【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

「ぼくの見た町ぼくの想う町」

全国小・中学校作文コンクール文部科学大臣賞受賞 小学二年生の男の子が書いた作文です。 是非全文読んでください。 そして、「被災財」という言葉を教えてくださった宮城県気仙沼市の校長先生の言葉を、「がれき受け入れ問題」を考えるときに思い出してください。 http://info.yomiuri.co.jp/event/2011/11/61-1.php
復興 震災 瓦礫 広域処理 がれき
27982view 4コメント
61
ログインして広告を非表示にする
yuri @syoyuri 2012-02-08 23:55:13
第61回全国小・中学校作文コンクール【小学校低学年の部】「ぼくの見た町 ぼくの想う町」 小学二年生の男の子が、何度も被災地へボランティアに行き、そこで見て感じて経験し、そして考えたこと。 http://t.co/KXqXspjD この作文から「被災財」という言葉を教わりました。
yuri @syoyuri 2012-02-08 23:58:09
「ぼくの見た町 ぼくの想う町」より “元にもどるまで三十年かかるかもしれないけれど、ひ災地の人だけじゃなくて、ぼくたちもいっしょに復こうを考えていかなくちゃいけないんだと思いました。” http://t.co/KXqXspjD ...小学二年生の男の子が考える震災復興。ただ頷く。
yuri @syoyuri 2012-02-09 00:11:42
「ぼくの見た町ぼくの想う町」 http://t.co/KXqXspjD 是非全文読んでください。そして、「被災財」という言葉を教えてくださった宮城県気仙沼市の校長先生の言葉を、「がれき受け入れ問題」を考えるときに思い出してください。
yuri @syoyuri 2012-02-09 00:12:40
『がれき』とは『瓦礫』と書くんだ。これは、こわれた瓦と石ころの意味です。『がれき』と呼ばれているものは、実は津波が来る前は、ご家族や人々が大切に使っていたものです。それが津波でこわされたからといって石ころあつかいされては、かわいそうです。 http://t.co/KXqXspjD
yuri @syoyuri 2012-02-09 00:16:39
・・・『がれき』と言うのではなく、『被災財』と言ってくれると、たくさんの人に優しさをつたえることができるでしょう。」ぼくは、これを読んではっとして「そうかあ。」とつぶやきました。お父さんも「とっても大切なことだね。」とうなずきました。 http://t.co/KXqXspjD
2016年1月1日 追記
yuri @syoyuri 2016-01-01 12:30:59
2012年のまとめ「ぼくの見た町ぼくの想う町」 togetter.com/li/254606 全国小・中学校作文コンクール文部科学大臣賞受賞。当時小学2年生の土屋有生くんの作文、今はこちらで読むことができます↓ info.yomiuri.co.jp/event/2011/12/…(pdf)

ブックマークしたタグ

あなたの好きなタグをブックマークしておこう!話題のまとめを見逃さなくなります。

コメント

G.G. @G__G_ 2012-02-14 13:31:34
『被災財』は文字通り財産なのではないか。来るべき災害の時にはその財産が生きると思う。
KokyuHatuden @breathingpower 2012-02-15 10:23:04
@nhk_HORIJUN さんが震災直後から『瓦礫』という言葉を使わないようにと訴えていました。
ゆきひまわり(ひまわり畑様と私は別人です @yukihimawariyo 2012-03-03 13:44:27
小学二年生の作文 「瓦礫」は「被災財」 RT @syoyuri: 『がれき』とは『瓦礫』と書くんだ。これは、こわれた瓦と石ころの意味です。『がれき』と呼ばれているものは、実は津波が来る前は、ご家族や人々が大切に使っていたものです。それが津波でこわされたからといって石ころあつかいされては、かわいそうです。 http://t.co/KXqXspjD
yuri @syoyuri 2016-01-01 12:32:09
まとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする