2010年5月30日

Message 00 ・・・といって良いのかは分からないけれど。

声優であり歌手である茅原実里さんの、マネージャーである瀬野大介さんが、2010.5.30の日本武道館ライブがいよいよ明日という夜に、DVD Message 01(の中のドキュメンタリー Grateful Days)に至るまでの道のりについて、ツイッターで3時間にわたってつぶやいたツイートの記録。 ファンにはとても泣けます・・・。
76
Daisuke Seno @sayno_923

いよいよ明日なんですね。色々思い返してしまいます。

2010-05-29 22:29:29
Daisuke Seno @sayno_923

茅原と初めて会ったのは、2002年の9月の終わり頃だったかな。入社してすぐaaaの声優コース開講と同時にその担当となったんだった。右も左も分からない中でのスタートで不安しかなかった。

2010-05-29 22:33:26
Daisuke Seno @sayno_923

そんな中、上司から「面白い子がいる」と渡されたプロフィールが茅原のプロフィールで、すげぇ丸文字でびびったな(笑)

2010-05-29 22:34:56
Daisuke Seno @sayno_923

最初に話したのは電話。ゲームの歌の収録に出てたらしく、電話口で元気な甲高い声で「もしもし、茅原です~!」と新入社員の私はタジタジだった。

2010-05-29 22:40:38
Daisuke Seno @sayno_923

スクールで募集する色んなオーディションには必ずといって顔を出していて、よく掲示板の前のソファで仮眠を取ってる姿を見かけてた。後から知ったけど、「1年に全てをかけてた」からの行動で、納得だった。

2010-05-29 22:52:49
Daisuke Seno @sayno_923

そんな中「「國府田マリ子のGM」アシスタントオーディションがあって、持ち前のキャラが受けて見事アシスタント3名のうち1名に選出。現場に出れる喜びとおしゃべりに苦手意識を持った中で収録で、よく収録後に泣いてたなぁ。

2010-05-29 23:03:48
Daisuke Seno @sayno_923

いつも目の前にあることに一生懸命。その姿勢は昔からずっと変わってませんね。不器用なんだけど、茅原はマイペースに一生懸命でした。

2010-05-29 23:09:54
Daisuke Seno @sayno_923

「このオーディションでダメならもう一度人生考え直します」と覚悟を決めて受けた「天上天下」のオーディションでまさかのヒロインとしての合格。声優、茅原実里のスタートと同時に私もマネージャーとして声優業界に飛び込みました。

2010-05-29 23:13:53
Daisuke Seno @sayno_923

そうそうたる豪快キャストの中にどこの誰かも分からない声優と新人マネージャーの組み合わせは滑稽だったかもしれませんが、「これからだ!」とアフレコに臨みました。

2010-05-29 23:17:23
Daisuke Seno @sayno_923

初回のアフレコ後、トイレに駆け込む茅原でしたが、私は見守ることしかできませんでした。。。久川さんに色々アドバイスをもらえたことで救われましたね。「天上天下」の現場はキャストのみなさんのチームワークが素晴らしく、茅原にとって幸せなデビュー作だったと思います。

2010-05-29 23:22:35
Daisuke Seno @sayno_923

自社製作の作品だけでは認めてもらえない、と方々に営業し始めたのもこの頃からでした。プロフィールとボイスサンプルを作って、名鑑に載ってる音響会社に片っ端から電話してましたね。わざわざ時間をとって会ってくれるところもありましたが、ほとんどはダメだったな。。。

2010-05-29 23:28:22
Daisuke Seno @sayno_923

「エイベックスなんだから、エイベックスの作品に出れればいいんじゃないですか」と真顔で言われたこともあった。すごく悔しかった。あと、会社のブランドイメージの悪さに気づいたのもこの頃。

2010-05-29 23:30:04
Daisuke Seno @sayno_923

デビューして他の事務所の役者さんと話す機会も出てきて、オーディションの話になることもあるようで、「オーディションないんですか?」を聞かれることが辛かったな。

2010-05-29 23:35:47
Daisuke Seno @sayno_923

そんな中「國府田マリ子のGM」でお世話になったディレクターさんから連絡があって「CD出しませんか?」と。大変驚きましたが、茅原の人柄の賜物でした。

2010-05-29 23:38:44
Daisuke Seno @sayno_923

このCD話。すごく悩んだんです。あくまで「とりあえず一枚だけ」と継続的なリリースを約束するものではなかったので、「出して終わり」になる可能性もあったので。。。

2010-05-29 23:41:03
Daisuke Seno @sayno_923

茅原にとって自分のCDが出せるというのは大きな出来事で、「このチャンスを逃したらいつ出せるか分からない。これで終わってもいいからやりたい」と言われ、本人がそこまで言うなら、と話を進めることにしました。

2010-05-29 23:50:21
Daisuke Seno @sayno_923

「HEROINE」の発売日。茅原と秋葉原のお店に行きました。売り場に一枚だけそっとあるCDを見て、「よかったー!ちゃんと発売されたね!」と笑顔で話す茅原に「よかったね」と話しながらも、見え難い足元に置かれたCDに私は悔しさでいっぱいでしたが、それが当時の茅原のポジションでした。

2010-05-29 23:58:50
Daisuke Seno @sayno_923

年が明けてキングレコードさんからのお誘いで水樹奈々さんの武道館公演へ。これが素晴らしい公演で、茅原にとって大きな目標をもつきっかけになったようです。この日のminorhythmが私が茅原を武道館へという目標を持ったきっかけです。http://bit.ly/bOgbhx

2010-05-30 00:08:52
Daisuke Seno @sayno_923

「HEROINE」を出して「茅原実里」として歌える曲が出来たことでライブハウスでイベントを開催しました。当時は、仕事がなくなって消えてしまう恐怖との戦いでしたね。「茅原実里」という声優の存在をなんとかアピールしようと必死でした。

2010-05-30 00:13:10
Daisuke Seno @sayno_923

当の茅原はイベントの中身を考えたり、スタジオで一生懸命リハーサルを重ねてました。「ライブができる!」というのが嬉しくて仕方がない様子でした。曲順を楽しそうに考えてたのを思い出します。

2010-05-30 00:16:25
Daisuke Seno @sayno_923

声優の仕事がなくなって、マネージャーとして一番辛かったのは、取材などで「今後のご予定は?」という質問。何も決まってない茅原に「毎日ブログを更新してるので是非見てください!」それしか話せられない。笑顔で語る茅原に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

2010-05-30 00:20:56
Daisuke Seno @sayno_923

一番辛かったのは、取材などで「今後のご予定は?」という質問。何も決まってない茅原に「毎日ブログを更新してるので是非見てください!」それしか話せられない。笑顔で語る茅原に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

2010-05-30 00:21:27
Daisuke Seno @sayno_923

音響会社への営業もし尽くして、ここでダメならレコードメーカーに営業しよう、と色んなメーカーに営業してたのがこの時期。エイベックスの名刺持ってるもんだから、「出演大丈夫なんですか

2010-05-30 00:25:32
Daisuke Seno @sayno_923

音響会社への営業もし尽くして、ここでダメならレコードメーカーに営業しよう、と色んなメーカーに営業してたのがこの時期。エイベックスの名刺持ってるもんだから、「出演大丈夫なんですか?」って言われることが多くて、誤解を解くことから始まる営業でした。

2010-05-30 00:26:11
Daisuke Seno @sayno_923

実はこの時期にランティスさんにも営業してまして、その時、会ってくれたのが斎藤さんでした(笑)。この時は、繋がらなかったんですが、真剣に話しを聞いてくれたのは覚えてます。まさか1年後に再会するとは思いませんでしたね。

2010-05-30 00:29:13
残りを読む(17)

コメント