246
烏賀陽 弘道 @hirougaya
福島県双葉町に「死の灰」が降ったという井戸川克隆町長のお話、あまりに驚いたので今夜のうちにお知らせします。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話1)同町は福島第1原発が町内にある「立地自治体」。町全体が立入禁止(警戒区域)になって全町民6400人が避難。練馬区くらいの大きさの町。役場は埼玉県加須市に移転。きょう移転先役場で町長に会った。http://t.co/QZaeaIFL
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話2)移転先は埼玉県加須市、生徒が減って廃校になった騎西高校をそのまま使っている。なお500人弱の双葉町民がそのまま避難生活を続けている。そのありさまにも驚いた。アパートなど借り上げ住宅に移っていない人もまだそんなにたくさんいるのだ。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話3)3.11一周年を前に取材が殺到したため「まとめて会見に応じましょう」という感じで町長は土曜日の午後1時半から6時半までずっと質疑応答しっぱなし。「テレビ」「新聞」「フリー」と3グループ別。頭が下がる。ありがとうございました。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話4)「町民は、過去の歴史だけでなく、将来をも奪われてしまった。これはどんな価値よりも大切なものを奪われたということです。それは東京電力の補償など絶対に追いつかない」
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話5)新聞テレビは10数人集まっていたが、フリーは私ともう一人しかいなかったので、かなりぜいたくな「半分独占取材状態」になった。ありがとうございました。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話6)「どの方向似」「何で避難する」避難指示が国や県からなかったので、役場の前の旗を見て風向きを見て逃げる方向を判断せざるをえなかった。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話7) それまでの毎年の避難訓練は「電源が失われたが、3時間くらいで復旧、冷却装置が作動」というシナリオだったので、まったく役に立たなかった。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話8) 町民はやむなくバラバラにマイカーで逃げるしかなかった。福島県川俣町が避難を受け入れることを決めたので、防災無線で「とにかく川俣町へ」と必死で呼びかけた。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話9) 12日、町民が脱出するなか、双葉厚生病院の前で入院者や近くの老人ホームのお年寄りをバスに乗せる誘導をしていたら、最初の水素爆発が起きた。「ズン」という鈍い音がした。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話10) 12日「ズン」という鈍い音がした。「ああ、とうとう起きてしまった」と町長は思った。数分して、断熱材(グラスファイバー)のような破片がぼたん雪のように降ってきた。「大きなものはこれぐらいあった」と町長は親指と人差し指でマルをつくった。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話11) 双葉厚生病院は福島第1原発から2キロしか離れていない。雪のように断熱材(?)の破片が降るのを、300人くらいの町職員や医師、看護師らが呆然と見つめた。町長は「これでもう終わった」と思った。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話12)福島第1原発から断熱材(?)が雪のように降り注ぐ光景を、町長は「それはそれは不思議な光景だった」と振り返る。「そういう映画にでも出てきそうな光景だった」。なすすべもなく、服についた「チリ」を手で払い落とすしかなかった。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話13)そうした「福島第1原発からのチリ」を浴びた町長に「それは危険なものだという認識はあったのですか」と問うと「今でも『もう終わった』と思っている」と応えた。「それはどういう意味ですか」と問い返すと「鼻血がとまらない」と言った。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話1 4)「ずっと鼻血がとまらない。鼻をかむと今でも血が出る。たらたら垂れることもある。もう乾燥しているんだかなんだかわからない」
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話1 5)「胸から下、すね毛まで毛が抜けてつるつるになった」「銭湯で隣に座ったじいさんが『おい、女みたいにすべすべになっているぞ』というので気づいた」「陰毛だけは大丈夫だった」「体毛がないと肌着がくっついて気持ちが悪い」
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話1 6)3月11日直後から東電の職員は2人が町役場に来ていた。ふだんから担当している広報課の職員だ。しかしメルトダウンや水素爆発の情報は何も教えてくれなかった。今から思うと顔面蒼白で、知っていたのかもしれない。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話1 7) いったんおしまい。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話1 8) 補足。政府が決めた「ベント」も何の予告もなかった。町民が真下にまだいるのに、ベントが行われた。自分たちを日本国民と思っているのか。まるで明治維新の前からそのままではないか。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話1 9) 「死の灰」の話にびっくりして「その場(双葉厚生病院前)に何人くらいいたのですか」と町長に問うた。町長は「300人くらい」と応えた。絶句した。若い職員、医師、看護師もいたという。町長は「バス一台分乗っただけだった」と残念がった。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話20)「12日の水素爆発のあと、 福島第1原発から断熱材の破片のようなものが雪のように降ってきた」。その後飯舘村にいた人が「空気中を繊維のくずのようなものがキラキラ舞っていて、あれ、外なのにおかしいなと思った」という証言と一致する。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話21)水素爆発のあと、福島第1原発から双葉町に降り注いだ断熱材(グラスウール)の破片のようなもの。これはどう考えても「死の灰」ではないのか。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話22)12日、「ズン」という鈍い音がして、福島第1原発が最初の水素爆発を起こしたあと、数分後に、双葉厚生病院前に断熱材(グラスウール)の破片のようなものが「ぼたん雪のように」降り注いだ。=烏賀陽注:これはどう考えても「死の灰」ではないのか。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話23)ちなみに、3月12日の最初水素爆発のあと、福島第1原発から双葉町に「ぼたん雪のように」降り注いだ断熱材(グラスウール)の 破片を町長が目撃した双葉厚生病院は、同原発から2キロしか離れていない。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
12日の水素爆発の映像を見ると、煙は北〜北西方向に流れているので、双葉町長が「双葉厚生病院に降下物が降った」という証言は矛盾しないのです。>福島第一原発 爆発の瞬間 2011 03 12 1536頃発生: http://t.co/0HVTjEt0 @youtubeさんから
 拡大

コメント

落伍者(ほぼ本当です。米軍情報。) @Yota_Low 2012年2月12日
これ、死の灰がと言い切っていいのかな?放射性物質を帯びた物は間違っていないだろうけど、あくまで水素爆発で飛び散った、建材や爆発で塵になった部材なのでは?
落伍者(ほぼ本当です。米軍情報。) @Yota_Low 2012年2月12日
あくまで水素爆発なので、核爆弾使用時の死の灰とは全然別物では?これでは死の灰といっても差し支えないのでは?とかなら解る。自分の中に表現の方向性が凝り固まっているのでは?
落伍者(ほぼ本当です。米軍情報。) @Yota_Low 2012年2月12日
一歩引いてみた支店で伝えるようになると、良いソース主のジャーナリスtになりそうな方なのに勿体無いです
hamp@横浜山中 @32hamp 2012年2月12日
死の灰の定義は厳密に定まってませんが、核爆発や核事故起因による軽い放射性物質が降下したもの-なので反応前後の核燃料粒子だけでなく、核爆弾や原発の部材破片も汚染度によって死の灰と言って差し支えないようです。ベント後の話ですので死の灰と表現するのはありでしょう。
youri djorkaeff @youri_djorkaeff 2012年2月12日
以上、友人の知り合いから聞いた実話。
fai into VR @faifx 2012年2月12日
あれだけ派手に爆発していれば、その塵がどこかに降ってもおかしくはないが・・・ホント?
to see @union76_seaf 2012年2月12日
夏に群馬の山の方へキャンプにいった たしかその後、子供たちが珍しく鼻血を出した、揃って、あれは…
小沢 純 @ozawajun 2012年2月12日
@hirougaya 「双葉厚生病院前に断熱材(グラスウール)の破片のようなものが「ぼたん雪のように」降り注いだ。」って・・ 数日前の東京で、雪でない白いものが降っている・・ に 似てる気がするんですが・
小沢 純 @ozawajun 2012年2月12日
@hirougaya 「双葉厚生病院前に断熱材(グラスウール)の破片のようなものが「ぼたん雪のように」降り注いだ。」って・・ 数日前の東京で、雪でない白いものが降っている・・ に 似てる気がするんですが・
yajifun @yajifun 2012年2月12日
コレ http://www.white-family.or.jp/healthy-island/htm/repoto/repo-g130.htm が去年8月のインタビュー。"建物の断熱材などか、白い粉がパラパラと降ってきた。それを触った人もいました。幸い、後に行った放射線のスクリーニング検査では、問題はありませんでした。"
yajifun @yajifun 2012年2月12日
福島民報は一年になるのを前に事故の検証記事をまとめて再掲してるが、コレ http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/02/post_3206.html は一昨日の記事。"原発の建屋の断熱材とみられる白い破片がパラパラと空から降ってきた。それが何なのかが分からず、触った職員もいた。"
赤木智弘@うちまかロス @T_akagi 2012年2月12日
この一連のツイートガ、反原発による「批判者への反撃」に利用されているが、実際に水素爆発の影響を受けた地域の人たちの不安と、東京あたりで「子供の鼻血が!」と騒いでた人たちの不安の意味は、まったく別物だ。
赤木智弘@うちまかロス @T_akagi 2012年2月12日
「死の灰」なんて言葉は、使わないほうがいいね。「メルトダウン」と同じく、ただひたすらに扇動的なだけ。町長はそんな言葉を使ってないのだからなおさら。
赤木智弘@うちまかロス @T_akagi 2012年2月12日
町長の鼻血が止まらないこと、体毛の一部が抜けたことが真実だとしても、だからそれが放射線の影響なのだという話にはならない。事実と原因はしっかり切り分けないといけない。
たむごん @Portirland 2012年2月12日
死の灰が降り注いだ話と、一連の体毛の自然脱毛の話は戦慄する。
セルフ執事 @SF_yomi 2012年2月12日
いや、死の灰で良いと思う。そういう誤魔化しをやるから、原発は爆発したんだ。そこは違う。これは死の灰で良いと思う。
ベキベッキー @nyamuresuka 2012年2月12日
その後の移動先でスクリーニング受けているようだし、町長の体調の変化についてよく調べる必要があるな。
濃い味のちあきん 🚁だべし @chiakin103 2012年2月12日
当時福島に入られてスクリーニングなどされていた長崎大学の方の話が参考になるのではないでしょうか。ご自分の頭皮汚染を数値化して脱毛の閾値を考えて洗髪されている様子など。 http://www.med.nagasaki-u.ac.jp/nuric/docs/from.html
Ishida Brain Dam'd @tbs_i 2012年2月12日
「冷温停止」定義のご都合主義をなじる連中が「死の灰」をご都合主義定義して使うの図。
濃い味のちあきん 🚁だべし @chiakin103 2012年2月12日
今リンクしました長崎大の話では、専門家はスクリーニングの結果から実行線量など考えるが、一般の人には、じゃあ着替えておいてくださいね。程度。この知識とアドバイスの差は影響ありでは?また避難生活でお風呂に中々入れなかったとしたら、スクリーニング後の除染が適切に行われずに被ばく量が増えた可能性も。 http://www.med.nagasaki-u.ac.jp/nuric/docs/from.html
セルフ執事 @SF_yomi 2012年2月12日
違うだろ、冷温停止もご都合主義だし、これは死の灰で良いと思うし。(俺原発推進派だよ)。当然危険は危険として認識しなきゃ、そこを間違えると酷い危険がやってくるってのは、原発の爆発で見せさせられたやん。ここを誤魔化して、原発反対も賛成も無いと思うよ。
濃い味のちあきん 🚁だべし @chiakin103 2012年2月12日
除染が必要となるスクリーニングレベルが10万cpmで有るところも注目で、これは元々1万3千cpmだったのを保安院の指示で約10倍に引き上げた数値。ご自分の頭皮の1万cpmを心配されて洗髪している。保安院の決めたとおりなら心配不要なはずなのに。 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000015ox9-img/2r98520000015pqe.pdf
室町幕府十代将軍 @oskimura 2012年2月12日
鼻血がでる程の被曝って骨髄障害が出てるはずなので、インタビューなんて受けてる元気ないんじゃないですか?
民間人 @minkanjinno 2012年2月12日
急性被爆で毛が抜けて鼻血が出たんですか? そのレベルの被爆じゃあ、もう双葉町の皆さんはお亡くなりになってますよね。どうやってお話聞いたんでしょうか? イタコ?
赤木智弘@うちまかロス @T_akagi 2012年2月12日
微量の放射性物質を含む灰を「死の灰」と表現することこそ誤魔化しですね。結果、微量な放射線リスクを過大に見積もり、被災地と遠く離れた地域のガレキすら処理できないという「酷い危機」が起きているじゃないですか。
濃い味のちあきん 🚁だべし @chiakin103 2012年2月12日
よって、10万cpmのスクリーニングレベルは本当に除染が不要となるレベルであったのか?地震後の停電、断水などで長期間お風呂に入れない事が考慮されていたのか?なども検討しないと、スクリーニングが行われた事を理由に安心と結論づける事は難しいと思う。
あどばーす・よー @AdvYaw 2012年2月12日
「被爆してるかも?」ってストレスから、鼻くそをほじる回数が増えて、鼻血が増えてるとか?(苦笑)
Merc @Mercivb 2012年2月12日
>幸い、後に行った放射線のスクリーニング検査では、問題はありませんでした。 そいうことなら死の灰ではないような。というか元朝日新聞記者がこれは「死の灰」で大変な問題だと思ったのなら、まさにその現場で取材していていて、なぜ基本的な事実を確認しなかったんだろう、、、
CAVU @cavu311 2012年2月12日
周辺住民の避難が全く完了していないどころか,情報がほとんど伝わらない状況で,ベントが実施され,水素爆発まで起きて,住民の上に爆発飛散物が降下しているということがありえないくらいの大問題,というか原発事故対策,ひいては原発運用の根本的な破綻を意味しているのだと思います。
sivad @sivad 2012年2月12日
低線量では鼻血が出ない、というのであれば、双葉町においてもそれは同じ。致死的なレベルの高線量を浴びていないかぎり骨髄抑制は起きない。双葉町なら出るかも、というなら、致死的な高線量被ばくか、低線量でのなんらかのメカニズムによる鼻血か、いずれかを考えねばならない。
taka(維新は要らない) @smoketree1 2012年2月12日
細胞分裂の盛んな細胞ほど放射線の影響を受けやすく、毛根の毛母細胞も細胞分裂が盛んなため、高線量被曝で脱毛する。井戸川町長の頭髪は、2010年 http://goo.gl/WG3B3 、事故直後 http://goo.gl/Iutp6 、昨日 http://goo.gl/MQaBJ で殆ど変化はないように見える。急性被曝症状なら、体毛のみ脱毛するとは考えにくいのではないか。
taka(維新は要らない) @smoketree1 2012年2月12日
放影研による急性放射線症の解説。 http://goo.gl/7iWIo “重度脱毛(3分の2以上の頭髪の脱毛)は1 Gyまではわずかな影響しか認められないが、それ以上の量になると脱毛は線量と共に急激に増加している。”
KokyuHatuden @breathingpower 2012年2月12日
井戸川町長の脱毛についての仮説。緊張によるアドレナリン分泌で毛細血管が収縮し、毛根に栄養が行き渡らない状態が継続したため。
らみこ@ふぐすまっこ @lamiko 2012年2月12日
双葉厚生病院では12日未明には避難が開始されています。爆発前までに避難完了出来なかったのは痛恨の極みですが、それまで何もせずに漫然としていた訳ではありません。あと、周囲に降下物があったという報道は爆発直後からありましたし、隠匿されていた新事実でもありません。
CAVU @cavu311 2012年2月12日
誰も隠匿とは思っていないと思います。12日のFOについては14日には詳細が報道されていますし,当時から注目されていました。一方,双葉町長の健康影響に関する証言は初耳でした。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=38021
Junior_ttm @Junior_ttm 2012年2月12日
何か映画でも見ているような、でも本当の話。絶望に苛まれながらも、必死で生きようとする。そんな話。
CAVU @cavu311 2012年2月12日
3/12の双葉町病院での原発爆発降下物や住民避難遅れに対する双葉町長の鬼気迫る証言についてのまとめに対してすら,読むのも憚られる下劣で下品に揶揄するようなコメントが書き込まれることが理解不能です。
yamada 原発電気イラネ @sudenitoki 2012年2月12日
核爆弾や核施設が爆発して放射能を帯びた物質(粒子)が空から降り注いだら当然死の灰になる。↑これにツッコミ入れる神経がわからん。余っ程、何でもいいから軽く見せろと指令でも出てるのかな(大笑いできない)。
y.🍀 @yabtter 2012年2月12日
とりあえず「死の灰」を核爆発降下物以外に使う用例があるコトは認識したけど、あんまり死の灰の意義を格下げしてしまうと第五福竜丸が浮かばれないのではないかとも思ってしまう
y.🍀 @yabtter 2012年2月12日
まあ勝手な忖度に過ぎませんが
NiKe @fnord_jp 2012年2月12日
個人の体験談というものは、いつだって「そう見えた、そう感じた」でしかない上に、しばしば「そうだったと思う、そうだったはずだ」になってしまうものですよ。
もにょp @monyop 2012年2月12日
人は信じたいものを信じ、見たいものが見え、聞きたいものが聞こえる。それでいいじゃないか。それ以外どうすることもできない。だからあなたはあなたのままで良いし、そうある他はない。
山下238 @Yamashita238 2012年2月12日
言質がとれればそれが真実というわけではないですからね。
石井孝明 @ishiitakaaki 2012年2月12日
被曝と鼻血と脱毛問題。@hirougaya 朝日新聞にいて、メディアかくあるべき論を声高く話す方なら、事実があっても社会的にどうか。確認という基本動作があってもしかるべきとは思いますが。周囲の方に聞けば良い。
K_Ejyo @K_Ejyo 2012年2月12日
石井さんの「確認という基本動作があってしかるべき」に同意.
マスオさん ส้้้้้้ @masu3 2012年2月12日
RT @hirougaya: (福島県双葉町・井戸川克隆町長の話13)そうした「福島第1原発からのチリ」を浴びた町長に「それは危険なものだという認識はあったのですか」と問うと「今でも『もう終わった』と思っている」と応えた。「それはどういう意味ですか」と問い返すと「鼻血がとまらない」と言った。
あんこ好きなクルーたまにヘルムスマン、稀にスキッパー(永遠に修行中の5歳) @XC60Rd__ 2012年2月12日
医療関係者がどれだけ否定しても信じない人はいる。その人の説得に割く時間が勿体無いレベルに達した時、諦めるべきでしょう
西口昌宏 @mahbo 2012年2月12日
放射性物質が付着した塵なら(時期と場所からその可能性は非常に高いと思うが)「死の灰」と呼んで差し支え無いと思う。もちろん本家のビキニ環礁での死の灰とは比較にならないと思うが
ちほたん(・0・)☆不正選挙は無効だ!! @chihointokyo 2012年2月12日
http://youtu.be/zNPVyEyDwBA 3月12日午前2時に格納容器圧力がピークに達していたことは米国には報告済み。東電が出鱈目な会見繰り返したのは事の深刻さを最初から米国が認識していたから。
緑一色( •̀ㅂ•́)و @Allgreen76 2012年2月12日
本当に(ストレス以外の理由で)鼻血がとまらんかったりしてるんなら、放射能なんぞじゃなくもっと恐ろしい化学物質で汚染されてる可能性が(´・ω・`)
CAVU @cavu311 2012年2月12日
被曝と鼻血の話の前に,「原発事故に際して住民避難が機能せず,陣頭指揮を執る町長すら原発爆発飛散物の降下に曝された」ということは皆さん事実として認識しているということでよいのですよね。
NiKe @fnord_jp 2012年2月12日
別に原発でなくても爆発したら破片くらい飛んで来ますね。
bouzu_3 @bouzu_3 2012年2月12日
何がなんでも、まず「影響はない」「因果関係はない」にしたくてしょうがない人がいることを改めて実感。
bouzu_3 @bouzu_3 2012年2月12日
飛んだ破片が高線量の汚染物質で、双葉町でカンターが計測数値を完全に振り切った映像は残っている。なかったことにしたい意欲おそるべし
石井孝明 @ishiitakaaki 2012年2月12日
@hirougaya この人に上記感想いったら、しつこくからんできて気持ち悪い。私は福島鼻血の根拠出せと言っただけなのに、ばーかと絡み返事なし。中学生か自由なんちゃら協会品質か。TWでもみてください。さらしておこう。なんか電波系反原発特有の気味悪さ。集会の後半部分のギャーと騒ぐ人たちと同じDNAか #放射能 http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1460.html 
ちくわぶ大将軍@歩くきずぐすり @Kirokuro 2012年2月12日
双葉町長から貴重な情報を引き出したのは良いけど、烏賀陽ノイズが減点対象。
s-51@あかべこ @s__51 2012年2月12日
避難に対する指揮系統がうまく機能しなかったという話は、既に伝えられているところです。意外に知られてなかったようですね。知られていなかったことを伝えられたのは良かったのかも知れません。
s-51@あかべこ @s__51 2012年2月12日
しかし、伝えなければならない事と、井戸川町長の思い込みの部分が入り混じっているので、読み手は注意が必要です。
bouzu_3 @bouzu_3 2012年2月12日
「『もう終わった』と思っている」が言いたくても言えない。言いたくない。認めたくない。なかったことにする。自治体の首長もさまざまと思われます…
neologcutter @neologcut_er 2012年2月12日
ウガヤもたまにはいいことするんだな。たまにだけど。
Megatherium @Dairanju 2012年2月12日
双葉町長の発言を、自分達の主張のアシストにしたがる急進的反原発の人達が何とも・・。
hamp@横浜山中 @32hamp 2012年2月12日
@T_akagi 適当にチョコチョコ調べたんですが「健康被害をもたらさないものは、死の灰とは呼ばない」なんて定義は何処にも見当たりませんでしたよ。 ぶっちゃけ、長崎、広島の時の死の灰、黒い雨も、破局的な影響なんてもたらさなかったはず。 「死の灰」と呼びたがらない人は「センセーショナルだ」とか直接的で無い理由しか言ってないのも不思議。
赤木智弘@うちまかロス @T_akagi 2012年2月12日
@32hamp 意味わからん。誰も「死の灰には厳密な定義があるから、間違って使ってはいけない」なんて話はしてませんよ。
hamp@横浜山中 @32hamp 2012年2月12日
@T_akagi では、何故、死の灰と呼ぶのがおかしいと言ってるのか、私の方も意味がわかりません。
hamp@横浜山中 @32hamp 2012年2月12日
@T_akagi ああ、あと個人的なリプで聞いてこられたコレもさっぱり何が言いたいのか解りません >@32hamp じゃあ、あなたのことを「死の商人」って呼んでいい? とくに定義はないけど。  定義の話なら、適宜を無視してるのは貴方の方だし……なんのたとえ話なんですか?これ。
愛・蔵太(素人) @kuratan 2012年2月12日
http://togetter.com/li/243001 ←既出だけど、「保温材などのチリが降ってきた」「線量計が振り切れて」ってのは井戸川町長多分何度も言ってるはず。
愛・蔵太(素人) @kuratan 2012年2月12日
まあ言うたびに驚く一般人・ジャーナリストが「初めて聞いた」的に存在してくるんで何度も言うんでしょうけどね。「死の灰!」的に驚いた人ははじめてかな。
愛・蔵太(素人) @kuratan 2012年2月12日
鼻の粘膜は一度傷つくとなかなか回復しないんで、かさぶた~鼻血を繰り返すようであります。けっこうつらいけど、いい治療法が思いつかない。
hamp@横浜山中 @32hamp 2012年2月12日
なんか変な人に絡まれたーw速攻、発言削除してるしw  プロフに@は基本的にスルーしますと明言してるのに、速攻リプ返してきて、まともに話さないうちに、解らないなら、あなたに私の時間を割く理由はありません、ってw  ポカーンだわ。 ウガヤ氏もそういうとこあるけど、ジャーナリストって、みんなこんななん?w 
愛・蔵太(素人) @kuratan 2012年2月12日
http://togetter.com/li/243382 ←井戸川町長の話の文字起こしはこちらのほうが正確かも。「その後間もなく空から放射能を帯びたチリが降って参りました」
愛・蔵太(素人) @kuratan 2012年2月12日
ただ、こういう「関係者の証言」情報って、語り手がどんんどんうまくなると同時に神話化(事実と異なった脚色化?)がされることもあるのが、オーラル・ヒストリーの難しいところであります。
hamp@横浜山中 @32hamp 2012年2月12日
@kuratan 人間は物語として美しく整合性がとれた方向に持っていきますからね。記憶の圧縮アルゴリズムに沿うように。 だから、事実の確認が大事。 今回は「死の灰は振ったけど、幸いさほど影響は無かったようみみえる。しかし恐怖だった」って話ですね。 お話しとしてはオチてないけど。
リョウ・アルジャーノン @ryoFC 2012年2月12日
「死の灰」がどのような出来た言葉なのかわからないが、その経緯を知らないものからすれば、「死」の原因となる「灰」。これを安易に報道に使えば、誤解やデマに繋がるよね。この烏賀陽って人は一応ジャーナリスト(報道)なんでしょ?
リョウ・アルジャーノン @ryoFC 2012年2月12日
鼻血の原因について(専門家複数に当たって)検証してから報道するのが本来の形でしょう。原発事故以来、そんな基本ができてない報道が多すぎ。というか目立つ。
石井孝明 @ishiitakaaki 2012年2月12日
@ryoFC @hirougaya ←この人物、オリコン社員が「バカを血祭りにあげた」と笑ってましたが、意味が不明の混乱したTWをしてきました。別時間のTWをもってきて。バーかと。まともなコミュニケーションのできない人だと思います。変な人です。
MANAKO40 @nekoroll 2012年2月12日
水素爆発により飛散したチリを直接浴び、鼻血、脱毛の症状が出たという福島県双葉町町長の経験談を伝えることが「不安を煽る」とは思えない。その症状の原因はどうであれ、原発から2キロ地点での話なわけで、むしろ事故当時の様子が窺い知れて貴重なインタビューだと思う。
knob🇯🇵一聞は0.01見にしかず @knobonzo 2012年2月13日
鼻血、脱毛を例えると、手首から血が出てるのに、テレビのインタビューを延々と受けてる感じ。不思議な光景ですね。
yamada 原発電気イラネ @sudenitoki 2012年2月13日
全くです。RT @bouzu_3 :飛んだ破片が高線量の汚染物質で、双葉町でカンターが計測数値を完全に振り切った映像は残っている。なかったことにしたい意欲おそるべし
yamada 原発電気イラネ @sudenitoki 2012年2月13日
@teasound @hirougaya これだけ#ゴミクズ ショッカーがコメントに湧いてくるということは、このマトメは奴らにとって可也痛いんですね。なにせ、以前原発協力双葉町長が死の街町長になったあとの体験談だからね。インパクトある。
yamada 原発電気イラネ @sudenitoki 2012年2月13日
「死の街エレジー」(古いかな)不謹慎ごめんなさい。「原子力正しい理解で豊かなくらし:双葉町標語」http://www.ustream.tv/recorded/20369550
yamada 原発電気イラネ @sudenitoki 2012年2月13日
あれ、 赤城さんは武器輸出企業の人だったんですか?知らなかった。 RT @T_akagi :@32hamp じゃあ、あなたのことを「死の商人」って呼んでいい? とくに定義はないけど。なんのたとえ話なんですか?これ。
yamada 原発電気イラネ @sudenitoki 2012年2月13日
双葉町長:「空から雪のように降ってきた」が「死の灰」でないならずーっと居続けてもいいんじゃない?@ishiitakaaki @ryoFC @kuratan @T_akagi 双葉町に行って証明てよー。除染費用も浮いて助かるんだけど。
yamada 原発電気イラネ @sudenitoki 2012年2月13日
RT @hirougaya: (福島県双葉町・井戸川克隆町長の話1 5)「胸から下、すね毛まで毛が抜けてつるつるになった」「銭湯で隣に座ったじいさんが『おい、女みたいにすべすべになっているぞ』というので気づいた」「陰毛だけは大丈夫だった」「体毛がないと肌着がくっついて気持ちが悪い」
goisag @goisag 2012年2月13日
双葉町・井戸川克隆町長のお話の一番大切な部分「町民は、過去の歴史だけでなく、将来をも奪われてしまった。これはどんな価値よりも大切なものを奪われたということです」。被災者の心からの叫びに耳をふさいで、なぜ「鼻血」についてのコメントばかりしているのですか。
goisag @goisag 2012年2月13日
発現期から現在までの社会病理学的現象としてのゴミクズコメント工作員の存在に対しては、社会学的経済学的歴史学的心理学的角度からの分析と、救済手段までを検討する要あり。
北岡修二:S.KITAOKA @regedry33 2012年2月13日
騎西高校には去年の3月末に清掃のボランティアに行った(双葉町民の移転は4月1日から)。そのとき、学校は人が寝泊りする場所ではないと痛感したことを思い出す。あのとき1500人ほどの人が入居し今は500人。我が家の近くのアパートにも「いわき」ナンバーの車がちらほら。しかしまだ500人の方が”人が寝泊りすることのできない場所”にいるのだ!
北岡修二:S.KITAOKA @regedry33 2012年2月13日
避難場所となった旧騎西高校のそばに農協の直売所がある。去年の4月以来、そこでは菓子パンやバナナのような調理せずに食べられるものが沢山売られるようになった。避難所でも仕出し弁当が配られていたが、米を買いに行ったとき、腰の曲がったおばあちゃんがたくさん菓子パンを買うのを見て怒りを覚えた!学校は人が寝泊りする場所ではない!
北岡修二:S.KITAOKA @regedry33 2012年2月13日
かつて会津落城を目撃した東征参謀・板垣退助は、藩に殉じた者はわずか五千の藩士すぎず庶民はただ逃げ惑うばかりであることに衝撃を受けた。全国民の政治参加がなければ挙国・国難においても国民の力を結集することはできない、というその痛切な自覚こそが自由民権運動の土台であり出発点になったわけだがこの板垣の理想、今、いずこ?
NiKe @fnord_jp 2012年2月13日
とりあえず症状については「診断書ありますか」と聞かずにはおれんのです。あまりに法外なことを言う人が多過ぎるので。破片が飛来したのは本当なんだろうけど、それでさえ「本当ですか」と聞きたくなるくらい。
Sirius☆彡 共謀中一般人 祈ります @sitesirius 2012年2月14日
死の灰…触れると、いずれ死に至る、放射性物質をはらんだ雪。心にも降り積もり、記憶さえ被曝してしまう。気温が高ければ、黒い雨となる。 #NUKEjp
民間人 @minkanjinno 2012年2月14日
当日はフクイチの西門だかでも10msv/hとかだった筈。放射線障害による脱毛だの鼻血だのは1000~4000mSvとかなので、少なくとも現地に100時間くらい居た計算になるわけですが。
ゆきおぼっと(月曜日が君のもとに!!) @yukiobot 2012年2月15日
「300人くらいの町職員や医師、看護師らが呆然と見つめた」←原因が”死の灰”なのであればこの300人も近しい症状が出ている可能性が高いし、これだけの人数がいるなら11ヶ月間も隠蔽するのはまず無理だ
BugbearR @BugbearR 2012年2月15日
そもそも、その灰を除去してなきゃその場に残るんだから、測定すれば一発でしょ?
月戌👺㌠ @_moondoggie 2012年2月16日
これ単純にストレス症状を「死の灰ガー」「鼻血ガー」って言っておけば話題に載りやすくなるからそう言ってるだけって気がするなぁ。相変わらずお上手なようで何よりですよ
nekosencho @Neko_Sencho 2012年2月16日
原爆矮小化が狙い?
KZ78 @kz78_b 2012年2月18日
"「ベント」も何の予告もなかった" "自分たちを日本国民と思っているのか" この町長は怒る権利があると思うが、でもそれはそれとして多くを助けるために切り捨てる決断も必要だったろうと思う。
KZ78 @kz78_b 2012年2月18日
記憶なんてのは後付でいくらでも改変されてしまう、強いストレス下ならなおさら。この町長が経験談を話しているだけなら、それをどうこう言うのは酷かなぁ、と思う。ただまあ、仮にも町長という立場にある人なんだからもっとしっかり、と思うけどもw、地方の町長なんてタダのおじいちゃんが多いしなぁ。
ひまわり @powerpc970 2012年2月26日
何らかの降下物を「死の灰」(放射性降下物)と断言しているのは村長ではなくてウガヤ氏なのだが、それについて説明を誰かが求めたら、馬鹿みたいに粘着してた。
愛・蔵太(素人) @kuratan 2012年2月26日
関係ないけど、sudenitoki氏のアイコンってクマだったのか。俺ずっと「一つ目の怪物」だと思ってた。
cowboy @hirosfrogs 2012年3月1日
RT @hirougaya: (福島県双葉町・井戸川克隆町長の話10) 12日「ズン」という鈍い音がした。「ああ、とうとう起きてしまった」と町長は思った。数分して、断熱材(グラスファイバー)のような破片がぼたん雪のように降ってきた。「大きなものはこれぐらいあった」と町長は親指と人差し指でマルをつくった。
cowboy @hirosfrogs 2012年3月1日
RT @hirougaya: (福島県双葉町・井戸川克隆町長の話10) 12日「ズン」という鈍い音がした。「ああ、とうとう起きてしまった」と町長は思った。数分して、断熱材(グラスファイバー)のような破片がぼたん雪のように降ってきた。「大きなものはこれぐらいあった」と町長は親指と人差し指でマルをつくった。
cowboy @hirosfrogs 2012年3月1日
RT @hirougaya: (福島県双葉町・井戸川克隆町長の話11) 双葉厚生病院は福島第1原発から2キロしか離れていない。雪のように断熱材(?)の破片が降るのを、300人くらいの町職員や医師、看護師らが呆然と見つめた。町長は「これでもう終わった」と思った。
cowboy @hirosfrogs 2012年3月1日
RT @hirougaya: (福島県双葉町・井戸川克隆町長の話11) 双葉厚生病院は福島第1原発から2キロしか離れていない。雪のように断熱材(?)の破片が降るのを、300人くらいの町職員や医師、看護師らが呆然と見つめた。町長は「これでもう終わった」と思った。
cowboy @hirosfrogs 2012年3月1日
RT @hirougaya: (福島県双葉町・井戸川克隆町長の話11) 双葉厚生病院は福島第1原発から2キロしか離れていない。雪のように断熱材(?)の破片が降るのを、300人くらいの町職員や医師、看護師らが呆然と見つめた。町長は「これでもう終わった」と思った。
cowboy @hirosfrogs 2012年3月1日
RT @hirougaya: (福島県双葉町・井戸川克隆町長の話12)福島第1原発から断熱材(?)が雪のように降り注ぐ光景を、町長は「それはそれは不思議な光景だった」と振り返る。「そういう映画にでも出てきそうな光景だった」。なすすべもなく、服についた「チリ」を手で払い落とすしかなかった。
北岡修二:S.KITAOKA @regedry33 2012年3月2日
今日、双葉町の避難所になっている旧騎西高校そばの農協の直売所へ。去年の四月、真新しい黄色い帽子をかぶった子どもたちが十数人、保護者に手を引かれてグランド脇の舗道を歩いて行くのを何度か見たが、最近はたった一人ということが多い。あの子の心にはどんな思いがあるのだろう?
17万現職自衛官会員は自衛隊法違反!隊友会が日本会議と改憲署名運動 @digital_comic12 2012年3月11日
『死の灰』などと言う抽象的文言よりも、『雪のように白い断熱材が空から降った』と言う視覚的・具体的事実の方がはるかに衝撃的!! 恐らく建屋内の配管に巻いてあったものだろうけど、1号機の水素爆発でここまで来る。 3号機は?!
atsushi (闇のインチキ薬剤師) @maiayumio 2012年7月12日
1年以上経過後、井戸川が急にこういう事を言い出すには裏があると思われる。だいたいにおいて、こいつもWBCを受けているはずなのに、その結果は出ていない。その数値を見れば、この症状が嘘か本当かすぐ分かるんじゃ?
新浜くるみ @kurumi_shinhama 2013年1月25日
そして、自分の思い込みと町民の思いの区別がつかない町長は、町民への説明会に1回出ただけでグロッキーして逃亡→退職。国との話し合いくらいきちんと出席すればよかったのにね。
たこた子◎元年 @minnanotaco 2014年5月10日
井戸川さんは2012年からず〜と鼻血でまくりなんですね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする