Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

勝川准教授がteam_nakagawa「セシウムは生物濃縮しない」発言を批判

team_nakagawaの「セシウムは生物濃縮しない」に対して、勝川俊雄准教授がわかりやすく解説して批判を加えています。 その後のチーム中川が補遺を出し、それに対して勝川教授が出したコメント、及び「生物濃縮」の語についての解説も追加しました。
42

チーム中川が水俣病の有機水銀汚染とセシウム汚染を比較

東大病院放射線治療チーム @team_nakagawa

食品を通したセシウムによる内部被ばくは、「水俣病」を連想させるところがあるようです。水俣病は、チッソ水俣工場からの有機水銀が食物連鎖によって濃縮されたことが原因です。高濃度に汚染された魚を食べた住民の脳組織に「脂溶性」の有機水銀が沈着し、神経障害を多発させました。

2012-02-06 09:15:33

勝川准教授が指摘したツイートはこれ↓

東大病院放射線治療チーム @team_nakagawa

一方、放射性セシウムでは、有機水銀のような「生物濃縮」はほぼ起きません。セシウムは、カリウムに近い「アルカリ金属」です。体内に取り込まれると、カリウムと同じように全身の細胞へほぼ均等に分布し、尿に排泄されていきます。これは、福島県内で安楽死となった家畜の分析でも確認されています。

2012-02-06 09:19:41
東大病院放射線治療チーム @team_nakagawa

セシウムはカリウムと同様、尿として排泄されていきます。乳児だと9日、大人でも約3カ月で体内の量は半分になります。セシウム137の半減期は約30年なので、体外に排泄されたセシウムは地球のどこかに存在することになりますが、有機水銀と異なり、身体に蓄積していくことはありません。

2012-02-06 17:11:45

2月7日

勝川 俊雄 @katukawa

チーム中川のこのツイート。 http://t.co/lY77ZH5r 言いたいことはわかるし、間違いとは言い切れない。しかし、リスク・コミュニケーションとしては致命的に誤っていて、不安を解消するどころか、火に油を注ぐだけだと思う。

2012-02-07 23:27:24
勝川 俊雄 @katukawa

水銀の濃縮係数は10万とか、100万とかそう言ったオーダー。一方、セシウムの濃縮係数は精々100のオーダー。濃縮の度合いや、生態系での滞留時間は、水銀やPCBと比較すれば桁違いに短い。だからといって、「生物濃縮はほぼ起きません」と言い切るのは拙い。

2012-02-07 23:28:00
勝川 俊雄 @katukawa

水銀やPCBのような生物濃縮をする化学物質の代表選手と比べて、濃縮係数が低いからと行って、セシウムが生物濃縮をしないとは言えない。するか、しないかでいえば、するのである。

2012-02-07 23:29:53
勝川 俊雄 @katukawa

「俺は現役時代の小錦より痩せているから、痩せているのだ!」と言っても、あまり説得力がないのと同じこと。生物濃縮は、「する」、「しない」ではなく、程度問題なのだから、科学的な情報提供は、定量的な説明にとどまるべきだろう。

2012-02-07 23:32:31
勝川 俊雄 @katukawa

同じように「セシウムは濃縮しない」と主張したのが水産庁だが、去年の7月には軌道修正をした。現在は「5~100倍、半減期50日」といった定量的な情報を出した上で、きちんと取り組むことを明記している。適切な判断だ。 http://t.co/IHMCRA5N

2012-02-07 23:34:15

2月9日

勝川 俊雄 @katukawa

中川先生は、信頼関係が前提にある、主治医と患者という関係であれば、頼りになるお医者さんだろう。ただ、信頼関係が失われた状況では、「安心安全」を強調するのは、コミュニケーションの手段として逆効果だと思う。

2012-02-09 08:46:47
勝川 俊雄 @katukawa

「生物濃縮はほぼ起きません」という表現も学会で、言う分には何ら問題ない。「ほぼ」の意味は、専門家にはわかるし、その意味するところをその場で確認できるから。逆、悪意をもって、曲解されて、部分引用されて、拡散されるのが目に見えているツイッターでは、脇が甘い表現だと思う。

2012-02-09 09:04:09

2月14日 チーム中川が補遺

東大病院放射線治療チーム @team_nakagawa

2月6日に申し上げた内容 https://t.co/G7MvFtng に関して、誤解を招くというご指摘がありました。放射性セシウムの生物濃縮に関わります。「放射性セシウムでは、有機水銀のような「生物濃縮」はほぼ起きません」と述べました。(続く)

2012-02-14 17:25:51
東大病院放射線治療チーム @team_nakagawa

(承前)生物濃縮は濃縮係数が1000倍を超えるとそう呼ばれます。放射性セシウムの場合はたかだか100倍なので「ほぼ起きません」は間違いではないにしても、誤解される余地がありました。水産庁でも「海産魚の放射性セシウムの濃度は、周囲の海水中の放射性物質の濃度の5~100倍に濃縮(続く

2012-02-14 17:26:45
東大病院放射線治療チーム @team_nakagawa

(承前)(食物連鎖による影響を含む)することが報告されており、海水中の放射性物質の濃度が上がれば高くなり、逆に、下がれば徐々に排出されて50日程度で半分程度に減少することが分かっています」と述べています。(続く

2012-02-14 17:27:18
東大病院放射線治療チーム @team_nakagawa

(承前)水産庁→ http://t.co/GKbxwyTu 以上、ご指摘下さったみなさまに感謝し、補遺として申し上げます。

2012-02-14 17:27:47

2月15日

勝川 俊雄 @katukawa

生物濃縮について、チーム中川から補遺がでた。これなら誤解の余地は無いだろう。 http://t.co/xJxBJYNT http://t.co/nIGIxHvS

2012-02-15 09:38:57
クリエネ(市中感染ゼロ戦略で経済再生を) @morecleanenergy

@katukawa チーム中川の補遺には「生物濃縮は濃縮係数が1000倍を超えるとそう呼ばれます」とありますが、この定義についてはどう思われますか? あまり聞いたことのない定義ですが。

2012-02-15 09:43:31
勝川 俊雄 @katukawa

@keigomi29 遅くなりましたが状況をありがとうございます。この「慣例」について、どこかに明文化されていないでしょうか?

2012-02-15 09:51:28
勝川 俊雄 @katukawa

生物濃縮も、臨界と同じで、定義の部分がひとによって違う点に、注意が必要。一般的に生物濃縮が問題になる化合物は10万とかそんなレベルでため込むので、セシウムとは桁違い。

2012-02-15 09:53:08
勝川 俊雄 @katukawa

五味馨(@keigomi29)さんからも、次にように指摘していただいています: 学術用語としての「生物濃縮」とは、通常、1000倍以上の濃縮に対して使います。100倍程度の場合には「生物濃縮」という用語を使わないのです。これは生態学・環境学の慣例です。

2012-02-15 09:54:53
残りを読む(15)

コメント

クリエネ(市中感染ゼロ戦略で経済再生を) @morecleanenergy 2012年2月8日
この後、勝川准教授はコミュニケーションができない人について批判していますが、チーム中川のことなのか、横国大教授のことなのか(ひょっとして両方?)判断しかねるのでまとめに入れておりません。
0
赤木智弘@簡単♪名簿を書き写すだけ!! @T_akagi 2012年2月8日
チーム中川のツイートは「有機水銀のような「生物濃縮」はほぼ起きません」なのに、このまとめのタイトルはどうして「セシウムは生物濃縮しない」になってるの? 文意を変えてカッコをつけたら捏造だよ。
0
赤木智弘@簡単♪名簿を書き写すだけ!! @T_akagi 2012年2月8日
勝川さんのツイートにしても「生物濃縮は程度問題」とするなら、チーム中川が生体濃縮するしないで論じたかのような印象付けをして批判するべきではないだろう。
0
赤木智弘@簡単♪名簿を書き写すだけ!! @T_akagi 2012年2月8日
結局さ、チーム中川のツイートを1つしか引用していないのが、このまとめの不誠実さを物語っているよね。果たしてどうして「有機水銀」と「セシウム」の比較をしているのか。あとたった2つのツイートを引用すればいいだけなのにね。
0
愛・蔵太(素人) @kuratan 2012年2月8日
http://togetter.com/li/254468@T_akagi 作りました。「勝川准教授がteam_nakagawa「放射性セシウムでは、有機水銀のような「生物濃縮」はほぼ起きません」発言を批判」
0
sakai @SkiMario 2012年2月8日
勝川先生はリスク・コミュニケーションとしては良くない(不十分な発言)って言う批判ですよね。Puが飛ばないって話の時も少しでも離れたところから検出されれば「飛ぶじゃないか!」って言う人が出るように、「生物濃縮しない」って言ってしまうと、後で「濃縮してる」じゃないかって人が出てきそう。
0
sakai @SkiMario 2012年2月8日
チーム中川のもと発言は「有機水銀のような」と付けてて、これをどう取るかですが、その為にも前後のツイートは是非入れてほしいですね。専門外の人に簡潔に趣旨を伝えることが重要な訳で、その為にどうすべきかと言うのが難しいところだと思います。補足として定量的な話があるといいのかなぁ?
0
クリエネ(市中感染ゼロ戦略で経済再生を) @morecleanenergy 2012年2月9日
勝川准教授が「このツイート」とリンクを貼って言及した意図を尊重して、前後のツイートは外しました。
0
sakai @SkiMario 2012年2月9日
じゃぁどうしてチーム中川の発言『一方、放射性セシウムでは、有機水銀のような「生物濃縮」はほぼ起きません。……』を尊重せずに『「セシウムは生物濃縮しない」発言』と改変されているんですか?
0
粒㌳㌳㌳㌳㌳㌳㌳あ㌳㌳㌳㌳㌳㌳㌳ん @keroa18 2012年2月9日
勝川准教授の発言内容とタイトルの乖離がヒドい。羊頭狗肉と言われても仕方ないレベル。
0
赤木智弘@簡単♪名簿を書き写すだけ!! @T_akagi 2012年2月9日
勝川さんの意図は「その」ツイートを指していても、チーム中川は3つのツイートの内容がその意図なのですよ。尊重というけれども、それは勝川さんの有利な方に話を見せかけているだけ。片方だけを尊重して、片方を尊重しないのは、基本的に不誠実ですよ。
1
赤木智弘@簡単♪名簿を書き写すだけ!! @T_akagi 2012年2月9日
仮に僕が「するか、しないかでいえば、するのである。」を含むツイートだけを指して「勝川は程度の問題を無視して、生体濃縮するかしないかだけで判断している。ゼロリスク幻想だ!」って、批判したら不当な批判でしょ。その前後で数値の話をちゃんと出してるんだから。
1
赤木智弘@簡単♪名簿を書き写すだけ!! @T_akagi 2012年2月9日
それを僕の批判の意図通りに、まとめてしまえば「勝川は生体濃縮を二元論でしか考えていない」という文脈が、そのまとめページだけでは成立してしまう。そして意外と「まとめ」がもたらす印象は強いんだ。2ちゃんねるまとめサイトが一部の人を簡単に誘導してしまうくらいには。
1
クリエネ(市中感染ゼロ戦略で経済再生を) @morecleanenergy 2012年2月9日
私のまとめがおかしいと思うのなら、上の方のように自分の考えに基づいて別のまとめを作ればそれでいい話ではないでしょうか。
0
prince fan @quine10 2012年2月9日
結局、「有機水銀のような」を「有機水銀と同レベルの」ととるか、「有機水銀が有名なように」ととるかで解釈が違ってくるよね
1
Sim @tamashirosama 2012年2月9日
まとめは恣意的なものだと思うけど。でも、捏造はいけないよね
1
sakai @SkiMario 2012年2月9日
つまりmorecleanenergyさんの編集は、勝川先生への敬意等とは関係なくて、チーム中川の発言を「悪意をもって、曲解して、部分引用して、拡散する」具体例っていう事ですか?
0
まるちゃん@大湊警備府 @malchan1224 2012年2月10日
team_nakagawaのツイートも追加したことに言及しないのは何故ですか? >2/9の勝川准教授のツイートを追加。
1
クリエネ(市中感染ゼロ戦略で経済再生を) @morecleanenergy 2012年2月10日
あ、team_nakagawaのツイートも追加しました。もともとは勝川准教授の指定していたツイートのみをまとめに入れていましたが、2/9の勝川准教授のツイートを入れるにあたって、team_nakagawaの前後のツイートも入れた方がわかりやすいと思ったのと、コメント欄で入れるべきだという意見があったのを参考にして追加しました。
0
クリエネ(市中感染ゼロ戦略で経済再生を) @morecleanenergy 2012年2月14日
「生物濃縮は濃縮係数が1000倍を超えるとそう呼ばれます」って初めて聞いた。
0
クリエネ(市中感染ゼロ戦略で経済再生を) @morecleanenergy 2012年2月15日
ちなみに勝川俊雄准教授が水産庁の昨年3月の「セシウムは生物濃縮しない」という見解を批判した記事がこちら。現代ビジネス「徹底追及 水産庁「魚は安全」捏造していた」http://gendai.ismedia.jp/articles/-/5692?page=2
0
クリエネ(市中感染ゼロ戦略で経済再生を) @morecleanenergy 2012年2月15日
2/15の勝川准教授のコメント、及び勝川准教授が参考にした五味馨氏のツイートを追加しました。
0
クリエネ(市中感染ゼロ戦略で経済再生を) @morecleanenergy 2012年2月16日
「生物濃縮」についての議論が起こりましたが、別まとめにしました。
0
NiKe @fnord_jp 2012年3月14日
“たかだか”(高々)という言葉を見て「軽視したい意図がバレバレ」などと攻撃するなんて、見識を疑います。「たかが」と混同したのかもしれませんが。
2
おしょぼん @osyobonn 2013年2月27日
単体と化合物は動作がまったく違う事をここで述べておき、化合物の種類によって異なる部位で濃縮しγ線を極近距離で24時間受けつづけるので早期に細胞がガン化する。
0
クラウド@生物濃縮放射能は人に返る。。。 @palebrown 2015年10月26日
生物濃縮(bioaccumulation)について「南山堂医学大辞典」では→生体に取り込まれた化学物質は、速やかに分解あるいは排泄されない限り、生体内に蓄積される。 蓄積された化学物質は食物連鎖で上位の動物に捕食され、再び蓄積される。この一連の過程を生物濃縮という。(続く)
0
クラウド@生物濃縮放射能は人に返る。。。 @palebrown 2015年10月26日
生物濃縮(bioaccumulation)について「南山堂医学大辞典」では→(続き)メチル水銀などでは動物に、水中の10の5乗から6乗倍の濃度まで濃縮され、有害作用が発生する。 と書かれています。
0
クラウド@生物濃縮放射能は人に返る。。。 @palebrown 2015年10月26日
この記述からは、①濃度が1000倍等の量によらない「生物濃縮」の定義が存在すること。②「濃縮」自体も摂取するもの(上記例では最初に微生物が出し入れ摂取する「水」そのもの)と濃度比較して濃縮としていること。以上①②が理解されていることが重要ではないかと思います。
0