編集可能

キャラクター偏重による忍殺のすすめ-デスドレイン組編

面白いから人におすすめしても「長くて読む気がしない」と言われることのあるニンジャスレイヤーを、キャラクターに焦点をあてて紹介することで興味を持ってもらえないかという試みです。 なお、ご紹介してるエピソードは2012/2/12時点で公開されているものまでです。 ターゲット:どっちかというと女性/おたく思考を理解する人/キャラハマりなどの経験がある人/成人 ■まとめ内でヘッズのツイートを借用させていただいております■ 続きを読む
6
◇◇イントロダクション◇◇
のえ @h_noe

あのね。のえさん思ったんですけど、忍殺ってエピソードがランダムカットアップで連載の時系列がバラバラじゃないですか。実際何から読んでもいいスタイルじゃないですか。

2012-02-11 23:09:02
のえ @h_noe

じゃあ、本筋の重要なところとか無視して特定キャラを中心にご紹介するのもアリじゃないかと思ったのですよ。

2012-02-11 23:10:20
◇◇プレゼンテーション◇◇
のえ @h_noe

■申シ訳アリマセン■これから宣伝めいた連投をいたします■忍殺のイカシタ人物たちのご紹介■

2012-02-11 23:14:13
のえ @h_noe

本日ご紹介したいのは、異常にカワイイコンビ デスドレイン(ゴトー・ボリス)ランペイジ(ゼンダ)についてです。そのほかにもカワイイのやカッコイイ登場人物がてんこ盛りなのですが、このたびは止まりそうなほどに心臓(ハート)を強くワシヅカミされるカワイサの彼らをおすすめいたします。

2012-02-11 23:19:29
のえ @h_noe

デスドレインhttps://t.co/2tvkip49)は重犯罪者で死刑判決を受けた際にニンジャ化し、タノシイ重点で好き勝手なことをするカワイイ極悪人です。趣味は屍姦です。

2012-02-11 23:25:07
のえ @h_noe

ランペイジhttps://t.co/MhtqsJP8)は元ソバ職人で、大企業の横暴の前に社会的に潰され自暴自棄になり大暴れして逮捕された苦労人です。その際の新聞記事がデスドレインの目に留まり、相棒にスカウトされました。切れ者です。

2012-02-11 23:27:39
のえ @h_noe

(オマケ)のちにアズールhttps://t.co/frXxZxYc)という少女を勝手に仲間にします。14歳です。

2012-02-11 23:29:00
のえ @h_noe

※「ニンジャ」等の基本語句については、ニンジャスレイヤーWikiを参照のこと > http://t.co/lbw4JIpX

2012-02-11 23:32:55

※※ニンジャスレイヤーWikiは現在 http://wikiwiki.jp/njslyr/ に移転しています

のえ @h_noe

※参照してもよくわからない場合は、よくわからないものだとして読み流すこと。最初から深く追求しなくても大丈夫です

2012-02-11 23:33:46
のえ @h_noe

サイバーパンクというジャンルのニンジャスレイヤー(以降、忍殺)においてこういう表現が妥当かは実際各位の判断によるものと思いますが、この二人(+1)の相棒関係が、一部ニンジャヘッズ(忍殺ファンのこと。以下、ヘッズ)において大変な 萌 え 的に認識されております。

2012-02-11 23:36:24
のえ @h_noe

はじめて見る方は「ニンジャスレイヤーはエピソードが多くて手をつける気になれない」と倦厭することも多いでしょう。わかります。なので今回は、彼らが出てくるエピソードのみご紹介いたします。

2012-02-11 23:38:59
のえ @h_noe

実際、彼らの登場するエピソードは未だ3編しかなく、追うのも苦は少ないかと思います(しかし忍殺内では3編でも破格に多いのだ。普通は登場エピソード内で爆発四散するから。) 前後のエピソードや作品全体における位置などは特に考えなくて結構です。彼らの関係性を見てください。

2012-02-11 23:41:43
のえ @h_noe

※なお、忍殺自体は時系列を無視して新規エピソードの更新がなされますが、これについては順を追ってご紹介します。

2012-02-11 23:43:39
のえ @h_noe

(1)シー・ノー・イーヴル・ニンジャ http://t.co/VfWNY8VW  二人の初登場の回です。死刑判決を受けた重犯罪者ゴトー・ボリスがニンジャに変貌、デスドレインとなり、別の刑務所に収監されていたゼンダ(後のランペイジ)を仲間にしに行きます。

2012-02-11 23:47:30

※※新Wikiリンク先> http://wk.tk/GPV78T

のえ @h_noe

(2)カース・オブ・エンシェント・カンジ略 http://t.co/uTpbxwUj  7以降をお読みください。6以前はなんか忍殺全体に関わる重い話なのですが、今は気にしなくてもよいです。二人は悪いお友達を引き連れて悪いことをしてこらしめられます。ゼンダはいつの間にかニンジャ化。

2012-02-11 23:50:30

※※新Wikiリンク先> http://wk.tk/bhQvkJ

のえ @h_noe

(3)アウェイクニング・イン・ジ・アビス http://t.co/6XnSLm7x  3は飛ばしても大丈夫ですがカワイイおっさんがいるので後で読んで欲しい。前回の話でこらしめられた二人は余計に好き勝手しはじめます。戦闘時にはスゴイ息の合った行動をするようになっており、なんなの?

2012-02-11 23:55:28

※※新Wikiリンク先> http://wk.tk/zR7G2I

のえ @h_noe

エピソードを読めば自明なのですが、デスドレインの奔放さがクソカワイイのです。また回を追うごとにランペイジが渋カッコよくなっていきます。読みながら「お前らなんなの?」と思うことでしょう。私は常に思っている。

2012-02-12 00:04:38
のえ @h_noe

さらに、再登場するごとに彼らには変化が見られます。実際脇役なので彼らの動向が逐一執筆されていることはないと思われますが登場ごとに親密になっている雰囲気で「お前ら前回から今回の間に何があったの?」と思うことでしょう。行間での彼らの行動はヘッズの脳内では無限大です。

2012-02-12 00:08:29
のえ @h_noe

あまりのかわいさに「ゴトー君のカワイイで世界が終わる」と言われたことがありますが、死刑囚組クラン(死刑囚であったデスドレインとその仲間を重点するヘッズたちのこと)はその表現に違和感を全く覚えず納得してしまうことが異常だと思いました。異常ってのはつまり、つまんなくねえってことだよ!

2012-02-12 00:13:06
残りを読む(91)

コメント

kutsunuma3.0 @kutsunuma2 2012年2月13日
よいまとめ。デスドレインは自分以外をゴミみたいに扱うのに、極少数(ランペイジ/アズール)には異様に懐いている、という。不良が捨て犬に優しいメソッドを最大限極端にした感じ。
0
のえ @h_noe 2013年1月14日
まとめを更新しました。今さらながら、なんとなく付録3を追加しました。
0