『幻想文学』関係者への質問とその回答

@SagamiNoriakiさんが『幻想文学』関係者に質問したいのだけれど、とツイートしてらしたので、石堂藍さんになら連絡つきますよと質問を中継。 石堂藍さんからブログとメールで回答がきたので、まとめておきます。
書籍 文学 ファンタジー 幻想文学
0
ありさと @ailsato
@SagamiNoriaki  石堂さんから「つないでください」ってお返事もらったので、質問あったらどうぞー。mixi経由で転載するか、石堂さんの表のブログに答えが掲載されるか、どっちかはわかりませんが、ちゃんとご本人に伝わりますから。
我乱堂 @SagamiNoriaki
特に知りたいことというと、80年代当時のFTブームにおける『幻想文学』のポジションなんだけども、それはすでに伝え聞いて…関係者はRPGのファンタジーブームとかどう受け止めていたのかとか、あと隣接している少女小説など。やはり別物として見ていたのですかねー RT @ailsato
ありさと @ailsato
@SagamiNoriaki 質問、石堂さんに投げてきますねー。
ありさと @ailsato
@SagamiNoriaki 石堂藍さんの公式ブログにファンタジーブームと『幻想文学』についての記事がアップされました。 2012-02-07 - 萩の塵拾い http://t.co/Oowgyyeq

石堂藍さんからメールで「端的な回答」というのもいただいたんで、そちらも転載。

========= 転載開始 =========
 『幻想文学』の関係者って私と東しかいないのですが、東はホラーで私がファンタジーという担当に、一応なっていました。で、私は、ゲームも少女小説もファンタジーだとは思っていましたけど、ゲームは別物と思っていましたね。当時、シナリオを文芸だとは見なさなかった。少女文庫は一部にしか目を通せなくて、それでたいしたことないと全体を侮ったという感じです。別物というよりは、おもしろいとかすごいとか思わなかった。

 もしかして、ブームそのものをどう見ていたかというご質問なのかしら。
 それならば、うちとは関係ない、ですね。いいな、いいな、うちも売れないかな、売れないねー(笑)。
 でも、一応、波があるってことは伝えておきたいと思って、89年から「幻想の新地平」を連載しました。
 それから、この現象は何だろう?ということはずっと考え続けていましたね。なぜファンタジー? 今でも考えてますけど。

========= 転載終了 =========

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする