アール・ブリュットを巡る トークシリーズ 視点7(ゲスト:高橋伸行氏)まとめ

滋賀県、東京都、岩手県などで全8回開催されているアール・ブリュットを巡る トークシリーズのまとめ。本回は視点7のまとめをしました。 医療・福祉を地域に開く アートプロジェクトとアール・ブリュット ゲスト:高橋伸行(アーティスト / やさしい美術プロジェクトディレクター / 名古屋造形大学准教授) 続きを読む
1
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

昨日やった遊びは、子どもたちではかけない高いところに絵をかくために職員やアーティストがだっこしてあげて描いていく。そういうコミュニケーションを楽しむ。(高橋) #artbrut_t

2012-01-28 15:49:28
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

僕の中では病院で行っているものも、福祉施設でも震災の現場でもやってることは「近づいていく」ということ。ある種の現場やそこにいる人たちとの独特の距離感を感じつつ近づきつつ何かを表現していく。それは必ずしも「作品」という顔を持たない可能性がある。(高橋) #artbrut_t

2012-01-28 15:49:35
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

作品という顔持たないこういった福祉医療現場での取り組みを興味深く聞いていた。高橋さんの中でこういったプロジェクトに至るまでのプロセス、紆余曲折を伺いたい。(保坂) #artbrut_t

2012-01-28 15:55:39
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

絵を描くことよりも、余命何ヶ月の人たちには手を握る方がいいこともある。そういったことも含めて表現していく。(高橋) #artbrut_t

2012-01-28 15:49:43
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

病院などの取り組みでは大きな固まりとしてのアートをぼーんとほうり投げるようなことに対してやりながら、違和感等もかんじつつ自分の中でも意識が変わってきた。(高橋) #artbrut_t

2012-01-28 15:55:56
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

作品というものがそこでそのままに成立しているというよりは、何か色々な関係性があって作品が成り立っている気がして。例えば一枚の絵画にもそこに至るまでに様々な人たちのその制作への関わりなどが反映されている感じてきた。(高橋) #artbrut_t

2012-01-28 15:56:09
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

基本的には制作は個人だとは思ってきたが、「こういうのもありか」と思ってやっている。(高橋) #artbrut_t

2012-01-28 15:56:18
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

滋賀県では「美の滋賀」という取り組みがあり、アールブリュットのようなものを美術館に展示していくような話もある。そうなってくる美術館としては展示できる質のような話になってくる。これまでの美術の歴史からしての取捨選択がそこにはある。(保坂) #artbrut_t

2012-01-28 15:56:26
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

美術史としてはなぜ取捨選択しなければならないかというと「多くの人に感動してほしい」と思っているから。そういった意味で、作品そのものとして、ゴッホのように人生まで知られている人でない作家であっても、その作品で感動できる基準がいる。(保坂) #artbrut_t

2012-01-28 15:56:41
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

しかし、感動させると思う意味では、いい意味で狭いコミュニティの中で共有される作品のあり方、感動もあるんだと。美術館で働いている立場としても非常に色々考えさせられる。お客さんはどう思われますかね?(保坂) #artbrut_t

2012-01-28 15:56:48
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

美術館で展示されている作品は、美術を見てこられたその専門家の方の審査や審美眼が入って選ばれている。高橋さんがされていることは美術、教育、福祉の3つが混ざっている。美の滋賀としての美術館でそのごちゃまぜの状態を作るのは私は個人的に反対だと思っている(観客) #artbrut_t

2012-01-28 15:57:12
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

発達センターちよだなどに通っている子ども達がそこで一緒に何かを作るということと関係している美術のあり方。土の中の植物を抜いた時に根っこから土から色々ついてくるようなそういった美術のあり方もあってもいいとは思っている。(高橋) #artbrut_t

2012-01-28 15:57:21
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

美術館に入らない作品は駄目なのかという基準を持っている人もいて、そうではないと思う。プロセスやコンテキスト、前提の知識を知っていると全然違う意識で作品がたち現れてくるアート。(保坂) #artbrut_t

2012-01-28 15:57:45
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

美術館以外で起きているアート、美術館のアートが最終的には良い関係がつくれればとは思いますが。(保坂) #artbrut_t

2012-01-28 15:57:55
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

近江八幡でやっているアールブリュットなどは美術館ではないアートだけど、すばらしいアートだと思っている。一方、博物館の人たちとの対話の中で、地域と切り離されない地域にモノがある状態で引き止めておくことの重要性などを語っていることはいいヒントになるか。(観客) #artbrut_t

2012-01-28 15:58:20
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

おっしゃる通りなところがある。博物館の方がある意味そういった議論は進んでいる。作っている人たちの笑顔やその行程で起きる出来事に関わっているからこそ言える立場が、高橋さんにはある。美術館の学芸員はそこに関われないという違いもあるのかなと思いました。(保坂) #artbrut_t

2012-01-28 15:58:29
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

大島での活動の中で感じたことは、例えば偏見を持っていることが駄目だというより、偏見がやっぱり自分の中にもあるということに気づくような過程だった。(高橋) #artbrut_t

2012-01-28 15:58:37
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

大島で活動しているとなんというかファン倶楽部のようなものができる笑。大島のファンクラブを作っている感じ。(高橋) #artbrut_t

2012-01-28 15:58:43
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

美術館に対するアンチテーゼなどのつもりではなく、こういった美術のあり方もありだと思っている。(高橋) #artbrut_t

2012-01-28 15:58:51
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

高橋さんの話にとても共感した。実際に活動されてきて、作品というよりは場を共有することのすばらしさはあると思うが、現場としてある意味、クオリティの高い作品ができにくいから、こういったことをしているということはあるのか?(観客) #artbrut_t

2012-01-28 15:59:00
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

そうではない。僕らは美術作家なので、どうしてもある種の形にする癖みたいなことがあるんですが、そうでもないということをしたいというのがある。(高橋) #artbrut_t

2012-01-28 15:59:19
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

最初はすごい作品みたいなものが生まれることに希望もあったが、その前段階のプロセスである意味達成してしまっている感じがあると思っている。(高橋) #artbrut_t

2012-01-28 15:59:28
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

そういったプロセスの断片のようなものを記録し見せていくようなことをやりたいが、いまは思いついてない。でも思いついてないから駄目とも思ってなく、いまの時点も面白いと思っている。(高橋) #artbrut_t

2012-01-28 15:59:35
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

前回の光州ビエンナーレでもアールブリュット的な作家が選ばれていた。その中でハンガリー(確か)の作家が、視覚障害のある方の造形活動のプロセスを映像でおさめるという作品を展示していた。(保坂) #artbrut_t

2012-01-28 16:03:29
アール・ブリュットを巡るトークシリーズ @artbrut_talk

その作家の場合はその記録を自分の作品にしてしまっているし、視覚障害の方の造形が面白いかどうか、など思うところもあるがアールブリュットの作品そのものでなく、その行為を捉えるようなアウトプットがあってもいいかも知れないしこれから増えていくかもしれない。(保坂) #artbrut_t

2012-01-28 16:03:56