【Kとの遭遇まで 完全版】福間健二 tweet詩 ukumaf10b

一日一回ずつ10回完結でtweetされる、福間健二さんのtweet詩をまとめています。今回は【Kとの遭遇】の完全版。 『そのどこかに『東京日記』のブローティガンもいて、こわれた時計をもって歩きまわっていた。』(Kとの遭遇まで1より)
文学 映画 言葉 暮らし 詩歌 ロック Tweet 音楽
sechanco 1129view 0コメント
  • 0
  • お気に入り
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0

限定公開の新機能が大好評!

プライベートなツイートまとめの共有がもっと簡単になりました。フォロワーだけに特別なまとめを公開しませんか?メンバー限定はメニューから設定可能です。詳細はこちら

ログインして広告を非表示にする
  • 福間健二 @acasaazul 2012-02-03 08:51:33
    ピストルズに夢中で、じゃまなハードル倒して歩き、やくざにぶつかり、こっちはケンカ十段だと脅され、逃げて、逃げて、仕事口の見つからなくなった曇り空の東京。そのどこかに『東京日記』のブローティガンもいて、こわれた時計をもって歩きまわっていた。(Kとの遭遇まで1) #ukumaf10b
  • 福間健二 @acasaazul 2012-02-04 09:41:00
    見てメモをとった。新宿の猫、美しい雌のハエ、内気そうな少女、黒を着たモデルの赤い唇。日本の女性は、彼にはみな魅力的だ。それからホテルに戻り、隣室の、ファックしまくる二人のベッドの「エンジンをあたためる/古い飛行機のような音」を聴いた。(Kとの遭遇まで2) #ukumaf10b
  • 福間健二 @acasaazul 2012-02-05 09:13:22
    彼は薄い壁に文句をつけている。たぶんもっと安いホテルの、ぼくたちの飛行機は、ネズミの鳴くような音を立てる。なくな。わかった。いい子だ。だったら世界のはてまで連れてって! だれの妹でもない爆弾娘を「啓蒙」しすぎた人生の滑走路。離陸できない!(Kとの遭遇まで3) #ukumaf10b
  • 福間健二 @acasaazul 2012-02-06 07:02:22
    石油ショックとパンクロックから生まれたわけじゃない。かかあ天下と空っ風の土地から歩いてきて、ずっと前から、青春。このくるしさ、石にして投げている。原宿、ダンシング、並木道を走る。人間の、カスが、きどるな、くつで、けるよ、このやろうって。(Kとの遭遇まで4) #ukumaf10b
  • 福間健二 @acasaazul 2012-02-07 10:55:59
    仕掛けなし。か、き、く、け、こ。窓に書いて指でたどる。どこにも帰らないために、男でも女でもなくなるために、そして光を見る目でこの世の黒い罠を見抜くために。きのうは、あ、い、う、え、お。あいつ、いちばん、うそつきで、エッチで、おくびょうだ。(Kとの遭遇まで5) #ukumaf10b
  • 福間健二 @acasaazul 2012-02-08 08:35:14
    未来のかわりにテーブルに並べられた小さな皮袋と真珠たち。音が消え、彼女が服を脱いでいるのだとわかった。「好きなようにして」からの長いトンネル。出口にもガチャガチャいう権力のアクセサリーが待っている。どういう神様の失敗作なんだ、こいつら。(Kとの遭遇まで6) #ukumaf10b
  • 福間健二 @acasaazul 2012-02-09 08:13:35
    外に出てしまった。代々木あたりのつもりだったのに、街はマカオのような感じ。戻ろう。でも、ホテルの名前は? 部屋は2042号室か。2042年だよと英語の声がして、誘い込まれた。カジノの複合ビルの立体迷路。図々しい失敗作だけが生きのびている。(Kとの遭遇まで7) #ukumaf10b
  • 福間健二 @acasaazul 2012-02-10 08:54:21
    どこで方向をまちがえたのか。いつかのやくざに親切にされ、一緒に線路を歩き、女たちとすれちがい、「いい目にあわなかった」「だれのせいよ」と影をこすられ、ファックユー、薄暗い東京の朝の、小さなおれたち、あばよ、果物と魚のおいしい岡山に行く。(Kとの遭遇まで8) #ukumaf10b
  • 福間健二 @acasaazul 2012-02-11 07:49:04
    岡山の、ある一日。午前中、OSKのプールで泳ぐ。昼、天神町「天神そば」。第一ニシキ館で『淫蕩牝猫』と『少女緊縛』ともう一本。天瀬銀座「むさしの」でお銚子5本と3品。1000円でお釣りがきて、中央町「メルヘン」に行ってからは覚えていない。(Kとの遭遇まで9) #ukumaf10b
  • 福間健二 @acasaazul 2012-02-12 06:31:41
    さいあく、しにたい、すみません、せかい、それでも、ちょうど30年前の今日。1982年2月12日の夕方、富田町「森」。崩れるぼくの影を踏んでKは言った。少しは冒険したね。でもわかってない。この世界がどうなってもいいという冒険は簡単なのよ。(Kとの遭遇まで10) #ukumaf10b

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ファッション」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする