) 🍀📒🐱🎨🌙♠️ @mutsuju

(南三陸の役場に あやまちはくりかえしませぬから とか石碑でも立てとけよ、どうせ道徳のネタにつかうんならよ。 で年一回そこで反省会な。)

2012-01-26 12:30:08
rhythmsift @rhythmsift

戦場や火事のようなの非日常に直面したり、天変地異が起こったりして、状況判断が完全にテンパルと、危険に対して冷静な判断ができなくなって「訓練通りのことしかできなくなる」ってのはあるとおもいます。死ぬまで仕事するのは職責に忠実というより、状況判断の停止によって起こるまずいことです

2012-01-26 12:30:15
rhythmsift @rhythmsift

(続き)「津波が起きました今すぐ逃げろ、でないと死ぬぞ」と防災有線放送を職員が津波に飲み込まれるまで言い続ける必要があり、なんでテレコやICレコーダーでエンドレスリポート再生できるように設定・訓練されていなかったのかというのと、最後は逃げろと訓練していなかったのは明らかな人災です

2012-01-26 12:34:42
五番町睦十(うしHK) 🍀📒🐱🎨🌙♠️ @mutsuju

今日の国賊 http://t.co/5ESgbAlX 「津波避難呼び掛け犠牲、教材に 宮城・南三陸町職員」 よりにもよって道徳の教科書だとよ。ふざけんな。埼玉ローカルか、あとでゴルァ電するかな

2012-01-26 12:36:54
rhythmsift @rhythmsift

システム想定の不備によって起こった犠牲者を褒め称えて持ち上げるのは、日本でよくあることですが、これは失敗学として、とてもよくないことだと思います。

2012-01-26 12:37:09
rhythmsift @rhythmsift

システムの不備を穴埋めしようとした人の犠牲行為を褒め称える前に、そういう犠牲者がなぜ出てしまったのかの原因を冷静に見直して、しっかり反省して、そしてそこを改善しましょう。大抵そのきっかけは、しょーもない設計の見落としや、設計者の想定不足やちょっとしたケチ根性が原因です。

2012-01-26 12:41:34
rhythmsift @rhythmsift

システムにつまらん不備があって、そこで大きな損失が出てしまったときには、きちんとそこで分析して、そしてしっかり怒りましょう。「どうしてこうなった!」と。そうしないとだらだらとつまらん不備でみんながリスクに晒される。

2012-01-26 12:45:40
rhythmsift @rhythmsift

(あと、もうひとつプロフェッショナルが自己犠牲を省みずで丸々したそいつ今はもういないけどすばらしい系の話題って、得られるベネフィットに対しての、スペシャリストな人材を育てて維持保持するコストや得られる経験ノウハウの軽視ってのも暗に感じるんだよなぁ…)

2012-01-26 12:56:05
残りを読む(155)

コメント

riow-ko san @riowt 2012年1月26日
私去年の11月にあの場所に行ったのよ。あの場所で同行者と祈って語って色々考えた。教科書になるって聞いて違和感を覚えました。だったら町長は先に屋上に逃げました、ともちゃんと書けよ、と。
0
小川靖浩 @olfey0506 2012年1月26日
南三陸町というか、志津川では津波自体にはある程度の対応をしてたんだよ、チリ地震津波とかの経験もあったわけだし。ただ、悲劇なのはその知識が逆に足を引っ張って「あれほどの津波は来ない」と考えて津波に飲まれた年配の漁師も多かったという話も聞いた
0
あさみ㌠(ダヨー) @adonis_fish 2012年1月27日
@mdr7506 追加だけしました。あとは頼みます(・ω・)お疲れ様です
0
にゃこべ〜 @mdr7506 2012年1月28日
@adonis_fish 追加ありがとうございました。昨日一日空けてて、本日何とか完成させました。デコったのがTogetterのトラブルか、反映されなかったのがのがのが・・・(´・ω・`)
0
にゃこべ〜 @mdr7506 2012年1月28日
まとめながら、自分が災害、教育の専門でもないし、モノ書きでもないことを改めて痛感した。次回まとめ作る時は、なるべく自分の専門に近いのをしようと思う。
0
Kohtaro R. ARARAGI @kalessinlord 2012年1月29日
年配の方にとっての道徳の授業って、特定の価値観を教えられる時間だったのでしょうかね。私にとっては何かを考えたり話し合ったりする授業であって、何かを教えられた時間ではなかったですが。小学校の高学年だと戦争の話まで道徳の時間で扱っていた気がします。もっとも、担当された先生方がよかっただけなのかもしれません。
0