市民と科学者による内部被曝問題研究会記者会見

1月27日(金)市民と科学者による内部被曝問題研究会(内部被曝研)記者会見 内部被曝に重点を置いた放射線被曝の研究を市民と科学者が協力して行なうための組織として「市民と科学者の内部被曝問題研究会(内部被曝研)」が設立。その詳しい趣旨と経緯について記者会見 肥田舜太郎(被曝医師) 澤田昭二(素粒子物理学、被爆者) 松井英介(医師、放射線医学、呼吸器病学) 矢ヶ崎克馬(物性物理学) 生井兵治(遺伝・育続きを読む1月27日(金)市民と科学者による内部被曝問題研究会(内部被曝研)記者会見 内部被曝に重点を置いた放射線被曝の研究を市民と科学者が協力して行なうための組織として「市民と科学者の内部被曝問題研究会(内部被曝研)」が設立。その詳しい趣旨と経緯について記者会見 肥田舜太郎(被曝医師) 澤田昭二(素粒子物理学、被爆者) 松井英介(医師、放射線医学、呼吸器病学) 矢ヶ崎克馬(物性物理学) 生井兵治(遺伝・育種学) 岩田渉(市民放射能測定所・理事)
矢ヶ崎克馬 松井英介 肥田舜太郎 放射能 澤田昭二 内部被曝 生井兵治 記者会見 内部被曝問題研究会
otss645 2410view 0コメント
2
ログインして広告を非表示にする
  • 岩上安身 @iwakamiyasumi 2012-01-27 11:20:27
    これから政府への提言書をまとめた内部被曝研究会の、自由報道協会での記者会見。日本記者クラブでの記者会見が最初に決まっていたが、クラブ外の記者らは質問なし、中継はもちろん、録音録画も認めない、という超閉鎖的な会見だったので、急遽、自由報道協会でのオープン会見を開催することに。
  • 岩上安身 @iwakamiyasumi 2012-01-27 11:39:24
    内部被曝研究会の会見始まる。松井英介氏のスピーチ。「典型的な内部被曝の場に生きていかなくてはならなくなった。命の問題をどう考えるか。命は一個の細胞から始まる。電解質に恵まれた安定した環境の中、多細胞化し、陸に上がった。その時に体内に海に近い成分の水分を蓄えた」
  • 岩上安身 @iwakamiyasumi 2012-01-27 11:44:30
    続き。「これを内部環境と呼ぶ。この内部環境を整える精緻なメカニズムが生物にはある。呼吸器では、肺はガス交換だけでなく、外部から取り込まれた有害な物質を取り除くフィルターの役割を果たす。しかし、内部に取り込まれた放射性物質は非常に小さく、体内に留まって周囲に放射線を放射し続ける」
  • 岩上安身 @iwakamiyasumi 2012-01-27 11:49:20
    続き。「ICRPは、内部被曝の委員会を設けていたが、閉じてしまった。その委員長であったカール・モーガンは、その理由として、『原子力産業から独立していなかった』と書いている。こうしたICRPの影響下、細胞レベルでの放射線の影響をほとんど考慮しない医学が広まっている。特に日本で」
  • 岩上安身 @iwakamiyasumi 2012-01-27 11:54:49
    続き。「深刻なのは、放射性物質を含んだ食べ物が全国に流通していること。中でも危険なのは牛乳などにストロンチウムなどが混じっていること。しかし、日本政府、ほとんどストロンチウムについて考慮しない。大手メディアも、ほとんどストロンチウムについて、報じない」
  • 岩上安身 @iwakamiyasumi 2012-01-27 11:59:23
    続き。自らも被曝した経験を持つ沢田昭二さん。「初期放射線の影響だけでなく、残留放射線の影響を考慮しなくてはならない。広島、長崎の被爆者の方々の症状を見ていると、被曝者の体内で起きていることから、逆算して考えないといけない」
  • 岩上安身 @iwakamiyasumi 2012-01-27 12:06:06
    続き。「米軍の占領期の機関・ABCCの後継機関である放影研は、爆心地からの遠方でも起きていた脱毛などの現象について、ストレスの影響かもしれない、などとしている。しかし、これは放射性降下物の影響によるもの。放射性降下物を体内に取り入れたための内部被曝による症状」
  • 岩上安身 @iwakamiyasumi 2012-01-27 12:13:54
    沢田昭二さんの続き。「放影研は、内部被曝の影響を過小に見積もり、それがICRPの基準のもとになった。しかし、脱毛も下痢も紫斑も、広島、長崎のデータをちゃんと分析すれば、それが内部被曝によるものとわかる」
  • 岩上安身 @iwakamiyasumi 2012-01-27 12:17:51
    矢ケ崎克馬氏。「この研究会は、『内部被曝』ではなく、『内部被曝問題』の研究会。米国の核戦略の政治的支配のもと、日本の科学は科学として機能していない。我々は、そうした政治的問題を明らかにし、正常化することを目指す」
  • 岩上安身 @iwakamiyasumi 2012-01-27 12:25:00
    矢ケ崎克馬氏、「内部被曝の拡大と健康被害を防ぐ為に政府が取るべき安全対策」と題する政府への提言を読み上げる。あとでこの提言の全文をアップします。
  • 岩上安身 @iwakamiyasumi 2012-01-27 13:35:39
    肥田さん。「被曝者の診療にあたってきた医師は、私だけになりました。診察した患者の数は6000人になります。外から見てわからない内部被曝のせいで社会に理解されず、被曝者は、苦しい思いをした。今の医師は被曝者の現実について、教育も受けていないし、何も知らない」
  • 岩上安身 @iwakamiyasumi 2012-01-27 13:46:57
    肥田さんの続き。「この様な事態になったのは、アメリカが悪い。占領下で、被爆者がものを言うことを禁じ、治療する医師にも記録を取ること、議論をすることを禁じた。占領が終わったあとも、安保条約のもと、同じ状況が続き、今日に至っている」
  • 岩上安身 @iwakamiyasumi 2012-01-27 13:55:48
    歴史の生き証人である肥田さん、沢田さんの話を聞くと、視野が大きく広がる。現在は、必ず過去とつなかっている。被曝の軽視、異常な楽観視、そして被爆者に対する冷淡さは、米軍の占領政策に起源をもっている。日本に真の独立を。矢ケ崎さんが言われたように日本は主権国家にならなくてはならない。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「プラモデル」に関連するカテゴリー