編集可能

猪飼周平「原発震災に対する支援とは何か」についての石戸諭さんの連ツイ

シノドス・ジャーナルに掲載された猪飼周平氏(一橋大学大学院社会学研究科准教授)の「原発震災に対する支援とは何か ―― 福島第一原発事故から10ヶ月後の現状の整理」について、石戸諭さん(新聞記者)による感想連ツイまとめ。
96

猪飼周平「原発震災に対する支援とは何か」

SYNODOS / シノドス @synodos

きわめて重要な文書。ぜひじっくりお読みいただければ幸いです。SYNODOS JOURNAL : 原発震災に対する支援とは何か ―― 福島第一原発事故から10ヶ月後の現状の整理 猪飼周平 http://t.co/ZF75J6BO

2012-02-03 09:56:11
石戸諭 @satoruishido

大事なことが書かれている。あとで感想を連ツイします。 RT@synodos: きわめて重要な文書。: 原発震災に対する支援とは何か ―― 福島第一原発事故から10ヶ月後の現状の整理 猪飼周平 http://t.co/fxKAl78P

2012-02-03 20:21:41

--ここから石戸諭さんのコメントです

石戸諭 @satoruishido

猪飼論文、まず強く同意したのはこれだ。「被曝の危険という、土地を離れる強い動機づけにもかかわらず、多くの人びとがこれまで生活してきた地に依然としてしがみついているということであり、したがって、今次の原発震災へのアプローチは、このことを踏まえた上で行われなければならない」

2012-02-04 00:30:42
石戸諭 @satoruishido

そして「東京を始めとする域外で発言する人びとが、避難こそが「人道」に叶っていると考える傾向」への違和感、「今日の論争の構図である『避難か除染か』という2項対立自体、避難する人と留まる人が両方あるという前提を踏まえていない」もだ。

2012-02-04 00:32:41
石戸諭 @satoruishido

徹頭徹尾、現場から思考するという猪飼さんの姿勢がまず打ち出されて、ここが本当にすごい。僕がみてきた福島の様子とも大いに重なってくる。

2012-02-04 00:35:15
石戸諭 @satoruishido

猪飼さんが指摘するように少なくない住民はよく調べている。現地では市内のレンタルビデオ店や業者が無料でレンタル線量計を貸し出しており、好評と聞く。暗黙の内にある「無知でメディアにだまされている住民」は成立しにくい図式だ。

2012-02-04 00:36:14
石戸諭 @satoruishido

福島で普通に生活をしている人たちはいる。それぞれに葛藤や思いはあるにしても、まずは日常を取り戻そうとしていた。僕がはっとさせられたのは国や東電の責任を第一に口に出してしまっている人たちに対する(と、僕は理解した)言葉である。

2012-02-04 00:43:40
石戸諭 @satoruishido

「原発震災の責任が国にあるということは、国民全体が責任を負うということに他ならない。だが、このような意識は日本人には総じて希薄であり、自分とは関係のない「国」が悪いと思っているようにみえる。除染の責任を取るのも、自分ではない「国」であって、自分は関係ないと思っているようにみえる」

2012-02-04 00:44:14
石戸諭 @satoruishido

単に「国や東電の責任」といっているだけでは議論は前に進まない。何をするのか、どうするのか。具体的な方法を提案しないと事は何も進まない。「責任、責任といって消費者が買ってくれるなら何回だって言う」と福島市の農家は言っていた。これが僕にとってはリアルな生活の言葉だ。

2012-02-04 00:48:22
石戸諭 @satoruishido

猪飼さんが指摘するように行政だけでは除染は進まないし、遅い。僕が取材していた農地測定もしかり。行政だけではちっとも進まないし、「うちの、ここの農地の数値が知りたい」という農家のニーズも満たせない。だから現地でいろんな人たちが動いているのだ。難点は1つ。費用だ。

2012-02-04 00:51:14
石戸諭 @satoruishido

よって、僕は猪飼さんのこの提案に賛成する。「除染ボランティアの費用が最終的に国に請求され、国からの支払いが住民に還元されるような枠組みができれば、この問題は解決されることになる」。

2012-02-04 00:52:07
石戸諭 @satoruishido

猪飼さんの論考は「住民視点ベース」「生活ベース」で地に足をつけて議論を進めていくことの大切さを浮き彫りにしたと思う。郡山市で始まったエートスや僕が取材した方々もだが、こんなことは現地ではとっくにクリアされている。

2012-02-04 00:55:04
石戸諭 @satoruishido

「住民が自発的に勉強を始めたのに国や東電を批判しないでいることが理解できない」人というのがいるのだと思う。だから「安全デマにだまされている云々」といった議論が出てくるのだろう。この手の人たちが決定的に見過ごしているのが「生活」や「住民重視」という考えではないか。

2012-02-04 00:58:42
石戸諭 @satoruishido

たぶん、わからないのは実際に住民の動きや現地で普通に聞いた話から考えていないから。現地に行ったり、住んでいる人から話を聞かずに「専門家とコミュニケーション」「市民のための科学云々」などと議論してもしょうがない。僕の取材先は「1度でいいから来い。案内してやる」が口癖だ。

2012-02-04 01:04:31
石戸諭 @satoruishido

長くなったけど、突き詰めれば強い言葉で揶揄すりゃいいってわけじゃない。実際にできることからやる。現地のリアルな言葉、生活の言葉に耳を傾けながらやるってことじゃないでしょうか。できないなら「黙る」。現地の考えている人はくだらない責任論のはるか先をいっていることはお忘れ無きよう。

2012-02-04 01:15:19
石戸諭 @satoruishido

【再掲】現場で考えると専門外であっても、専門分野とリンクさせてこれだけ骨太のものが書けるということですね。本当に刺激を受けました。直接面識はないけど猪飼さん@shuikai ありがとうございました。勉強になりましたし、自分も頑張らねばという思いにさせられました。

2012-02-04 01:42:52

--付記:猪飼周平さんのコメントと河野太郎さんのブログ記事

猪飼周平 @shuikai

河野太郎さんと違って本当の「ごまめの歯ぎしり」なのでスルーされているのだろうが、それにしても、拙稿「原発震災に対する支援とは何か」に対して正面から反論してくる人がいない。建設的な批判者求む。http://t.co/CaJH9TZx

2012-01-31 13:50:41
河野太郎 @konotarogomame

ブログ更新:震災がれきの受け入れに賛成する http://t.co/xDmnj2ep

2012-02-03 14:17:13

桜井政成氏による猪飼論文への反論

--猪飼周平氏によるコメント(2月5日付)

猪飼周平 @shuikai

①これまで多くの方にご感想・ご意見を頂き大変有難うございます。また、桜井さんのご批判大変興味深く拝見しました。大変建設的なご指摘が含まれていると思います。ご批判の内容については後ほどリプライさせて頂きます。

2012-02-05 13:47:32
残りを読む(3)

コメント

Nobuko Kosuge @nobuko_kosuge 2012年2月4日
おっしゃることはよく理解できますし、そのとおりだと思いもしますが、こういう主張の最後を、「できないなら『黙る』。現地の考えている人はくだらない責任論のはるか先をいっていることはお忘れ無きよう。」で結ぶことには、違和感があります。最後の最後になって、言論人が、何かを「できない」他者に対して「黙る」ことをしいたうえ、「お忘れ無きよう」というのは、いかがなものでしょう。
0
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年2月4日
@satoruishido @nobuko_kosuge 最後の文章、こういう言い換えを提案。「できないなら『黙る』」ではなく、「できないなら、『現地の行動を遮らないように』、話したいのなら、『当事者の行動に差し障らないように』」ではいかがでしょうか?
0
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年2月4日
認知心理学療法、論理療法では、人の行動に対して、「人が~すべき」と考えるのではなく、「人が~してくれることが望ましい」と考えることで、自己の感情の管理を行うとします。相手に、何かを望む場合には、そういう提案としての方式を---
0
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年2月4日
---とった方が、心理学的にも有効な場合が多いです。 人は自分の信念を変化する際には「リバウンド心理」と「自己の後悔の念」という、大きな壁にぶつかります。そういう場合にも、「自分が~すべき」、と考えるより、「自分が~するのは望ましいんだ」と---
0
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年2月4日
ーーー考えると、うまく行くことがあります。 どうか、そう考えてみてください。 私からの提案です。 そう考えてもらうのが、望ましい、と私は思います。
0
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年2月4日
must じゃなくて、 I hope (私は希望する) って事です。
0
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年2月4日
誤:「リバウンド心理」 → 正「リバウンド効果」  心理学用語
0
Nobuko Kosuge @nobuko_kosuge 2012年2月4日
@rt_luckdragon 「現地の考えている人は…はるか先をいっていること」を、自分自身も忘れないようにしたいです。このことだって「自分とは関係ない」わけではないと思うから。これは、「現地」で生計をたてていない、「現地」で生活していない、自分自身にいっていることです。
0
細川啓%求職中断 @hosokattawa 2012年2月4日
どこかの組織の方針は「やりたい者はやってよい。ただし、やらない者を非難してはいけない。やりたくない者はやらなくてよい。ただし、やる者の邪魔をしてはいけない。」だったという。(ただ、緩すぎたのか組織としては立ちいかなくなったようだ。メンバーに強制力を発揮できないのは組織として致命的。)
0
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年2月5日
補足エビデンス:ステレオタイプ思考(ブラッドタイプ・ハラスメント等の対策)に対抗するための、リバウンド効果の対策について。論文:(リンク) > http://ci.nii.ac.jp/naid/110007880891
0
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年2月5日
元々の言動が偏見に根ざした言動を制止するための「黙れ」なのですので、その代替手段として、根源の思考、ステレオタイプ思考を抑制するための考察な訳です。 > リバウンド思考の対策
0
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2012年2月5日
まあ、そこまで考察がいかなくとも、「言論の自由」としての原則があるため、元々「黙れ」自身への反発は、かなりの確度で予想されうるわけで。
0
はみんぐばーど @kei_sadalsuud 2012年2月5日
「黙る」ことは無関心に繋がるような気がします。それを現地の方が望んでいるのなら仕方ありませんが。
0
平井孝典 @takanori_hirai 2012年2月5日
私も@nobuko_kosugeさんと同じに結びの言葉に違和感を感じました。いや、元の猪飼さんの論文が素晴らしいことを考えれば、もっと積極的に残念だとすら言えます。結局のところ虎の威を借る何とやら、我が意を得たりとばかりに猪飼さんの論文を引用してすることが、自分が気に入らない陣営への攻撃では何のことやら…。
0
平井孝典 @takanori_hirai 2012年2月5日
直接話すことの重要性に言及しながら、対話する対象が「現地」に限定されているのが惜しいと思いました。県外への避難者や避難支援など違った活動をしている方々とも対話をしてみるのが望ましいと思います。そうした人の中にも素晴らしい人は沢山います。ネット上の世論や風評を見ているだけでは解らないことが多いということは全てに共通して言えることだと思います。
0
Nobuko Kosuge @nobuko_kosuge 2012年2月5日
@takanori_hirai 石戸氏の連続ツイは猪飼論文の一解釈で、最後のツイは石戸氏のオピニオンととると、お二人のそれぞれの論やスタンスなどの共通点と相違がわかりやすくなるような気がします。
0
Nobuko Kosuge @nobuko_kosuge 2012年2月5日
シノドスの猪飼論文は、とても謙虚な書きくちで始まり終わっています。「…10ヶ月後の現状の整理」というサブタイトルにも、それを強く感じます。なので、こういう態度をとる著者の「現状の整理」を批判するのはちょっと「野暮」で、あえて疑問をなげかける、ということになります。
0
Nobuko Kosuge @nobuko_kosuge 2012年2月5日
ということで、あえてシノドスの猪飼論文に疑問を抱くとすれば、「6.国の責任について」の一部です。わかりにくいです。とくに「国民が総じて福島の人びとの被曝に対して冷淡であるということである。」という部分で、これは現状の「整理」をこえた分析でしょう。同論では非常に重要な部分のようにみえるのだけれど、この分析を支えるべき論拠が同論ではあいまいにみえます。以上です。
0
浪費癖 @DSJ_Phuture 2012年2月5日
原爆被害者に受忍を強いたのは、実は「国民全体が先の大戦の被害者であり」と言うエクスキューズだったと言う事はあるんだよね。
0
浪費癖 @DSJ_Phuture 2012年2月5日
正確じゃなかった。原爆被害者に受忍を強いたのは、実は国が自身の責任を認めないために「国民全体が先の大戦の被害者であり分かち合うべきだ」とした事も大きいんだよね。
0
橋本麻里 @hashimoto_tokyo 2012年2月5日
桜井政成氏による「猪飼論文への反論」まとめと、それに対する猪飼氏の本日のコメントを加えました。
0