2010年5月28日

British Library Linked Data Workshop 二日目

takechan2000 のログその2
2
Hideaki Takeda @takechan2000

British Library Linked Data Workshop 二日目。まず昨日の小グループでの議論のまとめ。

2010-05-28 17:51:58
Hideaki Takeda @takechan2000

1.Improve Scholary communications / How could linked data help? / URIs linking Researchers, Instituions, Grans, funders, ... Supporting data

2010-05-28 17:53:34
Hideaki Takeda @takechan2000

Who needs to contribute? / Researchers, Publishers, Institutions and library

2010-05-28 17:55:08
Hideaki Takeda @takechan2000

What can libraries do ? / Leadship, trust, autority, Neautrality, Persistence, Expertise, Driving cultral chage, evaluation begyond peer rev

2010-05-28 17:56:26
Hideaki Takeda @takechan2000

What can libraries do? / Practical / Exploration, protyping, demonstrators

2010-05-28 17:57:09
Hideaki Takeda @takechan2000

Callenges/ Creating URI/ Of reseacher -> ORCID, Distributed / Crontols /

2010-05-28 17:58:11
Hideaki Takeda @takechan2000

Callenges/ Library responsibility? / Willlingness to take ristk, Give up current processes, Change in attribute to qualtiy -. "good enough"

2010-05-28 18:00:02
Hideaki Takeda @takechan2000

URIとlibraryの関係は? 図書館はクオリティ、オーソリティのある情報を出せる経験がある。対象は変わるかもしれないが。Name Authority Fileのその例。我々は何ができるか? 図書館は伝統的にカタロギングに資源をつかってきた。それをシフトさせる。

2010-05-28 18:12:44
Hideaki Takeda @takechan2000

図書館はみんなカタロギングをしている。(手を挙げさせる)。そうそrをURIに合わせていけばいい。ここには研究図書館とNatioal図書館がいて、それぞれ関わり方が違うのでは。(手を挙げさせる->半々ぐらいか)。

2010-05-28 18:16:34
Hideaki Takeda @takechan2000

Topic 2: Interoperable Digitised Content 既存のsiloをRDF化するとユーザ経験は変わるか? METSとか。EAD(encoded archival description)とか。

2010-05-28 18:24:15
Hideaki Takeda @takechan2000

機会は?簡単なコラボから。Person, TIme, time frame, Location over time, eventとか。内部と外部の情報を混ぜたBBCの方法から学ぶ。

2010-05-28 18:25:48
Hideaki Takeda @takechan2000

たとえば、Open Governmentの第1段階はデータを出すこと、第2段階はRDFでだすこと。EADをLDとして出すことが望ましい(quick way!)。 TEI (Text Encoding Initiative) documentをLD化。

2010-05-28 18:36:28
Hideaki Takeda @takechan2000

europeanaは現在RDFで公開していないが、すればeuropeanaなような分散的なアプローチには最適。

2010-05-28 18:47:17
Hideaki Takeda @takechan2000

Topic 3: Freebase based system demo / freebase with Staford cataloging/ 10 million triples / 構造的にはBCCと似ている。/ このような方法のベネフィットは?/ 統合は自動的 99%の精度

2010-05-28 18:54:49
Hideaki Takeda @takechan2000

Reconciling Processはpipelineになっていて、そこに図書館の経験をいれることは可能になっている。

2010-05-28 18:59:43
Hideaki Takeda @takechan2000

どんなライセンスが適切か? cc by ? 事実ならいらない? Europeanaでは問題。科学データではattributionが見えること(誰がつくったか)が明記させることがインセンティブ。著作権ではない。freebaseはattributionを明記してRDFで公開。

2010-05-28 19:06:34
Hideaki Takeda @takechan2000

5つのグループ分け。Univ. lib. -URI Engineering / National Lib. URI Eng / Republish EAD etc. as LD / Freebase Experience / Copyright and liciencing

2010-05-28 19:15:58
Hideaki Takeda @takechan2000

5つのグループによる議論終了。 FreebaseのBrain Karlak氏と話す。

2010-05-28 20:38:11
Hideaki Takeda @takechan2000

これでBritish Library Linked Data Workshopは終了。全体的の感想は図書館でのLinked Dataの重要性をみんなで確認して、個々の今後の方針に活かしていきましょう、という感じかな。一部コラボが始まる気配も。一番の収穫?はやっぱりFreebase

2010-05-28 20:43:17
Hideaki Takeda @takechan2000

午後は今度はStanfordのMike Keller主催のミーティング。

2010-05-28 20:44:06
Hideaki Takeda @takechan2000

Datacite: assigning peristent identifiers to datasets; International data libraries; Crossrefのようなもの。DOIのRA

2010-05-28 22:22:29
Hideaki Takeda @takechan2000

Metaresolver - DNb / PerID - persistent identifiers /

2010-05-28 22:24:04
Hideaki Takeda @takechan2000

LUKII - planning & interoperability, focus on storage and long-tern presenation planning (LOCKSS & KOPAL)

2010-05-28 22:29:05
Hideaki Takeda @takechan2000

Library Linked Data incubator Group in W3C - library practise + conncted domains; publish a report; /

2010-05-28 22:32:35
残りを読む(2)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?