美人高校教師の告白 三宅島2000年噴火と2011年原発震災

三宅村の避難は4年半続いた。島に帰った住民は噴火時の2/3あるいは1/2。 早川由紀夫の三宅島ページ http://www.edu.gunma-u.ac.jp/~hayakawa/news/2000/miyake/index.html
HayakawaYukio 28872view 31コメント
93
ログインして広告を非表示にする
  • 1月28日 学者と社会のかかわり
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-01-28 12:58:28
    2000年の全島避難後早川助教授は数年帰れない見通しを直接島民に伝えた唯一の火山学者だった。火砕流が死者を出すような危機は去り、住民が安心した後、三宅村はコミュニティ崩壊という本当の危機を迎えていた。この火山専門家は自然が人間にすることを一番早く一番正確に予見した。
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-01-28 21:19:16
    早川助教授が三宅村の全島避難後最も力を注いだのは親から隔離され秋川の学校寮に集団疎開させられた小中学生を家庭に返すための言論だった。一貫して大人の自己決定尊重を主張する一方、未成年の保護は大人と社会の責務として一歩もゆずらなかった。
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-01-28 21:25:59
    島には数年帰れない、の予言は島人にきわめて不評だった。親が与えられた都営住宅に落ち着いて子どもを学校に預けっぱなしとは何事かとの糾弾は、島民にとってもっと耳が痛かったことだろう。子どもを守ることは共同体を守ること、という言葉は難解ではなかったが
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-01-28 21:27:31
    子どもを守っていないことにも、共同体の崩壊から目を背けていることにも、気づかない振りで時をやりすごしたかった人々には言葉など届かなかった。
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-01-28 21:31:42
    早川助教授(当時)は学者としての社会との関わりをずっと自問しつづけていた。現在の早川教授は、当時子どもの扱われ方にいたたまれず関係諸機関に大の苦手な電話までしたことを自らの行動規範を逸脱したと考えているかもしれない。
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-01-28 21:35:04
    そして壮年のイケメン学者は美貌の高校教師と出会い、運命の恋に落ちた。 ごめん退屈になったのでフィクションいれてしもた。
  • 1月31日 表現力と読解力
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-01-31 02:12:46
    あのころ早川さんも若かったけど私も若かった。だから「どうしてここまで分かりやすい言葉を理解できない人がこんなにいるんだろう」と驚いた。それから「感情的な反発ばかりで話がぜんぜん噛み合ないな」と思った。
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-01-31 02:17:17
    「数年は島に戻って暮らせません」「ひどいことをいうやつだ、けしからん」で、島に戻れなさそうだということは了解したのか?いや島に戻るよというならそういう風に話は動いているのか?帰りたい帰れない、帰ってよしと言われるまで動かない、みたいになってないか?
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-01-31 02:30:57
    早川さんは知っていることを知らない人に提供したい。材料は全部提供して自分の行動は自分で決めてもらいたい。一方、材料が揃ってもそこはやはり御上に決めていただきたいと考える人もいて、そういう人は喜んでおとなしく行政の指図を待つ。それもまた「自己決定」なのだろうと思う。
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-01-31 02:42:48
    だから早川さんは、大人がひどく放射能に汚染された地域に住み続けることを非難したりしない。ただし、まだ選択に責任を負えない、あるいは選択ができない未成年は別なので、*大人に向かって*やや荒っぽい意見表明を続けている。嫁発言の主旨は「親の無為無策が子どもに将来いろんな形で陰を落とす」
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-01-31 02:51:09
    嫁発言を問題にするなら、論点は「放射能が高い地域に住みつづけても子どもには何の不利益もない」または「放射能のせいで将来健康被害が増えても、そんなのは微々たるものだから微々たるパーセンテージの子どもの権利まで考えなくてよい」なのだけど
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-01-31 02:55:47
    実際の反論をみてると、「結婚は本人の意思だ」とか、ひどいのになると「だれが早川なんかと親戚になりたいか!」とか。そこじゃないでしょうさすがに。早川じゃなくて、娘が一緒になりたい人の親御さんが理不尽にも結婚に難色を示したとき、「あんたの意見なんかどうでも」って言えるかという話。
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-01-31 03:05:35
    そんな理不尽な親御さんなんか存在しなければいいけれど、放射能農作物を一向に止めてくれないせいで、福島の評判は下がる一方。安全なものしか出さない県だと信頼していれば福島産の野菜を買うし、放射能の高い地域にはもう子どもは住んでないとなれば同胞一同ほっとするのに...
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-01-31 03:23:32
    自分で書いてみると、結局早川さんほど分かりやすくは言えないことがよく分かる。だから実は、みんな早川さんの言っていることはよく分かっている。早川さんが突きつける現実にちゃんと向かい合うのはしんどいので、とても怒っている。そんなもの、見せてくれるなと。
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-01-31 22:07:42
    私の三宅島述懐を読んで、当時の早川さんの行動が著しく不適切だという書き込む人は見当たらない。一部感想は過去は立派でも今は問題あり、と言っているように読める。でもあのときのほうが早川さんの言動を支持する人は少なかった。今はお母さん中心に「信者」とまで呼ばれる人々がいる。興味深い。
  • 2月3日 説明責任と一揆
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-02-02 19:52:22
    私は、大人がなにしようとしまいと、自由だ。勝手にしろ。大学生ももう大人だ、と考えた。私が心配すべきは自分と家族だけだ。そう思って、大学生の息子をつれて避難した。じっさいに避難したのだ。私は被災者だ。それで、そのあと、それでも子どもはかわいそうだと思った。そこまで。
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-02-03 02:30:44
    昨日は早川さん、また親切に一から説明したんだなあ。説明責任を果たしたいということか。「風評被害」の加害者呼ばわりされてるということは、相当数の人が早川さんの言論を材料(の1つ)に行動を決めていると世間が評価するに至ったことを意味しているのでしょう。
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-02-03 02:36:51
    そんな今、私が思い出すのは4月ごろだったか、ずいぶん昔の早川さんのツイート。自分が情報を広めれば広めるほど、後々健康被害が明らかになった人も「知らなかったから放射能の害を避けようがなかった」という立場で賠償を求めることは難しくなるのかもしれない、という内容。
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-02-03 02:48:43
    早川さんが危険を声高に言うことで「私は東電を助けていることになるのかな」って言ってたのが印象に残っている。
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-02-03 02:55:17
    早川さんが一揆なんて言葉使うとみんなしらーっとしてたけど、だから今や一揆っていうとねじり鎌一揆っていう別の文脈でしか使われなくなっちゃったけど、理不尽なことされたら本人が訴えなきゃ、やられ損じゃないですか。
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-02-03 02:59:43
    だから代々木公園に集まって老齢の有名人がなんか言っても、その人が生きてるうちになんにも変わらないじゃない。じゃあなんでおじいさんそういうとこ出てくるのかって、まあそういうテレビに映るようなところで原発反対って言いましたって事実がおじいさんにとっては大事だからでしょ。
  • Mami Tanaka @mami_tanaka 2012-02-03 03:04:12
    そんな人畜無害のデモフェスタより、なんで東電で殺気立った抗議やらないの。生活がかかってるんでしょう。失うものも尽きるほど失ったわけでしょう。奪われたわけでしょう。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「人文」に関連するカテゴリー